プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
一日限定のユニットを結成。
ども。

炎天下での50キロ走明け、
クソ眠いのとハンパなく喉が渇いてる以外、
特にいつもと変わらない普通の朝でしたw
健康体でありがとうございましたwww

でも、走ってる最中も、終盤はコンビニに寄っても、
どの飲み物ももう魅力的に感じないぐらい水分摂りまくったし、
走り終わった後も、異常なぐらい水分摂りまくってるのに、
それでもまだからからに渇いてるってナニコレ?
どんだけ水分出てったんだよwww

ってことで、今日も普通に走れる状態なんだけど、
今日走ったら、みんなからHentaiだの頭おかしいだの
キモイだのあっち行けだの…おっさん、泣くぞwww
ってことになるから、今日は走らない。
と、朝の段階では思っているw(←振りではないw)



おっさんは、始発電車に乗っていた。
…あ、レポ始まったよw

おっさん、酷く後悔、軽く涙目w
まだスタートしてないのに。
何で始発電車になんか乗ってるんだよ…。w
おっさんが向かうのは南草津。
そう、今回の50キロ走の舞台は琵琶湖だ。

丹後に向けたガチの長距離練習ってことで、
本当ならなんちゃらリバーみたいに、ビワレイクなんつって
みんなで…じゃなくて、
たくさんの女ガーとキャッキャ言いながら、
楽しく走りたかったんだけど…。
おっさんの行動力の源は基本的に女ガーだwww

そんな浮かれた気持ちじゃ、丹後の完走なんて。
ってことで、ひっそりと集中して練習に打ち込むことにした。
おっさん、ストイックやわーw
が既に涙目。
ストイック練習なんて楽しくなさそうじゃん
ってことに今気づいたw

ストイックさを追求して、日中の一番暑い時間帯に走りたいよね
ってことで、8時ごろにスタートする計画だ。
8時にスタートしようと思って、
いろいろ逆算したら始発出発だったw
さらに涙目。
誰だよ、琵琶湖で走るなんて言ったの(←自分w)

しかも、おっさん、何を思ったのか、
今日長距離走するって決めてたのに、
前の日に20キロとか走ってるし。しかも泣きながらw
なんかもうすでに足が重い気がするしw
本気で涙目。
昨日に戻って全力でおっさんを止めたいwww


帰ろう。うん。やっぱりもう帰ろう。
おっさん、超涙目。
レポ終了www




ってならないところが、おっさんのいいところw

とりあえず、南草津までたどり着けば、
何か面白いことが待ってそうな気がする。
温室育ちでもやしっ子なおっさんの
野生の勘がそんなことを訴える。
そんなものは正直、あてにならんwww


…走り出すまでが長いわw
引っ張らずに、とっとといきましょうw
南草津に到着www

学生街なのに早朝の駅は閑散。
空を見上げると、暑くなりそうな雰囲気。
おっさん、ガチ練習とか向いてないね。
ひとりでこっそりとガチ練習なんてできるかよ。
一体誰だよ、
こんなとこからスタートしようなんて言ったの(←だから自分w)

現地でも涙目。クソ涙目w

帰ろう。うん。やっぱりもう帰ろう。
今日はチビ助とプールに行こう。

レポ終了www



と思って帰ろうとしたら、目の前に何やら見覚えのある姿が。

ん?あれ?
なんと、改札の外にランニングウェアに身を包んだ
たーはるパパさん似の北朝鮮の謎の料理人がいるw


…こんな偶然ある?www

「…テレンス・リーさんですか?」(←変わってるw)

「いえ、たーはるパパです」

「え?」

「え?」



…だからサクッと前に進めましょうwww


どうやら、名古屋のおっさん、
ブログで宣言してた長距離走の舞台に琵琶湖を選んだらしい。

…こんな偶然ある?www


そういうことなら一緒に走りますか。
ってことで、急遽一緒に丹後ガチ練することに大決定。

さて、じゃ走りに行きますか。
ってところで、またしても見覚えのあるおっさんが改札を出てくる。

今度は誰だよ?

京都のキモいおっさんでしたw


京都のキモいおっさんも、ブログで長距離走を宣言していて、
選んだ舞台が琵琶湖www

マジでかwww
こんな偶然ある?www


ナニコレ、おっさんの行動筒抜けか?
(((( ;゚Д゚)))


いや、おっさんが誘ったような、いや、誘われたような、
いや、偶然のような…そんな気がしないでもないこともない。

ともかく、せっかく3人揃ったので、
一日限定のユニット「丹後3兄弟」を結成して
3人で南琵琶湖一周の丹後ガチ練習にスタート。

わかりやすいように
丹後レッド:大阪
丹後パープル:名古屋
丹後ブラック:京都
ってことにしておこう。

余計わかりにくいわwww


ちなみに明日からは「丹後ひとりっ子」になったり、
「丹後子沢山」になったり、
状況に応じてユニット名は変わるwww


丹後3兄弟
とりあえず、集合写真。
(左からレッド、パープル、ブラック)

おっさんの格好と装備
キャップ
サングラス(Qちゃんの)
ネッククーラー(クルクル回る)
ファイントラック(ノースリ)
アンダーアーマーのヒートギア(本番ではぐわぁ(゚Д゚)T)
アームポーチ(スマホ入れ)
エプソン
YURENIKUI
スパイベルト
短パン
タビオの5本指靴下
ターサージールスリム(インソール付き)

YURENIKUIの中身
凍ったアクエリ
ハニー(ゴールド2個、ジンセン2個)
塩熱サプリ(いっぱい)
ティッシュ

スパイベルトの中身
薬類(ロキソニンいっぱい、絆創膏、トメダイン)
小銭入れ
お札(ジッパー付きのビニールに入れて)

