プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
オールナイトダジャレ山手線一周ジョグのレポその1。
ども。

金曜日、今夜は徹夜で山手線一周の日だ。
奥さんにだって、
「今日の出張は泊まりだから」
って伝えてあるw
おっさん、ウソは言ってないw
ただ、不必要なそして不都合なことは言ってないだけだからw

おっさんは、もうとっくにおっさんだから、
ただ朝まで起きとくだけでも、できるかどうかわからないのに、
それに加えて走り通すとか…。

本当に起きてられるのか、不安で不安で仕方がなくて、
出発ギリギリまで寝ていたいからって、
前の日の晩に、きっちりと用意を済ませてしまったぜw
今までのどんなレースのときだって、
出発の朝に何かしらやり残しがあったのにw
自分でもびっくりしたぜw


そして、おっさんは始発電車に乗り込んだ。
…始発かよw

東京での会議は昼からにできたのに、
よりによって、どうしてもこの日の朝にやっつけとかないと
ダメな用事ができてしまったのだ(白目

ま、まぁいい。
行きの新幹線の中で寝られるし、
会議を早く終わらせられたら、
集合時間まではどっかで寝てることができるはずだ。


とりあえずは、大阪での用事をできる限り体力を使わない
ギリギリ最小限の活動で何とかやり過ごして新幹線に乗り込む。
ここまで思い通りw

さぁ、こっからは寝て起きたら東京だw
おっさんのライフは100に回復した状態で、
東京での活動がスタートできるぜwww

もうね、指定席に座った瞬間に
座席をリクライニングして寝る体制に入るw
どうやら、おっさんの前の席はご夫婦みたいだったけど、
ちょっとぐらいの会話の声は気にならないぜw
551の蓬莱の豚まんをお土産に持ったりなんかして、
きっとこのご夫婦は東京の人なんだろうな…。

ってことを想像するかどうかのうちに、
おっさんは眠りに落ちて、気づいたら品川…



のはずだったんだけどなぁw
おっさんの前のご夫婦、よりにもよって、
551の豚まんを食べ始めるんだもんなぁ(白目

これはあかんw
テロかよw

箱に入った状態でだって、
間違いなく車両の中に豚まんを持ってる人がいる
ってことに気づくぐらいなのにw
箱から出して、さらに割ってから食べるとかwww


何してくれちゃってるねん(困惑w

あかんw
大阪の人は誰でも知ってるけれど、
電車の中で豚まんはあかんねんw
電車の中での豚まんとマクドのポテトは、絶対にあかんねんw


豚まん臭の震源地に一番近い席で
ぐっすりと寝てられる強心臓は持ってないよねw
そんな人、なかなかいないよねw

おっさん、ライフ満タンで東京に降臨するはずが、
一駅ごとに順調にライフ減っていきますよねw

東京駅に着くころには、
起きてから6時間以上活動してるから、
感覚的にはライフ半分ぐらいになっちゃってますよねw


これは何とかして、会議を早く終わらせなければ。
エライさんたちに、横槍を入れさせる隙を与えずに、
最短距離で会議を終わらせて、集合時間が来るまで、
ちょっとでも長い時間、漫喫で寝ておかなければ…。


今まで一番気合いの入った会議だったよねw
もうね、鬼気迫るっての?w

他者の横槍を許さない、揺るぎない「ありません!」
信念を持って「ありません!」つったら、
滅多なことでは、それ以上は追及してこない
ってことがわかりましたw

過去最短、夕方前には会議が終わったw
いよーーーっしw

今すぐに池袋に移動したら、
ご飯を食べたとしても、4時間ぐらいは寝れるんじゃね?
4時間寝られたら、いくらおっさんで回復速度遅いからって、
だいぶライフ回復するでしょうよw

会心の結果にほくそ笑みながら、
会社を後にしようとしたら、
「せっかく早く終わったし、飲みに行こうか。
 帰りの新幹線までまだまだ時間あるでしょ?」
って言われてしまいましたよw

ちょ、ちがw
そういうつもりじゃねーw
でもさすがに、
「これから徹夜で山手線を一周するつもりです」
とは言えねーw


困惑するおっさんの横で、
エライさん自ら予約の電話をかけていましたよw

さすがエライさん、決断と行動が早いなぁ(白目w


こうして、カーボローディングとか
体力温存とかうまくすれば体力回復とか、
そんなこととは一番遠い、宴会が始まってしまいましたw

も、もう、ダメだwww

つづくw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/1337-b38e6402
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)