プロフィール

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
春休み初日(中編)。
ども。

昨日のつづき。

開園45分ほど前にひらパーの駐車場に着いたおっさんたち。
一目散にステージに一番近い入場門に向かったら、
もうすでに30人近い行列ができていた。

マジでかw

こっちの入場門に並んでるってことは、
これ全員が仮面ライダーショー目当てってことか。

ステージが42キロ先にあるんだったら、
30番目からのスタートでも最前列をとれる自信あるんだけどなぁw
ステージ、そっからそこなんだよなぁ…w

チビ助すまんなぁ。
つーか、仮面ライダー目当てのお客さん、
家族連れよりも、圧倒的に大きいお友達が多くないっすか?w
大きいお友達、気合い入りすぎwww

普段、運動不足のお父さんたちにだったら、
そっからそこまでの距離のダッシュでも
何とか勝負できる気がしないでもないけど、
大学生ぐらいの大きいお友達にはなぁ…w
瞬発力は若さだからなぁ…w
おっさんの半分ぐらいの若さだからなぁ…(白目

とりあえず、開門までの45分間で、
おっさんがどうやったら最前列をとれるかを必死こいて考える


んじゃなくって、
「一番前じゃなくっても、見えるからいいよな?
 ステージって一段高いところにあるから、
 実は二列目の方が見やすいんじゃね?」
ってじっくりとチビ助を説得にかかるw

何をどうやっても勝てる気しねーもんw

おっさんの地道な説得もむなしく、
チビ助の返事は「無理」のひとことでしたけどねw

…ツラいw

「お父さん、何のために毎日走ってんの?」
とか言われても、仮面ライダーのためじゃねーしw

そうこうしてるうちに開門時間。
おっさん、前の30人しか気にしてなかったけど、
いつのまにか行列がすんげー長くなっていたw
45分前に来てよかったw

前の方が入場し始めたと思ったら、
みんな一気になだれ込んで入場w
「うわ、ちょっとズルい」
とかなんとか、前の方で揉めてるどさくさでおっさんも入場w

ステージまで最短距離でダッシュ!
大きいお友達とかをガンガン抜いて、階段を駆け下りる。
自分がどの段にいるのか脳みその処理が追い付かなくなって
転げ落ちそうになりながら、何とか最前列のど真ん中をキープwww

やったぜ、チビ助w
父ちゃんはやったぜwww


と、おっさんの隣のお父さんに後から来たよそのお母さんが
「ちょっと、あなたズルいじゃないですか」
とか言って揉めだしたw

…さっきのはお前らかw

どうやら、話を聞いてると
先に来て並んでたお母さんたちが入場しようと
入口で入場券を渡してる隙に、
後ろに並んでた別のお父さんたちは、
係員に入場券を渡さずにその脇をすり抜けて
ステージまで走ってきた模様w

いや、それ、ズルいズルくないじゃなくって
不正入場じゃね?w

まぁ、だからって、
「あなたたちはズルをしたから、その場所は私たちのだ」
って主張には無理があると思うけどw

おっさんたちに火の粉が飛んでこないように、
どっちの味方をする訳でもなく知らんぷりしていたw
ほら、変に口出しして、
「おめーらも、後ろに並んでたじゃねーか」
とか
「じゃ、そっちの場所を譲れよ」
とかって展開になったら嫌じゃないw
どこぞの知らん家族の陣地より、
おっさんたちの陣地の方が断然大切じゃないw


で、その後の展開をチラチラと探っていたら、
あまりにもしつこくお母さんがクレームをつけるから、
お父さんたちはお母さんに場所を譲って



…その隣に陣取ることで決着したみたいだw

いやいやいやw
お母さん、それやったら別にどっちでもよろしいやんw
場所、50センチも変わってませんやんw

なんだかおっさんにはよくわからないこだわりがあるみたいですw
仮面ライダーショーの世界って奥が深いw


でもって、無事に最前列の真ん中を確保できたおっさんたちは、
次のターゲットのジェットコースターまでダッシュしたw

おっさん、朝起きてから走りすぎじゃないですかね?(白目w
お父さん、チビ助が寝てる間に20キロ以上走ってるんだから、
もうちょっと労わってくれても良くないかな?w


