fc2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
篠山マラソン レースダイジェスト(過酷編)。
ども。

昨日の速報で、
「オレ史上最強にツラいレースでした」
なんてことを書いたんだけど、
実はその後、さすがにちょっと盛りすぎたんじゃないか?
って思ったりしていた。

だってさ、
ゴールして続々と帰って来るおっさんのお友達、
寒かった…とか、目標達成できなかった…とか言いながら、
自己ベストとか今期ベスト達成とかしまくりで、
りょうたさん(本人の希望によりリンクせずw)なんか、
「ベストコンディションだったのに…」
とか、おっさんにはちょっと何を言ってるんだか
わからないことを言いだす始末w

「オレ史上最強にツラい」とか言っちゃったおっさん、
なんか自分のヒトケタ達成に、
箔を付けたかっただけみたいになってるし(恥


でも、いろんな人の話を聞いたり、
速報とかレポとかを見たりした結果、
やっぱり、過酷な条件だったってことで間違いなさそう。
おっさんも、途中でやめるランナーさんたくさん見たし。

完走率も78.3%だったそうで、
同じ5時間制限の泉州マラソンが83.6%だったのと比較しても、
かなり完走率低かったみたい。


おっさん達はまだ走ってたから、
身体がちょっとは温まってたけど、
同じ場所にとどまって、応援してくれた
ストラトさん、大さん、ちゃうちゃうさん、THさん、
やまちゃん、ゆるりんさん、
その他、おっさんが名前を知らない、
たくさんの応援隊の人たちとか、
ランナーの支援をしてくださったスタッフさん達とか、
おっさん達以上に厳しかったんじゃないかなぁと、
今さらながらに思いました。

本当にありがとうございました。


今回の篠山マラソン、本当に過酷だったんだよ
ってことに信憑性を持たせるために、

レースダイジェスト(過酷編)←過酷編以外はないw

おっさんが、レース中のことを覚えてないw
 正確に言えば、レース中のことはいろいろ覚えてるんだけど、
 全部一人称w
 それぐらいまでにレースに集中していた。
 
 …訳じゃなくてw
 道路の至る所にある水たまりにハマりたくなくて、
 ずっと路面ばっか見てたから、
 景色だとか、周りのランナーさんだとかほとんど記憶にないw
 
 …ってことは、いつものようなレポは書けないw

細かいアップダウンが多すぎ。
 ガツンとくる上りはないものの、
 微妙なちょっとだけペースを落とさせるような上りと、
 それがプラスマイナスゼロになるほどではない
 その後の下りが多すぎてうんざりw
 ペースが落ちてるのが、上りなのか、風なのか、
 疲れなのか、冷えなのかがわからないから、
 この先ペースアップできるのかどうなのかの判断もつかず、
 ものっそい不安だったw

30キロ過ぎで折り返してから向かい風。
 30キロ過ぎで折り返したら、そっから先は下り。
 それを楽しみに折り返し地点まで行ったのに、
 折り返した途端、向かい風でやんのw
 いやいやいや、今まで追い風ちゃうかったしw
 せっかくの下り基調が、向かい風のせいでチャラw
 何なら、風で冷やされてマイナス。
 しかも時間と共に風雨強くなってくるしw
 がっかり感がハンパないw
 オレの下りを返しやがれw

手袋がビチャビチャ。
 寒さ対策で、今回は忘れずに手袋して走ったのに、
 雨でビチャビチャになって、
 濡れ雑巾を手に巻いて走ってる感じにw
 これ、手袋してた方が冷たくないのか、
 手袋外した方が冷たくないのか、判断ができずに混乱w
 たぶん、どっちにしても冷たかったが正解w

目がチカチカ。
 35キロ過ぎぐらいから、目がチカチカしだして、
 視界がスゲー狭くなった。
 特に視界の下半分がチカチカ系。
 うわー、怖ぇーwww
 って思いながら、走ってたけど、
 ゴールしたらなんともなくなったw
 なんだこれw