日焼け止めは塗ったけど、
ボルダーとワセリンは塗るの忘れたw


…前置き長くなったけど、
とりあえずスタートだwww


丹後3兄弟足
いつもの靴の写真もあるよ。


今日の記事には一部フィクションがあるかもしれませんw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
恐ろしや湖東。
ども。

駅前のコンビニでそれぞれに準備を済ませてから、
いよいよ丹後3兄弟が灼熱の琵琶湖に向けて走り出す。

なんちゃらリバーのような楽しげな企画だと、
可憐な女ガーたちにモテないとダメだから、
通るルートはとか、トイレの場所はとか、
休憩場所はとか、コンビニはとか、
万が一、途中離脱する場合はどうする?なんつって、
事前に入念な下調べが必要だけど、

今回の琵琶湖50Kはおっさんが3人。
下調べもくそもなく、基本的には行き当たりばったりだwww
感覚的には、道沿いに走ってればぐるっと回ってくるだろう
ぐらいの適当さw
まぁ、おっさんがおっさんのためにする段取りなんて
こんなもんだwww

とはいえ、ペースも何もなしで走るのもちょっと
ってことで、休憩込みでキロ7前後のペースを目指して走る。
一応、50キロを6時間ぐらいで走りたいなぁって思いで。

ま、すぐにどんどん下方修正されていくんだけどwww

休憩とか補給とかも、いうても日本だし、
コンビニぐらいその辺にあるだろう
なんつって走り出した訳だけど…。


とりあえずは何と言っても琵琶湖岸を目指す。
南草津って、琵琶湖まで微妙に遠いんだよね。
どこをどう曲がったら琵琶湖かなんて、
細かいことは調べてないから、野生の勘で琵琶湖を目指すw

暑いったって、まだ朝8時。
気温的にも体力的にもみんなまだまだ余裕。
おしゃべりをしながら足取り軽くキロ7ペースで琵琶湖に向かう。
とはいえ、会話の中にちょいちょい「暑いっすね」が登場w

いくらガチ練習とはいえ、
やっぱ夏の真昼間に50キロはあかんのちゃうか?
ってみんな思ったことだろうwww

それが証拠に、2~3キロぐらいで既にたーはるパパさんの口から
クソでかい溜息が漏れたことをおっさんは聞き逃さなかったwww

大後悔www
おっさんたち涙目w
でも言い出せないwww

矢橋帰帆島を経由して琵琶湖岸に到着。
釣りの人、キャンプの人、マリンスポーツの人
みんな楽しそうやなぁ。
それに比べておっさん達は…。
誰だよ…(略)←はい、自分w

琵琶湖岸に着くと、まずは琵琶湖大橋をめざして、
ひたすらに湖岸道路を走る。
湖南から湖東の湖岸道路は、見事なまでに影がないw
さらに湖岸って風もないのなw

暑いwクソ暑いwww
サングラスの奥でおっさん涙目w
みんなにはバレないように涙目www

さらに湖岸道路、ロードバイクもたくさん走ってるから、
おっさん3人は隅っこで1列になって走らなきゃならない。
この時点で、おっさん達の会話もほとんどなくなるwww

スタートしてまだ40分ぐらいなのに、
おっさん達、会話もなく無口で黙々と走るwww
やめたい、帰りたいwww


レポ終了www


ここから、しばらくは「暑いっすね」ぐらいの言葉がときどき
飛び交うぐらいで、基本無口でただただ暑い中を走るだけの展開w

思ってた練習とちがーーーーーうwww
想像の段階では、もっとこう、楽しそうやったはずやwww

太陽は絶好調におっさん達を焦がして、
まだ10キロも走ってないのに、おっさん達はドロドロw

全員が涙目w
無口なうえに涙目w


と、そんな重苦しい雰囲気を打ち破るかのように、
たーはるパパさんの一言。
「コーラ休憩いいっすか?(゚∀゚)」

ええこと言った。
あぁ、休みましょう。
是非休みましょう。
ってことで、次に見つけた自販機かコンビニで休憩することに決定。

琵琶湖の東側は恐ろしい。
矢橋帰帆島からここまで、7~8キロは走ってるはずだけど、
コンビニはおろか、自販機の1台すら見かけていないwww
ナニコレwww

恐ろしや湖東。
(((( ;゚Д゚)))

今までは気づかないフリできたけど、
休憩しようと思ったら、我慢ができないw

「あそこの建物の中に自販機ないっすかね?」
って訴えてみるものの、
おっさんが、たーはるパパさんを気づかって
自販機を探そうとしているように思われたらしく。

「あ、いや、道路沿いにあったらでいいっすよ」
なんて、余裕をかまされるw
違うねーーーーんwww


自販機かコンビニ見つけて休もうぜ、堂々と休もうぜ。
おっさんの心の叫びもむなしく、何も見つからないwww
ナニコレwww
ほんとに何だよこれは(゚Д゚)ゴルァ!!

挙句の果てには、コカコーラの配送トラックが
おっさん達の横を通り過ぎていく始末。
そういうことでなくって…w

おっさん達がそろそろ限界に差し掛かった時に、
ようやくローソンの看板が目に入った。
キタコレ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

休める。あそこで休める。
おっさん、こころなしかペースを上げて走るも、
コンビニが見えてからのたーはるパパさんは、
サブ3.5のおっさんがぶっちぎられるほど速かったwww
底力www


初めてコンビニを見かけるまで、約14キロ。
恐ろしや湖東。

おっさん達、ここまでは7分を切るペースで順調に。
が、まだまだ先は長い。

続きます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村