でもさ、でもさ、
それだけ走っても、そんなに踵が痛くないんだぜwww
踵が痛まないってなんて素敵なことだろうwww

仮面ライダーショーが始まるまでの1時間、
園内を走り回って乗りまくるんだw

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
春休み初日(前編)。
ども。

昨日、会社の飲み会が終わって
日付が変わるちょっと前に家に帰ってきたら
テーブルの上に
「ぜんぶまるだったから、明日はひらパーよろしく」
って書いてあるメモと通知簿が置いてあった。



…約束してねーしw

うちのチビ助さんは無事に2年生になれるようですw

ってことで、今日から春休み。
春休み初日のひらパーは、仮面ライダーのショーがあるらしい。
…めちゃ混み確定(白目w

開園時間が10時だから、一番前でショーを見ようと思ったら
9時過ぎにはステージに一番近い入場門に並んでなきゃ
ってことは、家を出るのが8時半よりちょっと早い時間で
となると走り出す時間は…
って逆算していったら、おっさんが起きるのは4時半になったw

そのことに気付いたのは、
風呂に入って、踵の超音波をして、
ここんところの日課のゼルダの伝説をやってるときだったから
おっさんが今から寝られる時間は3時間もなかったw

普通にツラいじゃねーかw

…約束してねーしw
明日ひらパーってのは、あくまでも
チビ助の一方的な希望であって、おっさんは約束してねーしw
つーか、ひらパーはこないだの日曜日に行ったばっかだし。
1年生なんだから、通知簿が全部〇なんて当たり前だし。
お父さんはお仕事で帰ってくるのが遅くなったから、
机の上に置いてあるメモ書きには、気が付かなかったんだな…。



…お父さんは、朝5時に走り始めていた(白目w
眠いし、本気でツラいw

今日は20キロ以上のペース走をするつもりだったけど、
さすがに飲み会の翌日に、睡眠時間3時間もないって状態で
ペースを守って走れるとは思えなかったから、
ペース走はやめてジョグってことにした。

おっさんは悪くないw

そんなにツラいなら、走らなきゃよかったじゃねーか
って声もあるでしょうが、
飲み会の後風呂に入る前に体重計に乗ったら、
この何年か見たことがない数字が出ていたから、
…いや、たぶん酔ってたから見間違えに違いないんだけど、
飲んだ分を朝トイレで出したらチャラにはるはずんだんだけど。

走り終わった後に体重計に乗ったら、
完全に現実で、トイレに行って汗をかいても
全然チャラになってなくてワロタ(白目w

どうせチャラにならないなら、
いっそのことジョグもしなくてよかったんじゃね?
ぐらいのやさぐれ感はあるw


何にせよひらパーだw

ジョグから帰ってきたらゼルダに夢中で、
「やっぱ今日は、ひらパーじゃなくってゼルダしてようかな…
 お昼からスプラトゥーン2の試射会もあるし…」
って、この土壇場でひらパーに行くのを渋りだしたチビ助を
「とっとと用意して出発しないと、一番前でショー見れないぞ。
 ゼルダはいつでもできるし、試射会は夜にもあるけど、
 仮面ライダーは今日だけだから、早く行こうぜ」
って説得して、なんとか連れ出すことに成功w

…オレが行きたかったみたいじゃねーかw
いや、おっさんははただ、
早起きしたのを無駄にしたくなかっただけで…(白目w

「そんなに行きたいんやったら、
 お父さんひとりで行ってきたらええやんか」
って、どういうことなんだよ?w
ざけんなよw

ひらパーに行く道中で
チビ助さんに1年生の思い出なんかを聞いてみたりした。

仮面ライダーのショーが見たいなんて、
まだまだガキンチョで、できないことがたくさんあるけれど、
この1年間でできるようになったこともたくさんあるから、
おっさんはできるようになったことだけを見ておこう
って思いましたw
順調、順調(白目w


1年生の思い出を話してるときに、チビ助に
「お父さん、かしきり駅ってどこにあるか知ってる?」
って聞かれた。

「かしきり駅?石切駅じゃなくって?」
って聞き直したら

「何言ってんねんw
 石切駅とかしきり駅は全然違うやろw
 石切駅がどこにあるかぐらい、ボクでも知ってるわw」
って一笑に付されたw

ちょw
チビ助のレベルに合わせただけだよ、この野郎w

「かしきり駅なんてのは聞いたことがないし、
 お父さんはどこにあるかは知らないなぁ…」
って答えたら、
「お父さん、大人やのに知らんのんw
 ボクどこにあるか知ってるでw
 だってさ、ボク二上山に遠足に行ったとき、
 かしきり行きの電車に乗ったから、
 二上山の駅の先にかしきり駅があるねんで」
っつって得意げに教えてくれた。