寒すぎて、逆に風呂に行けない。
 ゴールするまでは、ゴールしたら風呂に行こう。
 絶対に行こう、いち早く温まってやるぜwww
 って思って、超絶楽しみにしてたのに、
 ゴールしたら、あまりにも寒すぎて、
 風呂屋まで雨に濡れながら歩いて行く気力が出なかったw

猪汁。
 ゴール後、すごく楽しみにしてた猪汁。
 温まるし一石二鳥だぜwww
 幸いにも並んでる人もほとんどいなくて、
 すぐにありつけたんだけど、食べるの屋外だから、
 せっかくの猪汁の中に雨粒がバシャバシャ入るしw
 スタッフさんがせっかく具だくさんにしてくれたのに、
 手がかじかみすぎて、箸上手く使えなくて、何か困ったしw
 でも、超絶に美味くて、生き返ったwww

靴下。
 更衣室で着替え。
 水たまりにハマりまくりだったし、靴の中がぐちょぐちょ。
 もちろん靴下もびちょびちょだから、早く脱ぎたいのに、
 足指がかじかんでて、5本指靴下が上手く脱げないw
 いつもなら、指の方からキレイに脱ぐのに、
 もう何か腹立って、踵側から裏っ返しで無理やり剥ぐw
 裏返った靴下を元に返すのも面倒で、
 そのままビニール袋に突っ込むw
 もちろん家に帰ってから、奥さんにドヤされるwww

雨パパの称号。
 走ってもないし、応援にも来てないのに、
 なぜかやっぱりアフターの席にはいたアフターマン。
 東京マラソンで雨降らなかったのに、
 篠山では雨が降ったから、
 「雨パパ」の称号はおっさんに譲るって必死のパッチw
 ちょっと何を言ってるのかわかりませんwww
 「雨パパ」の称号がババ抜きの様相を呈してきましたwww
 
 東京マラソンで雨が降らずに、篠山で雨が降ったのが
 よほど嬉しかったみたいだけどw
 それ、おっさんが
 「どうかおっさんが走るレースには雨が降ってもいいから、
  みんなが走るレースには雨がふらないように」
 って毎日祈ってるからだってことに気づいてないみたいwww

順位。
 アフターが終わって家に帰って、
 もうとっくに寝ていたチビ助に
 「父ちゃん、がんばってきたよ」
 って報告。
 
 そしたら、寝てたはずのチビ助が
 「何位?」
 って聞いてきやがったw
 寝てても気になるのかよwww
 
 んで、おっさんが
 「1000位ぐらいかなぁ?」
 って言ったら、
 寝ながら首を左右に振ってダメだししやがったぜwww
 寝てても厳しいなぁw

明日ぐらいから、レースの振り返りを。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

オレレベルとかマラソンレベルとか。~篠山マラソン振り返り1~
ども。

篠山マラソンが終わって、二日経った状態。
おっさんが覚えている限り、
今までのどのマラソンが終わった後よりもツラい。

あの冷たい雨に打たれながら、がんばったもんなぁ。
そりゃ、ツラくもなるよなぁ。
身体がツラいのは、がんばった証。



…な話じゃなくって、

鼻がかゆいんじゃ(゚Д゚)ゴルァ!!
このタイミングで花粉きやがった…。

何かわからんけど、知らんうちに治ってるんじゃないか?
って微かな希望が今年も裏切られたぜw

取り外して洗える鼻が欲しい(切実)

