プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
教育実習の先生が来た話。
ども。

二学期に入ってすぐ、
チビ助が興奮気味におっさんに話してくれた。

「お父さん、聞いて!
 今日、ボクの小学校に大学生の先生が来たねんで!」


小学校に教育実習の先生が来たらしいw
おっさんが小学校のときにも、
教育実習の先生が来たような記憶がある。
だけど、小学校の六年間で、
おっさんのクラスに教育実習の先生が来たことはなくて、
教育実習の先生が来たクラスがとてもうらやましかった。

チビ助はおっさんと同じような悔しい思いをしてないか?
ちょっと心配になって聞いてみた。
「チビ助のクラスに大学生の先生は来た?」

チビ助は嬉しそうに答えた。
「うん。三人来たで」


いやいやいやw
そういうことじゃないねんw
ただ挨拶に来ただけとか、そういうことは聞いてないねんw
めんどくせーな、この野郎w


一年生と話をするときは、
もっとこうわかりやすく説明しないとあかんてことねw

「チビ助、違うねん。
 そうじゃなくて、チビ助のクラスにずっといて、
 教室の後ろでずっと授業を見てる先生はいるの?」

ふふふw
これだけ説明したら、さすがにわかるだろう。
…わかれコラw


チビ助は、あーなるほどね
ってな顔をしてこう言った。

「だから、お父さんボクの話聞いてる?
 三人って言ってるやろ!」


…なるほどねの顔じゃなかった模様w

つーか、チビ助おめーすげーなw
教育実習生を三人も引き当てるって、運良すぎじゃね?w
楽しそうすぎて、チビ助がとてもうらやましかったw

でも、そんなこともあるんやな。
教育実習の先生なんて、不公平にならないように、
ある特定のクラスに偏らないように、
バラバラに配置されるはずなのに。

授業の進み具合ってことからすると、
とても不利で不公平な気がしないでもないけれど、
まぁまだ一年生だし、
チビ助が学校に行くのがとても楽しいみたいだから、
おっさんはそんなことは気にしないぜwww

「チビ助よかったなw
 チビ助のクラスだけ大学生の先生たくさん来て」

おっさんが小学校のときに
大学生の先生に教えてもらえなかったことへの
負け惜しみじゃないw

本心でそう思ってるんだぜw


するとチビ助、
おっさんの妬み心を察してか、
半ギレで
「お父さん、何言ってんの!」
って言いやがったw
このチビ、そういうとこには敏感なんだよな…。


「ボクのクラスだけじゃないに決まってるやろ!」

…全然敏感じゃありませんでしたw
親バカ、親バカwww


え、でも、ひとクラスに三人も教育実習生が来てるのに、
チビ助のクラスだけじゃないってどういうことだ?
一体、何人の教育実習生が来てるってこと?

各学年に三人ずつぐらい来てるのか?
ないなw
それは多すぎだw

別の学年の当番のクラスに
また三人ぐらいが来てて、六人ぐらいってところかな?
と予想を立ててから、チビ助に聞いてみた。

「チビ助の学校に、大学生の先生何人来たの?」


チビ助は、うーんってしばらく考えてから


「60人ぐらい?」
って言いやがったw


教育実習生、多すぎwww
ワロタwww


チビ助のクラスだけじゃなくって、
各クラス三人ずつぐらい、大体公平に割り振られていた模様w

た、楽しそうやなー(白目w

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/1458-3adf6f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)