「ほぉ…かしきり駅行きの電車ってのがあるのんか」

「そやで、お父さん乗ったことないのん?
 電車の行き先のとこに『かしきり』って書いたあるんやで」



…それ、行き先じゃなくて、『貸切』じゃね?
今度2年生になるチビ助が天才すぎてツラいw

ひらパーで遊んでる場合じゃない気がしないでもないけど、
おっさんたちはひらパーの駐車場に着いてしまったw

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】レース後のこと【レポ23】。
ども。

東京マラソン、ゴールした後のこと。

ゴールラインを駆け抜けて、
歩きながらガーミンでタイムを確認してから、
一旦立ち止まってから、走ってきたコースの方に向かって一礼。
まぁ、何となくw


…してたら、
「ゴールしても立ち止まらないで!」
って叱られたぜw

なんかすまん。


周りを見たら、よっぽどキツかったのか、
膝に手をついて前かがみにうなだれてるような
ランナーさんの姿が多数あった。

追い打ちをかけるように
「こんなところで立ち止まって休憩してたって、
 このあと日比谷公園までまだ1キロ以上も
 歩かないとダメなんだから、早く移動してください」
って、ボランティアの人が移動を促してたけど、
それ事実だとしても、今言う?w
って思ったw

逆効果待ったなしw

案の定、みんな余計にぐたーってなってたよね。


おっさんは、疲れてはいたけど元気だったから
日比谷公園に向かってちゃちゃっと歩きだした。

日比谷公園までは、やっぱ結構遠かったから
歩きながらいろんなことを考えた。
具体的には…まぁいろんなことだw

目標は『430で行けるとこまで』だったけど、
正直言うとゴールまでいけるとは思ってなかったし、
前半を430で入ったら、30キロ以降は大阪マラソンの時みたく
ヘロヘロになっちゃうんだろうなって思ってたから、
それから思ったら、いい感じで走れたな、楽しかったなとか。
いやいや、でもこんなとこで満足してちゃダメだなとか。
オレ、こんなもんじゃねーぞ。見てやがれとか。

あとはあれだ、
おっさん、踵が痛くなり始めてからずっとずっと治らなくて
もう痛みを気にすることなく走るってことは無理かもなぁ
なんてことを思ったりもしたけれど、
まだ今も全く痛みがなくなった訳じゃないし、
全力で走ったらまた強く痛むんじゃないかって怖いけど、
1年半以上かかったけど、
ようやっと自己ベストを出したときに
近い感じで走れるようになってきたぞと。

その間にいろんな人に会って、
おっさんと同じように故障とか痛みとかを
抱えながらもう治らないんじゃないかって不安に思ってる人が、
おっさんのブログを読んで、おっさんに自分を重ねて
ひっそりと『がんばれ』って応援してくれてる
ってことを知ったから、そういう人たちに


ひっそりとじゃなくて、もっと前面に出て応援してくれよ


…ってことじゃなくってw

あのおっさんだって、あれだけ走れるようになったんだから、
自分だって今痛いのはいつかは治るし、走れるようになる
って思ってもらえたかな?
そうだったらいいな。
ってことを思った。

いや、まぁ、自分の足が痛い真っ只中に、
他人の姿を見て、自分もそうなれるなんて
そんな簡単に前向きにはなれないってのも知ってるけど。

それから、いつもどおり、
全世界、人類が今日も明日も
平和で幸せに過ごせたらいいな。
ってことを思ったw


そんなことを考えても、日比谷公園にはまだ着かなかった(白目w


日比谷公園までの間に、
完走タオルとか、サバイバルシートとか、
スポドリとか、バナナとか、ランチパックとか
いろんなものをもらったら、早々に両手がふさがって、
それでもまだいろんなものをくれるから、
それはありがたいんだけどとても困ったw