あ、鼻以外は無事ですw
いつもよりちょっと疲れてる気がするけど、
筋肉痛もそれほどひどくはなく、痛いところもなし。

今週はゆっくりとジョグで身体をほぐして、
また来週から、来シーズンに向けてがんばろう。


…来シーズンまで、なげーなーおいw


篠山マラソンの振り返り。
レース前編。

目標タイム
 今だから言おう。
 今回のレース、正直なところ、
 3時間ヒトケタはチョロいと思っていた。

 調子に乗ってんじゃねーぞ(゚Д゚)ゴルァ!!
 って言われたら、ショボーンってなるから
 言わなかったけどw

 良くも悪くもオレレベルってのがわかっていて、
 普通に淡々と4分20秒前後のペースで走ってりゃ、
 良くて3時間5分、悪くても7~8分でゴールするだろう。
 そんな、ブレない、揺るぎないイメージがあったのね。
 上手く言葉にするのは、難しいんだけど。
 だから、特にメラメラもしない感じ。

 きっちりと練習を積んで、自分レベルを把握できてれば、
 こんな揺るぎない感じでレースを迎えるんだ。
 って新たな発見。
 うっはーwww
 これ、マラソンレベルが上がったってことじゃね?
 なんつってw


 …でも、そんでいいの?
 ってザワザワしだしたのがレース3日前。

 いつでもヒトケタとれるって言いながら、
 手堅くとりにいくのって、なんかつまんねーじゃん。
 ってのが、俄然オレの中で赤丸急上昇。

 もっとこう、チャレンジングな方が
 盛り上がるよねーとか、
 淡々とイーブンで走るんじゃなくて、
 もっとがんばらなあかんのちゃうかとかね。

 わざわざ、ナゴヤのおっさんに、
 「どうやって走ったらいいと思いますか?」
 って聞いたりなんかして。

 揺るぎまくりw
 マラソンレベル、前と変わってなかったわw

 んで、ここはひとつ、
 サブスリー狙いにいって、軽く蹴散らされーの、
 それでもなんとかヒトケタを的なシナリオが急浮上w
 ちょっとドラマチックやんw
 リアルに想像できたのは、ヒトケタをとるんじゃなくて、
 ヒトケタ逃すシナリオの方だったけどw

 よっしゃ、それでいこうって決めたレース前日。
 天気予報、雨、風強いでやんのw

 聞いてねーしw
 一応記事にはしたけど 本当に降るとは思ってなかったしw

 雨、風強かったら、普通に走っても、
 ヒトケタとるのヤバいんじゃねーの?
 なんつって、またふわふわしてきたしw

 ふりだしに戻るw

 結局、ザワザワ、ふわふわしっぱなしで、
 あーもうめんどくせー、
 考えるのやめーってなって、ノープランw

 結局、目標はありません作戦。
 作戦というより、出たとこ勝負w

 間違いない。マラソンレベルダウンしてるwww



準備。
 んで、考えるのめんどくせーってなったから
 もうとっとと準備しようってなって、
 前の日の準備はいつになくサクサク進む。
 晩ご飯の前には、もうやることなくなった状態。
 おっさん、やればできる。

 マラソン前日の晩ご飯を食べた後に、
 何もすることないのって、慣れてないから逆に不安w

 だから、意味もなくウロウロ、オロオロしてたら、
 結局、奥さんからドヤされるの巻w

 どっちにしろドヤされるんなら、
 いつもどおりの方が落ち着くわw
 やればできても、慣れないことはするもんじゃないw

 やることなくなったし、ちょっと仮眠でもするぜwww
 ってソファで横になる。
 奥さんが寝室に行くときに起こしてくれることを期待。
 この辺は、言わなくてもわかる、阿吽の呼吸ってやつw

