プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
1年ぶりに幼馴染に会ってきた。
ども。

この何日かの練習のことも書かなきゃな
って思ってはいるけれど、
今、気持ちが熱いうちに今日のことを先に書く。


今日、おっさんは珍しくお友達と会っていたw
数少ない幼馴染のうちの一人だ。
見栄を張って数少ないって書いたけど、
おっさんが今現在連絡を取ることができる、
幼、小、中、高の友達は彼だけだw

おっさんが過去へとつながるための
たった一本の蜘蛛の糸なのだw

そんな彼が、1年ぶりにインドから
日本に帰ってくるって言うもんだから、
一緒に晩ごはんを食べに行ってきたのだwww

ちなみに、その幼馴染の彼と1年前に会った
その前に会ったのは、たぶん20年ぐらい前だw

おっさん、過去と途切れ途切れすぎw
…それでも、今を生きてはいけるから、いけるから(白目


1年前、あいつは
「おばちゃん、お久しぶりです」
っつって、唐突におっさんの実家にやってきて
「これ、おみやげ」
って、とてもうちの両親だけじゃ食べきれない量の
うなぎの蒲焼を置いて帰ったらしいw

驚いたうちのおかんが、
「あんた、あの子が実家に戻ってきてるみたいやで」
っておっさんに連絡をくれて、そんでもって
久しぶりに会うことになったんだった。

にしても、あいつはなんでうちの実家を知ってたんだろう?
あいつが何回も来たことがあるうちの実家からは、
もう10何年も前に引っ越しているのにw
奇跡だw

で、去年はおっさんの行きつけの焼き肉屋に行ったんだった。
そこで20年ぶりぐらいにしゃべった『いたちゃん』は、
なぜかおっさんのことを名字にさん付けで呼び、
会ってから別れるまで終始敬語だったw

…お前、マジでオレに会いたいと思ってたか?
意味がわからなかったw


んで、そこでの会話の中で、
浜松で働いていたはずのいたちゃんが、
工場を立ち上げることになって、今はインドにいるんだ
ってことを知った。

おっさんが知っているのは、
上司とケンカをして
「こんな会社辞めてやるわ」
って言って佐川を辞めてきたその足で、
おっさんとは別の同級生を
「本場名古屋でパチンコしようぜ」って誘って名古屋に行って、
何日かしたあとに、その同級生が
「俺、そろそろ仕事に行かないと、辞めさせられる」
って言って大阪に帰ろうとしたら、
「じゃぁ、俺はもっと東に行くわ」
って浜松に行きついて、
いつまでもパチンコばっかりしてたらダメだ働かないと
って、パチンコ屋で住み込みで働きだしてw
でもって、いつかそれも辞めて、
自動車の部品工場でライン工をしている
って話が最後だったから、
ちょっと意味がわからなかったw

ライン工で入った会社で、
海外工場を立ち上げる立場に出世するって何者だよw

あまりにもスケールがデカすぎて、
『ほぇー』ぐらいの感想しか持てなかったけど、
おっさんも、ちょっとぐらいは仕事をがんばろう。
って刺激を受けたw

さすがに、こいつには負けられへん
とは思えなかったw

で、もちろん、焼き肉屋の会計は、いたちゃんに任せたw

それで、
「次また来年帰ってくるときは、
 日本一美味しいっていうとんかつ屋に連れてってくれな」
って言われて別れたんだ。

まぁなんだ、大人になると社交辞令ってのがあるから、
『もう会うことはないな』
って思ってたって、『またね』とか言ったりするもんで。
おっさんだって、そういうのには慣れてはいる。
それが大人ってもんだから、いいとか悪いとかって話じゃない。

果たして1年後。
いたちゃんからメールで、
『今月帰るから、日本一のとんかつ屋連れてってくれよ』
って連絡が来て、そして今日、マンジェに行ってきたw

1年前、おっさんのことをさん付けで呼んでいたいたちゃんは、
中学生のときのあだ名でおっさんのことを呼び、
タメ口でしゃべるようになっていて、
そして、ムキムキになっていたw