あ、あと、そうやって日比谷公園まで長い距離があって
いろんなものを配ってくれるってことは、
それだけたくさんのボランティアさんがいるってことで、
みんな笑顔で拍手しながら
「お疲れさまー」
「完走おめでとうございます」
って労ってくれるもんだから、
おっさんだって嬉しくなって、妙なテンションで
「ありがとうございまーす」
って言いまくってたんだけど、
おっさんの近くにいたランナーさんはみんな、
しんどそうに俯きながら無言で黙々と歩いていて
えー、あいさつしないんだぁ…
ってのがちょっとした衝撃だったw


日比谷公園に着いてからも、
公園の中をうろうろとさせられて
やっとのことで荷物を受け取ったとき、
足が攣りそうになったw

走ってるときじゃなくて、今かよw
って思ったw


気づいたらもう一か月も前のことだから、
いろいろと忘れてることがあるかもしれないけど、
みんなが東京マラソンを走りたいって言うのが
よくわかったとても素敵な大会でしたwww

みんなどうもありがとう。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】ゴール【レポ22】。
ども。

40キロを通過、残り2.195キロ。
ここからは全力。
ゴールまで10分で走り切るぜ!

10分に何か根拠がある訳ではないし、
2.195キロを10分で走ろうと思ったらどのぐらいの
ペースが必要なのかってのもわかってないけど、
確か別大のときが10分切れてたはずだし、
何となく10分切ってたら撃沈せずにがんばったな
って感じがするような気がしたから、10分切りを目標にした。

ま、簡単に言うと雰囲気だw

(ちなみに、さっき計算したところによると、
 2.195キロを10分で走ると433ペースだそうだ。
 小数以下が四捨五入された結果だから、
 細かい話をすると433をちょっと割らなきゃならないか、
 あるいはちょっと出ても大丈夫なのかどっちかなんだけど、
 それは知らんw
 細かいことは気にすんなw
 あと、別大のときの最後の2.195キロは9分38秒で
 423ペースだった模様)


しんどいけれど、特に痛いところはないし足は動く。
足が動くんなら、めいっぱい動かしたら速く走れるはずだw
おっさん、前に進むことだけを考えて、めいっぱい足を動かす。

ちょっとペースアップできた気がするw
っしゃー♪

すぐに呼吸がハァハァなってきたけど、
ハァハァしてるうちにゴールするはずだw
なんせ、おっさんペースアップしてんだからねw

ハァハァハァハァ。
ハァハァんぁぁぁハァハァんああああ。
変な声が出てきたけど気にしないw

キツい…けどもうすぐゴールのはずだ。

残り2キロの標識を通過。



!…絶望したw
おっさん、ちょっと飛ばし過ぎたみたいw
声が出ちゃうぐらいになるのは、
もうちょっと後に取っておくことにして、
常識的なハァハァの範囲で走るw

日比谷公園を通過して、丸の内に入る。
ここから一気に道幅は狭くなる上に、
たくさんのギャラリーが道路の両側にいるもんだから、
応援の声がすごく近くてとても気分がいいw

前のランナーにガンガン近づいて、
バンバン抜けるのと、視界両サイドのギャラリーが
どんどん後ろに流れていくのが相まって、
自分がめちゃ速く走ってるような錯覚に陥って
めちゃ苦しいんだけど、気持ちいいw

ただし、アスファルトから石畳になって、
見た目の雰囲気はすごくいいんだけど、
多少のボコボコがあるせいで、
踵の筋がグリッとかなったらとシャレにならないから、
着地にものすごく気を遣いながらのスパートw

呼吸はキツいし、足も速く動かなくなってきたけど、
サトさんが別大のレポの中で、
足が動かなくなってから、体を前に倒しながら走った
って書いてあったのを思い出して、
おっさんも体を前傾して走ってみる。

サトさん、これで合ってるか?