 ハッてなっておっさん目覚めたら、奥さんいねーしw
 ちょwww
 阿吽www

 おっさん、仮眠のつもりだったから目覚ましかけてないし。
 オワタ\(^o^)/

 シャッターを閉めたリビングは真っ暗で、
 今が何時かまったくわからない。

 さぁ、どうするオレw
 まぁ、落ち着けオレwww

 起きる予定だったのは、4時。
 問題は、今が何時か…だ。

 怖ぇwww
 怖すぎて、時計見れねーwww

 おっさんの篠山マラソン、スタートする前にオワタ\(^o^)/

 真っ暗な中、たたずむこと約5分(体感w)
 意を決して、スマホの待ち受け画面を見る。


 …2時www

 キタコレ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!
 まだ2時www

 うっはーーwww
 スルリ満点www

 無駄にテンションがあがるwww
 また寝ないとダメなのにwww
 っていうか、オレ、イカすw
 4時前に目覚めた、オレ天才www

 もう、絶対早めの準備なんてしねー。
 心に固く誓って二度寝w
 もちろん目覚ましは4時にセット。
 でも、興奮して寝れるわけねーwww

そんな、篠山マラソンレース前の風景w

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スタート前のこととか。~篠山マラソン振り返り2~
ども。

篠山マラソンのおっさんの順位が判明。
早速チビ助にお知らせ差し上げた。

お:「父ちゃん、こないだのマラソン208位やったで」

チ:「…まぁまぁ、速かったやん」


…お、おぅ。
それは、ありがとうございます。



篠山マラソンの振り返り。
レースまで編。

ワープ
 会場まではマラソンバスで移動。
 マラソンバス、いいw
 座ってりゃ自動的に会場に着くってのがいい。
 だけじゃなくって、座れるかどうかを考えないでいいのが
 圧倒的にいい。

 問題は、おっさんの隣に座るのが
 超絶社交性のある知らないおっさんだった場合、
 なんやかんやしゃべりかけてこられたりしたら、
 おっさんの超絶社交性が発揮されてストレスがマックスwww
 (ややこしいけど、雰囲気で読んでくださいw)

 それを回避するために、
 マラソンバスで行く予定の知ってるおっさん達に声を掛けて、
 一緒に行くことにした。
 おっさん、冴えてるwww

 始発電車でバス乗り場まで行って、
 りょうたさん、ストラトさんと合流。
 ちょっと遅れて到着するっていう、やべっちさんに
 「みんなで待ってるよ」
 ってメールを入れて、バス乗り場の脇で待つ。
 やべっちさんが来る前に、バスに乗る順番が来たらダメだから、
 まだバス待ちの列には並ばない。

 やべっちさん、到着予定時刻になっても現れず。
 電車遅れてるんですかね?
 なんつって、もうちょっと待つことに。
 駅に着いたら、着いたってメール来るでしょう。

 …待つ。
 …待つ。
 …待つ。

 やべっちさん、来ねーしw
 さすがに、そろそろバス待ちの列に並んだ方がいいでしょう。
 ってことで、バス待ちの行列のところに行ったら…

 超絶行列してやがるしw
 おっさん達が来たときは、10人ぐらいだったはずなのにw
 マジでかwww

 とりあえず、やべっちさんが来たら、
 申し訳ないけど、「こっちこっち」させてもらうしかない。
 ってんで、おっさん達、行列にならぶ。

 行列の真ん中ぐらいまで進んだところで、
 スマホがブルッと来た。
 おぉ、やべっちさん、ようやく来た来たw
 なんつって、メールを見たら。

 …なんと。



 「バス先に乗らせていただきました」



 …なんとwww
 謎の文面www
 3人とも状況が把握できないwww

 マジでかwww
 どうやら、やべっちさん、ワープした模様www

 おっさん達はまだまだバスに乗れそうにないw
 なんとビックリ!