どうやら、
おっさんがいたちゃんの仕事の話に刺激を受けたように、
いたちゃんは、とうに40を超えた同級生のおっさんが
マラソンが速くなりたくて日々走っている
って話に刺激を受けたらしく、
自分もまた体を鍛えようって思って、
日々ベンチプレスに明け暮れているんだそうだw
市販のスーツは着ることができないそうだw

何かワロタw

オレも、サブスリーとかなんとか関係なく、
もうちょいがんばろうって思ったw

楽しかった、また1年後が楽しみだw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
今日こそは靴を買った話。
ども。

やっぱり忘れないうちに昨日の続きを書いておこう
って気になったから書く。

えぇっと、そう、スニーカー通勤だw
おっさんは客先に出入りしているから、
スーツに革靴で通勤している。
それは普通のことだから、特に不満も疑問もないんだけど、
革靴のあの薄かったり、硬かったりする踵って、
足底筋膜炎もちの身には、まぁまぁツラいのだ。
ランニングシューズで10キロ走るより、
革靴を履いて通勤電車でじっと立ってるだけの方が
踵へのダメージが大きい場合だってあるのだ。

ここんところ、踵の調子は悪くはないとはいえ、
やっぱり革靴で長時間じっと立ってると、
足裏、踵にじんわりと疲れが溜まってくる
とても嫌な感じがするのだ。

『スポーツ庁がスニーカー通勤を推奨』
ってのを知って、おっさんは『これだ!』って思ったねw

仕事場への行き帰りの靴が
革靴からスニーカーに変わるだけで、
踵への負担はずいぶんと違うし、
国が推奨してるんだからオッケーでしょw
最悪、何かあった時のために、
仕事場に革靴を一足置いておけば完璧だwww

おっさんは家に帰ってすぐ、奥さんに
「あのさ、国がスニーカー通勤を推奨してて、
 オレもこれからスニーカーで通勤したらいいんちゃうか
 って思うねんか」

奥さんから何かツッコミが入った時には
さっきの『仕事場に革靴を一足』ってフレーズで
乗り切るつもりだw



「あかん、ダサい」
一瞬で斬り捨てられたw

もうね、帰りの電車で
奥さんにどうやって話そうかとか、
どんなスニーカー買おうかとか考えてたのが
見事に一瞬で崩れ去ったね(白目

オワタ\(^o^)/
問答無用感がすごいw



で、数日後。
おっさんも、対抗策を何にも思いつかなくて
やっぱりスニーカー通勤は諦めようって思い出したとき
『洋服の青山が走れる革靴を発売』
ってのを目にした。

詳しいことはわからないけど、
ブリジストンのゴムがどうやらで、走れるって言うんだから
走れる革靴なんだろうw
形は革靴でも、スニーカーみたいに走れるってことなんだろう。
なぜかはわからないけど、おっさんは洋服の青山を
全面的に信用することにしたw

家に帰って奥さんに
「あのさ、洋服の青山が走れる革靴って、
 何か走れそうな革靴を発売するってさ。
 スニーカーがあかんねやったら、これやったら革靴やし
 ええんとちゃうかなぁと思って…」
って一気に早口でまくしたてたw

とりあえず最後まで言い切らないと、
途中で斬り捨てられたらそれで終わりだから、
おっさんも必死だw
これが最後のチャンスなんだ(謎w


すると奥さんは、
「そう。あなたはおっさんなんだから、
 下手にスニーカーとかで無理してオシャレ感を出さなくても
 そういう普通の革靴を履いて、普通におっさんとして
 生きていけばいいのよ。どうせおっさんなんだから」
って言って、とてもノリノリで
「じゃぁ、とっとと買いに行こう。
 こういうのってすぐに買いに行かないと、
 そのうちなくなってしまったりするからね」
ってめっちゃ賛成してくれたw