もうこの際、どんな不恰好でもいいw
ちょっとでも早くゴールがしたい。
ゴールして、このキツさから解放されたいんだよぉw

ちょっと大きな交差点を左折したら、
目の前にゴールゲートが見えたw

オフィシャルのタイマーに表示されていたのは、
3時間12分台の時間で、そのまま12分台でゴールできるのを確信。

あぁ、これで東京マラソンが終わるのかぁ。
楽しかったなぁ。
余裕で治ると思ってた踵の故障を今シーズンも引きずって
思ったようには走れなかったけど、
でも最後のレースでこうやって楽しく走れたから、
いいイメージで来シーズンにつなげられそうだ。
よかったなw
踵、全然治らないし、
もう自己ベストを更新するような走りはできないのかも
って思ったときもあったけど、
シーズンの最後の最後でこうやって走れてよかったなw
また来シーズンに向けてがんばろうって思えてよかったなw
がんばったら、もっと速く走れるかもって思えてよかったなw



…っていうか、見えてからゴール遠っ!w

ゴールゲートをくぐって、
一番遠くの計測マットまで駆け抜けて、
おっさんの東京マラソンは終わったw

おっさんは、マットの一番手前で走るの緩めたときに、
実はタイムの計測は一番遠くのマットでしたってのが嫌だから、
キツくても一番遠くのマットまで駆け抜けるのだwww

ガーミンで、3時間12分27秒だった。

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】ラストスパート開始【レポ21】。
ども。

無事、元気にブログ村応援隊の前を通過して
残るはあと3キロちょっと。
ここからもう一段テンションを上げていくのは
さすがにちょっと無理だけど、
おっさんの中に残ってる力を全部寄せ集めて
途中で枯れないぐらいのギリギリ攻めた感じで
ゴールまで行くイメージで走るw

理想はゴールラインの10メートル向こうで
走れなくなるぐらいのギリギリさw

10メートル手前で走れなくなっても、
10メートル向こうで歩くことすらできなくなってもダメ。

気のせいじゃなくだいぶキツいけど、
5キロTTの終盤はシャレにならないぐらいにもっとキツいし、
それと比べたら3キロぐらいいけるやろ…たぶん(白目w

まぁ、おっさんの場合、
5キロTTのペース間違って突っ込みすぎたら、
躊躇せずに余裕でやめるし、
そもそも5キロTTなんて、ここ何年かやってないけどなw

そんなことは問題じゃない!
大切なのは意気込みだぁ!!!

ここからはハァハァしながらゴールまで走る!
さぁ、心肺を使ってラストスパートだぜ!!!

おっさん、じんわりとペースを上げる。



…じんわりてw


だって怖いじゃんw
39キロ近く走ってきたのに、
こっからさらにハァハァするの怖いじゃんw
急にペースを変えて足が攣ったりしたら怖いじゃんw

慎重にそろりとペースを上げてみる。

39キロの標識を通過して、すぐに残り3キロの標識を通過。
残り3キロの標識の守り人は実はおっさんの会社の人で、
どこからか、おっさんが東京マラソンを走る
ってことを聞きつけて、何日か前に
『残り3キロのところでボランティアしてます』
ってメールを送ってきてくれたんだった。

おっさん、そのメールを見て、



えぇ…オレが見つけるのぉ?
って思いましたよねw

一応、おっさんからは
「黄色いTシャツで走ってます」
って伝えてはおいたんだけど、
黄色いどんなTシャツなのか、詳細はちょっとねぇw

こうなったらもう、オレが見つけるしかない。
本当に残り3キロって書かれた標識を守っていましたよw


通り過ぎざまに一声かけて、
それをきっかけにラストスパート開始。

よっぽどのアクシデントがない限り、
今シーズンのベストは間違いないけれど、
このままのペースでいったら、きっと3時間13分切れるかどうか
ギリギリのところ…のような気がするw

細かいことはよくわからないけど、
細かいことなんてどうでもいいw
ここまで来たら、1秒でも早くゴールするんだぜぇ!
来年の別大のスタート順を一個でも前にするんだぜぇ!

サトさん、見とけよぉ!!!


3キロ先を目標にしたらしんどいから、
ちょっと前を走ってる人の背中を目標に
「次はあのランナーを抜く」
作戦で、次々にパスしながら少しずつ距離を稼いでいく。

腕を振って、強く蹴って必死で走っても、
スタートしたときと同じぐらいのペースにしか上がらないけど、
それでもごぼう抜きだwww

めちゃキツいけど、
目標のランナーを抜くたびに、
短い距離で次々目標が切り替わるし、
どんどん短くなっていく残りの距離と、
思ったようにバンバンごぼう抜きできるのに
うっはー♪
ってなって、なんかもう訳がわからないぜw


40キロのマットを通過。
もうガーミンは見ない。

残りの2.195キロは10分以内で走り切る!


つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村