 おっさんとりょうたさんの首脳会談の結果、
 ストラトさんの隣が知らないおっさんになることが決まったw
 ストラトさんごめんよぉ。

 って思ってたら、
 ストラトさん、隣に座ったおばちゃんと、
 めっちゃ仲良くしゃべってるしw
 なにその超絶社交性w

 これ、たぶん、りょうたさんだったとしても
 きっと仲良くなってたパターンやなw

 みんな馴染めすぎw
 おっさん、馴染めなさすぎw
 ショボーン orz


その他
 何だよ、その他ってw
 書くのがめんどくさくなっちゃった系だw

 篠山も雨。
 当たり前に雨。
 ぼたん鍋屋の壁からイノシシが飛び出てて、
 テンションが上がるw
 もちろん、写真はないw

 参加賞の引き換えと荷物預け、
 でっかい広場みたいなところだったんだけど、
 見渡す限りのぬかるみで、
 イノシシで上がったテンションが一気に冷めるw

 更衣室の陣地に移動。
 設営ありがとうございます。
 っていうか、スタートまで時間がありすぎて、
 おっさん手持無沙汰大爆発w

 サブフォー勝負駆けのえーかわさんに
 ちょっかいを出そうかなって思ったけど、
 あまりにピリピリしてるから躊躇するw

 えーかわさん、几帳面に
 ビニール袋に「これはレース前に食べる」
 なんてことを書いてあるのを見つけて、おっさんニヤリw

 「えーかわさん、右足に『左足の次に出す』
  って書いとかなくて大丈夫っすか?」
 って渾身のボケをかますも、
 ピリピリしたえーかわさんには通じずw
 軽くスベるwww

 さぁ、荷物預けに行くべ
 なんつって、ランニングシューズに履き替えようとして、
 前かがみになったら、ポケット入れてたフラスクから
 ジェルがドバドバ漏れて、右足ベトベトでテンション急降下w

 荷物預けに行く途中で、みんなとはぐれて、
 おっさん、リアルぼっちでショボーンw

 荷物預け場所のぬかるみで、
 まだ走ってもないうちから、シューズがぐちゅってなって
 テンション更にダダ下がりw

 スタート地点に行く前に、
 トイレに行っとこうって思ったけど、
 結構並んでるし、ひとりで心細いし、
 今日は雨だし、漏らしてもバレないってことで、並ぶのやめw

 10キロまで給水ないし、
 今日はyurenikui装着して走ろうと思ってたのを直前でやめ。
 なんとなくw
 のどが渇いたら、雨水を飲めばいいって
 わりと真剣に思っていたw

さぁ、よーいドン。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

オレは何と戦ってたんだ?。~篠山マラソン振り返り3~
ども。

篠山マラソンの振り返り。
レース編。

スタート前、ずっと雨は降ってたんだけど、
この時点ではそれほど寒くもなく、
京都よりいけんじゃね?
って思った。

京都よりいけるんなら、あれしかない(メラメラ)
ってことで、サブスリーペースで走ってみることに決定。
(スタート5分前)

アップデートで見てる人が
「キレイなイーブンペース」
って思うのと
「おぉ、サブスリー狙いで攻めてる」
って思うのとを天秤にかけて、
サブスリー狙いと思わせる方がウケるんじゃないか
って思った説もありw

PCの前のみんなをビビらせるためにも、
最初の5キロは何としてもサブスリーペースで走る(キリッ

…でも、10キロからは上りだし、
それに備えて、5キロを過ぎてからは、
ちょっとペース落とそうかな(弱気w
…ほ、ほら、上りに入って急にペースが落ちたら、
PCの前で、
ほらwww
やっぱり平地番長www
って言われるし。

撃沈じゃないし、平地番長でもない。
これは作戦だから。
って、見えない誰かに対して言い訳をしてスタートw
(スタートロス4秒)


それほどジグザグもせず、
イイ感じで捌きながら自然にサブスリーペースに乗る。
今日はもらったw

心肺的なキツさは特になし。
ガーミンがブルっと来る前に、1キロの標識を通過。
マジでかw
スタート地点までの距離もあるし、
普段は1キロ標識の10メートル手前ぐらいでブルっと来るのに。
も、もしかして、篠山って距離が短いのかもwww
ゴールまで、41.5キロぐらいしかないといいなぁ(混乱
もらったw
今日はもらったwww