なーんかちょっとモヤモヤするけど、
奥さんが前向きでよかったw

で、じゃぁ思い立ったが吉日ですぐに行くぜってなって、
おっさんがコケた日、コケた傷を応急処置して
傷口にサランラップを巻いたまま、
近所の洋服の青山に行ったのだw
おっさんの方がノッてなかったぐらいだ(白目


果たして、この『走れる革靴』
自分で走れるって言っちゃうぐらいだから…


全然走れる靴じゃなかったw

あたりまえだw
革靴なんだからw

10キロ以上帰宅ランなんてできる訳がないw
一般人目線の走るはそんな距離じゃないw
せいぜい数百メートル程度だ。
あたりまえだw
死んでしまうw


でも、でもな、
自分で走れるって言っちゃうぐらいだけあって、
クッションがすごくいいのだw
ちょっとその辺の革靴じゃないレベルのクッション性w

通勤電車でじっと立ちっぱなしでも、
あの嫌な感じがない、足底筋膜炎の人のために
青山の人ががんばりよったんじゃないかって感じの靴だw

通勤電車でって書いたってことは、
おっさんはもちろん買ったさw

毎日、毎日、この靴はいい。
奥さんありがとう。
って言うもんだから、奥さんだって
「青山のだし、流行り廃りのない無難なデザインで
 きっと何年後でも履いてて大丈夫だから、
 売ってるだけ買ったら?
 どうせおっさんなんやから」
とか言い出したw


…いや、そんなにはいらんw
ていうか、さっきからちょいちょい
『どうせおっさん』って言うのやめてもらえませんかね?(白目w

定価はまぁ、それなりだけど、
青山だから二足目30%OFFだとか、
クーポンで2割引きとか、なんやかんやを組み合わせたら
そこそこの値段になるし、奥さんの気が変わらないうちに
何足かストックを…って思ってネットで見たら、
おっさんのサイズ、もう在庫なくてワロタw\(^o^)/


週末、雨で走れないっぽいから、
実店舗で在庫探しをしてもいいかもな。
それぐらいいいw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

新しい靴を買った話を書くつもりだったはずが。
ども。

初めに言っておくと、
新しい靴を買ったって言ったって、
みんなが大好きで興味深々なランニングシューズじゃなくって、
普通に仕事に履いて行く靴の話だ。

ちょいと前、『スポーツ庁がスニーカー通勤を推奨』
ってなことがニュースになった。

おっ!って思ったw

おっさんが毎日お仕事をしに行く先は、
自分とこの会社じゃなくて、お客さんのところなのだ。
もし、仕事をしに行く先が自分のとこの会社だったら、
万が一の時に備えて、会社にスーツとワイシャツ、
ネクタイに革靴を置いておいて、
おっさんは私服にスニーカーで通勤をすることだろう。
通勤だけじゃなくって、会社に誰かが訪ねてきたり、
会社の外に出るってことがない限りは、
ずっと私服とスニーカーで過ごすことだろう。

おっさんが大阪の事務所の中で
どんな格好でどうやって仕事をしてるかなんて、
東京のエライ人たちからは見えないんだから、
おっさんのやりたい放題だw
(あ、おっさんの会社の知り合いの人は、
 ここは見なかったことにしておいてくださいw)

実際、おっさんが毎月会議のために本社に行くときだって、
基本的には会社の外に出たり、
誰かに会ったりするなんてことはないから、
私服にスニーカーで乗り込んでやるのだw

初めの何回かは、ちゃんとスーツに革靴で行って、
それからボタンダウンシャツとチノパンにスニーカーでの
様子見期間を経てから、今ではTシャツに膝丈のパンツで
登場しても誰にも怒られることはないw

怒られなきゃオッケーかどうかはしらないw
でもさ、「この格好でオッケーですかね?」
なんてことを聞いてしまうのも何か違う気がするし、
もし聞いたとしたら、
「オッケーな訳ねーじゃん」
って言われると思うんだよなw

もしオレが、部下からそう聞かれたとしたら
そうやって答えるものw

でも、問題を起こさない限りはまぁいっか的なことって
あったりするでしょ?
今、オレはそこの隙間にいるw



途中で言っておくと、
これ、新しい靴の話に行く前段で
大いに引っ掛かってしまってるから、
今日は靴の話にまで行かないパターンの奴なw

おっさんにとっては毎度のことなんだけど、
これみんなは、そういう寄り道をしないってのは、
書く前に自制心がはたらいているのか、
書いたけど、『これ関係ないやつや』って気づいて消してるのか、
あるいは第三のパターンなのかどれ?

