プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
【東京マラソン】青っぽい集団【レポ12】。
ども。

8キロ地点。
東京にまるっきり土地勘のないおっさんは、
スタートしてからずっと自分が今どこを走っているのか
まったくわからず、たまに駅の近くを通って駅名が見えたりしても
やっぱりそれがどこなのかピンとはこなくって、
ただただ道路の上を走っているだけだったけど、
この8キロ地点だけは特別だ。

8キロ地点、神保町。
駿河台下交差点ヴィクトリア。

スタートしてから、ずっとここを目指して走ってきた。


まぁなんだ。
神保町って言われても、やっぱどこだかわからないんだけどw
今あの場所にもう一回行ってみろって言われても、
たまさんに連れてってもらわなきゃ行けないけれどw

それでも、8キロ地点のあの場所は
あの日の序盤のクライマックスで、おっさんの心に残る
とても特別な場所だった。

おっさんはここを通るときのために、
スタートしてからずっと道路の左端を走り続けてきたw

7キロの距離標識を過ぎてからは、
ずーーーっと左の沿道を凝視しながら走ってきたw

と、遠くに見えた青い幟w
幟の周辺にいる、何となく青い集団w

キタコレ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


おっさんは何となく嬉しくなって、
パッと左手を挙げて、手を振ってみる。

幟の下の集団がなんとなくザワザワして、
身を乗り出してきているのが遠目にもわかるw

間違いないw

キタコレ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


おっさんはさらに道路の左端に進路をとって、
沿道のギリギリを走るw


青っぽい集団のところから、
やたらたくさんの手が差し出されてるのが見えるw

なんだあれwww


あの手に触れられる、さらにギリギリの際際まで
沿道寄りに進路をとって、あの青っぽい集団に近づいて行く。


心臓のドキドキがハンパないw

今まで沿道から聞こえてきた
「イチゴさーん、がんばれーっ!」
とか
「スーパーウーマン、行けーーーっ!」
ってのとは違って、ここの声援は間違いなく
おっさんに向けられた、おっさんのためだけのものだwww


沿道から差し出されたたくさんの手に
おっさんも左手を伸ばしてハイタッチしながら、
青っぽい集団の中を通過w

キタコレ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


ただの3万6千分の1でしかない、
その辺のおっさんが走ってるだけなのに、
この青っぽい集団の盛り上がりは何だ?w


気持ち良すぎるじゃないかw
まるでおっさんが主役になったみたいじゃないかwww

沿道から見える掌に、
おっさんの左の掌を当てながら
「ありがとう!!!」
とか
「うぉぉぉぉ!!!」
とか自分でも何を言ってるのかわからない
言葉を発しながら走り抜けていく。


なんだか、ペースを落とさずに通り過ぎていくのが
もったいないけれど、おっさんはその青っぽい集団を
通り抜け…られないw

長いw
青っぽい集団、おっさんの予想よりとても長いw
一瞬で通り抜けられるのかと思ったら、
予想外に手の数が多くていつまで経っても、
ずっとハイタッチしたままだったw


楽しすぎるwww

東京マラソン、楽しすぎるwww


おっさんは、マラソン人生最高潮の楽しさの中で、



でもここからあと34キロもあるんだよなw

最高潮からの34キロは長すぎるwww
って軽く絶望したw


もうこっから先は、ずっと薄目で走ることにしよう(白目w


つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/1635-f2b295d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)