応援団のストラトさん、ちゃうちゃうさん、THさん、山ちゃん
の前を元気に通過(当たり前w

ここではまだ、
「いけたよ~www」
はないw

そもそも今日は、
ゴールタイムが何時間何分ならいけたのか?(困惑


…と、快進撃もここまで。
早っw

心肺的なキツさはないけれど、
明らかに、いつもよりスピードが出ない感じ。
お尻とか、ハムにそれなりに力を入れて走らないと、
スピードが維持できなくて、まだ2キロ行ってないのに
もう微妙に張ってきたしw

う~ん、このw
短い春だったなぁ(シミジミ

とは言え、最初のアップデートに
サブスリーペースを残さないとダメだから、
お尻とハムに体重を乗せながらがんばる。
無駄に足を使うとも言うw

…オレは、何と戦ってたんだ?w

ていうか、ビニール袋が暑い。
頭の先から上半身、すでに汗でぐっしょり。
そんなに雨も降ってないし、脱ぐか?
って考えたけど、脱ぐのもめんどくさかったから
思いとどまる。

セーフwww
ギリギリセーフwww

ビニール袋脱いで捨ててたら、完走も危うかったわw
っていうか、登録の部。
スタート直前に、カッパを捨てる人めっちゃいたんだけど、
あの人たち、大丈夫だったんだろうか?
恐るべしやわ、登録の部w


前半のフラットなコースにも助けられて
(…実際は、高低図もガーミンも、
 上ってから下って上って下るってことになってたけど、
 おっさんにはフラットw)
サブスリーペースをキープしながら、
5キロの青マットを通過。(21分10秒ぐらい)


っし!
アップデートに、爪あとは残したw
みんなザワザワしやがれwww


でも、今日はこのぐらいにしといたろうwww
…っていうか、もう無理w
このまま、ペース維持したら、
後半、撃沈どころの騒ぎじゃなくなるw

5秒ほどペースを落として、
もうちょっと楽な感じで10キロからの上りに備えよう。

さぁ、仕切り直し。
いくぜwww


って思ってたんだけど、
ゴール後に確認したら、
篠山のアップデート、10キロごとでやんのwww

最初の5キロをサブスリーペースでいったの、まるで無駄www
っていうか、じゃ、あの青いマット何だったんだよ?(混乱

おっさんは、一体、何と戦っていたんでしょうか?www
ま、でもそんな無駄なことをしててでも、
楽勝でヒトケタとれると思ってたんだよなぁ…(遠い目

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スペシャルドリンクを語る。~篠山マラソン振り返り4~
ども。

篠山マラソンの振り返り。
レース編。5キロ地点から。


10キロまでは420で淡々と。
ペースのブレはほとんどなし。
高低図では微妙に下ってるんだけど、これはフラット。
平地番長のオレが言うんだから間違いないw
ちなみにガーミンに記録された高度差だと、
8キロ地点が微妙な上りで、それ以外はフラット。

このままのペースでゴールまで行けたら嬉しいなぁ
って思いながら走るけど、んな甘くないw

5キロまででうすうす気づいてたけど、
やっぱり今日は調子良くない。
思ってるペースより3秒ぐらい遅めな感じ。

それが、雨のせいなのか、
寒さのせいなのか、ただ単に調子が良くなかったのか、
それとも、ただの力不足なのかは…たぶん力不足w

このあたりで、今日のところはサブスリーをあきらめるw
狙ってた訳じゃないけど、
最初の5キロはそのペースで走ったし、一応言っとくw



10キロで最初の給水所。
篠山の給水所は短い。

2杯飲もうと思ったら、相当な勢いでガバッと飲むか、
飲み終わるまでペースを落とさないとダメ。
今回は、雨で寒かったから給水は問題にならなかったけど、
来年以降、もし出るなら、給水について考えないとダメ。