ほら、わりとみんな普通に寄り道なんてしないで、
無駄なく簡潔に文章にまとめられるってことに、
おっさんは本気で、自分と何が違うんだろう?
って不思議なのだw

下書きをしているってパターンも考えられるな。
あとは、書くことをきっちりと決めてから書き始める
ってのもあるな。

おっさん、自分以外の人がどうやってブログを書いているのか
まぁ、ブログだけじゃなくって文章全般を書いているのか
ってのを知らないから、とても興味がある。


ちなみに、チビ助が読書感想文を書くときには、
・心に残ったことを全て書き出す
・それについてどう思ったのかを書いてみる
・その中で特に書きたいことを選ぶ
・その中でも一番書きたいことを一個選ぶ
・書きたいことと書きたいことを文章でつなぐ
・最後に一番書きたいことを書く
っていう手順で書いてみたら、それっぽいものができる
ってことを教えた。

書きたいこと、書くことをちゃんと取捨選択して
文章にしなさいよってことだ。


…おっさんは、そんなことやってないよね(白目w

今日書くことは、今日にならないと決まってないし、
たとえ、昨日の続きの話だったとしても、
続きは今日書くから、どう続くかを決めるのは今日だw
で、ふんわりと書くことを決めて書き始めるんだけど、
書きながら考えてるから、いろんなことに気を取られるし、
結果的に書こうと思ってたことと
別の内容のことを書いてることが多々あるw
自分でも、オレ、こんなことが書きたかったのか
ってビビるw

今日だって、靴を買った話のはずだったのにビビるw


以前、カブトムシさんが
ずーーーっと何日も先、何週間も先まで
ブログに何を書くのかを決めている
ってことを書いていたけれど、
7:3ぐらいで、そういうネタなんだと思っているw

おっさんは、かれこれ4年半以上、
休むことなく毎日ブログをアップしているけれど、
その日のネタはその日に決めて書いてるから、
記事のストックがあったことなんて一度もない(白目


買った靴の話はまた気が向いたらねw
じゃ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

ドラゴンボールペンと昨日のペース走。
ども。

昨日、仕事が終わって家に帰ったらチビ助が
「とーさーん、これせんせーがとーさんに渡しといて
 だってさ」
って、ランドセルから小箱を取り出してきて
おっさんにくれた。

6年分集めたら、何でも願い事が叶うっていう
かのドラゴンボールペンだったwww

イエーーース!!!

おっさんはチビ助の小学校を信じていたよw
完全に今年の分っていうか、
6年分揃えるってことを諦めていたから、
嬉しかった、超嬉しかったwww

あ、別に何の変哲もない、
その辺に普通に売ってるボールペンだし、
たぶん、去年と同じもののはずだ。

たぶんなのは、去年もらったボールペンを
どこにやったかわからないからだw

週末までに去年のを探し出して、2本並べてみよう。
もしかしたら、ちゃんと30キロ走ができるってぐらいの
ちっちゃな願いぐらいは叶うかもしれないw

ていうか、チビ助がもらってきたってことは、
間違いなく全生徒に配られてるってことで、
ってことは、運動会のPTA競技には少なくとも
各家庭からひとり以上は参加するって前提で
参加賞を用意していたってことだから、
やっぱみんなどんだけボールペン欲しいんだよ
って話ではあるw