それなりのペースで走ってながら、
紙コップからでも、サッと飲めるテクを身に付けるか、
足りない分の水分を持って走るか。

ま、後者だなw
紙コップからの給水の仕方、
理屈はわかってるけど、いつまで経っても
うまくできないんだよぉおおぉぉwww

ちなみに、スペシャルドリンクは、
給水所より何百メートルか手前にあるから、
取りのがしても、給水所でリカバリできる。

ゼッケン順にテーブルが分かれていて、
登録の部は一番手前だから、ぼんやりしてると行きすぎる。

スペシャルの何十メートルか手前で、
拡声器を持ってるおっちゃんに手を挙げてアピールしたら、
ゼッケンを読み上げてくれて、
スペシャル係の人が手渡しするか、手前に移動して、
取りやすく準備してくれる手筈になっているらしい。
ゼッケンを読み上げてから数秒で、
ボトルを見つけだして、サッと準備して手渡してくれる。


…なんて、うまい話はほとんどないw

なぜなら、速いランナーの場合は、
テーブルに残っているボトルが多すぎて、
んなもん見つけられるか(゚Д゚)ゴルァ!!
状態だし、
サブ3.5以降ぐらいになってくると、
ランナーが多すぎて、捌けるか(゚Д゚)ゴルァ!!
状態になるからw

基本、自分で見つける。
ボランティアさんが見つけてくれたらラッキーぐらいに
思っておかないと、ストレスがマッハw

ちなみに、スペシャルのテーブルのあたりで、
スタッフさんに怒鳴ってるランナーを何人も見た。
怒鳴っても、どうにもなんないのに…。


ってこともあり、おっさんは、
来年以降、また出たとしてもスペシャルは使わない。
…と今のところは思っている。

そのストレスとか、ボトルを探すロスを考えても、
効果が余りあるスペシャルドリンクが発明できたら、
その時考えるw


ちなみに、泉州マラソンの場合は、
登録の部だけがスペシャルを置けるシステムで、
そんなにたくさんのボトルがあるわけじゃないから、
間違いなくスタッフが手渡ししてくれる。
とてもありがたいシステム。

スタッフが手渡してくれるってことは、
デコレーションの必要もないってことだ。
ってことで、
おっさんは、泉州マラソンの場合はスペシャル頼みw


…と、スペシャルを使わなかったおっさんが
なぜか饒舌にスペシャルドリンクを語るの巻w



10キロから本格的にアップダウンが出現。
一個一個はなんてことない、アップダウンなんだけど、
波状攻撃してくるから、もうダメぽ。
ってなってくるw

平地と同じように走ってるつもりで、
そんなキツい訳でもないんだけど、
上って下ったら、ペースの帳尻が合ってこない感じで、
微妙にペースが落ちる(1~2秒程度)。

このままじゃまずいなぁって思っても、
まだがんばるようなところじゃないし、
なす術なく、上りが行き過ぎるのをジッと待つしかない。

ふふふ、待ってろよ。
30キロからは下りだぜwww
が微かな希望w

ハーフ通過が1時間32分ちょうどぐらい。
京都マラソンのときより、10秒ほど遅い。

くせに、余裕度は京都マラソンのが全然あった。
余裕がないわけじゃないし、
上げようと思えば上げられるんだけど、
思ってるような感じでは、身体が動いてない感じ。
足が疲れた感じとかは特になし。
珍しく左の脇腹が痛い。

自己ベストが出るのは、ここで確信。
あとはヒトケタにいけるかってのと、
どこまで伸ばせるのか?ってのをモチベーションにする。
ヒトケタに届かないってなった時点で、
ズルズルいくだろうことは確信したw

…そして、寒い。
何はともあれ、寒い。
とりあえず、寒い。
ただひたすら、寒い。

まだあと、この倍走るのかよぉ
的な絶望感はないけれど、
あと、1時間半近く寒いのかよぉ
って思うとゾッとした。

レポなんて書けないと思ったから、
振り返りってことにして、さらっと終わるつもりだったのに、
まぁまぁ書けてビビるw

つづきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村