そんなにニーズがあるんなら、
もしかしたらメルカリに出品されてたりするんじゃね?
って調べてみたら、


なんと


さすがに、メルカリに出品されるほどではなかった模様w

極狭いエリアでマニア受けしてるだけらしいw
一攫千金失敗w

って、売れるんなら売るつもりだったのかよw

これにて、無事、今年のチビ助の運動会が終わった。
残りあと4本。


***

のあと、ちゃんと走りに行った。
日曜の30キロ走崩れのおひとり様ハーフからの
リカバリタイムはちょうど1時間ぐらい前にゼロになったw

普通に身体は重いし、リカバリできてると思わないけどなw
おっさんの回復力を舐めるなよって話だぜw

それでも火曜だし、415ペース走。
涼しくなったし、415なら何とかなると思いたいw

週末の30キロ走が30キロ走れないのは、
普段のペース走を10キロしか走ってないからじゃないか?
疑惑がおっさんの中で湧いてきたから、
今日はちょっと距離を延ばしてみる予定w
できるかどうかは不明w
気持ちが大切。

実際、平日に430でペース走してた時は、
玄関出た直後から帰ってくるまでずっと430で
12キロちょい走ってたんだった。
それを415に設定ペースを上げたときに、
ペースがキツくなって負荷が増える分、距離を減らそう
ってことで10キロにしたんだった。

当時より、415がキツくない分、
距離を延ばしても大丈夫だろうって理屈だ。

今でも十分にしんどいけど、
差し当たり、あと1キロぐらいだったら延ばせるだろう
って思ってチャレンジすることにした。

10キロを走った段階で、415から大きくこぼれていたら
あっさりと諦めるつもりだw


11.01km 46'29(4'13/km)
404-411-416-415-417
411-422-409-414-420
410-002

今日は心肺には余裕があったけど、
がんばって足を動かすことを意識しないと
スピードが出ない感じだった。

平日の夜、415で走るときは大丈夫なのに、
週末の朝に430で走ったら、やたらしんどくて
10キロもペース維持できないのは何でなん?
マジ謎w

やっぱり今日も北と南の折り返しのところ
(2、4、5、7、9、10キロ)で、ガーミンのラップが安定せず。
前後の直線区間に比べて5秒ぐらい落ちる。
ペースダウンしたのを直線区間で戻してる訳じゃないし、
折り返しでカーブするときにスピードが落ちてる訳でもないから、
折り返しのところでずいぶんショートカットしてるように
GPSが認識してるんだろうけど、
調子がいいときはいいけど、思うように走れてないときには、
がんばって走ろうって気持ちが萎える。

たぶん、平日のペース走は15キロぐらいなら
415ペースで走れるような気がするけど、
走る時間が長くなるのと、故障のリスクがなぁ…。
平日のペース走で普通に15キロ走れたら、
俄然速くなるだろうけど…。

とりあえず、木曜はあと1キロ延ばしてみよう。

同じパターンで頭打ちなら、
違うことをやってみる。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

30キロが走れない。
ども。

さて、土曜日の閾値走での撃沈の後、
雨模様の天気予報を見ながら、
『明日の朝、3時間ほど雨が降ってない時間があったら
 オレは30キロ走をする』
って静かに燃えて、スプラトゥーンがフェスで
盛り上がっているのもそこそこに、
いつもより早い時間に布団に入ったw

降ってない訳がないと思ってるから、
降ってなかったら30キロって言ってる訳じゃなくて、
おっさんは本気で30キロ走をするつもりだってことが
わかっていただけただろうか?

おめー、ただフェスをするよりも、
眠さの方が勝ってただけじゃねーのか
って疑われるのは否めない。
オレだってそうだものw


翌朝、おっさんは5時に布団を飛び出した。
もちろん、隣で寝ている奥さんとチビ助を起こさないように
そーーーっと飛び出したw
(サトさん、こうやるんやでw)

窓の外を見なくてもわかるぐらいに、
屋根からは何かが落ちてくる、ポタポタって音がしてるけど、
一応、念のために玄関を開けて外を見た。

普通に雨だったw

落ち着け、ここまでは想定内だw
おっさんだって、まだ雨が降ってるってことはわかってて
それでも5時に起きたんだw

問題はこっから。
今から準備している間に、雨が小降りになってきて、
6時ごろには走れるぐらいの雨になってるはずなんだ。

その辺にあった、チビ助のスナックパンを
適当に2、3本パクって食べてから、
トイレに行って着替えを済ませた。

窓の外はまだ雨模様だし、
6時までにはまだちょっと時間があるから、
踵に超音波を当てながら雨が小降りになるのを待った。

超音波が終わって、そろそろ6時だって満を持して外に出たら、
…うーん、さっきよりは小降りになったけど、
まだギリギリ走りに行くのをためらうぐらいの
強さの雨なんだよなぁw
10キロとか15キロだったら走りに行ってもいいかなぁ
って思うぐらいの強さではあるんだけど、
この強さの雨の中を30キロ走るのはちょっとなぁ…。
な雨だw

まぁもうちょっと待ってみるか。
こういう微妙な感じでモヤモヤしたまま走り出したら、
キツくなった時にそれを言い訳にがんばれないからな。

パソコンでブログを見たり、
ケータイでツイッターを見たりしながら、
雨が小降りになるのを待った。

やり出したら、小降りになってもすぐには
走りに行けない気がしたから、
スプラトゥーンに手を出すのはやめておいたw

…6時半、まだ雨。
…6時40分、まだ雨。
…6時45分、まだ雨だ。

おっさんだって、走りに行こうと思ってるから、
小刻みに雨の様子を確認してるんだけど、
そんなすぐには状況は変わらず、
微妙な強さの雨が降ったまま。

なら、フェスできてたじゃんよ(゚Д゚)ゴルァ!!

じゃぁ7時まで。
7時になったら一旦フェスをやめて空模様を確認する。
で、走れそうな雨だったらそのまま走りに行く。
ってことを決めて、フェスに参加。

したところで、チビ助が起きてきたw
「おとーさん、ズルい。
 何時に起きてゲームしてるん?」

チビ助の野郎、おっさんがフェスやりたいがために
早起きして、チビ助が寝てる間にずっとゲームしてた
って勘違いしてやがるw
「ちがっ、おとーさんは走りに行こうと思って早起きしたけど、
 雨が降ってたから、雨がやむのを待ってて、
 で、今、ほんとに今スプラトゥーン始めたところや…」

って、オレがオレのお小遣いで買って、
休みの日に早起きして、家族の誰にも迷惑をかけずに
ゲームをしてるってのに、何で7歳児相手に
言い訳しなきゃなんないんだよ(白目w


「ほーん、じゃ走りに行ったらええやん。
 ボクに替わって」

って言って、チビ助は無情にも
おっさんからコントローラーを取り上げた。

「えー、それはズルい。
 だって、お前、昨日の晩、ずっとゲームしてたやん。
 おとーさん、お前が寝るまで我慢してたやん」


正直、44歳にもなって、
小2とゲームを奪い合ってケンカするなんて
思ってもみなかったよね(白目w

結局、『下手くそはすっこんでろ』
って力関係がモノを言い、
チビ助にコントローラーを奪われて、
おっさんは応援に回ったw

…スプラトゥーンじゃ、もう勝てへんねん(白目

一向に雨は小降りにならないまま、
奥さんまで起きてきて、ついには8時になった。
…普通に寝てたらよかった、マジでw

「あなた何してるの?
 このぐらいの雨で走りに行かんって言ってたら、
 もう今日は走りに行くの無理やで」
って奥さんの一言で、おっさんは雨の中渋々走りに出かけたw

21.14km 1:36'22(4'34/km)

やっぱり今週も30キロ走れなかった(白目
走り始めは調子良かったんだけどな。
一汗かいて、雨に濡れたらどんどん体が冷えてくるし、
雨も強くなってきたからハーフでやめた。

まぁ30キロ走れる気がしなかったからなんだけどなw
でも、家までのダウンジョグの途中で
ハンガーノックで走れなくなって、
家まで歩き倒したってことを考えたら、
ちょうどいいところでやめたのかも。

こう30キロ走を失敗しまくってると、
走るのが全然楽しくないw

走り始めて以来、最大のピンチだ。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村