プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
その後の話(その3・中編)。
ども。

昨日の話のその後の話。

でもって、水曜日の朝。
「あー、チビ助がいないから朝の準備がスイスイ捗るわぁwww」
つって、いつもより早く家を出て仕事場に向かう。
何故か奥さんは不思議そうな顔をしていたけど、
まぁ気にせずとっとと仕事場に向かう。


…あっ!
別に早く準備ができたからって、
早く仕事場に向かわなくても、家でのんびりしてたら良かったのか。
だから、不思議そうな顔してたのか。

おっさん、仕事大好きだからなー(白目w
決して、チビ助のいない家では
全然のんびりできねーよって意味じゃないからなw


電車に乗っていたら、
見知らぬ番号から電話がかかってきて、
最近たまにかかってくる詐欺電話かと思って
もう一台の携帯で番号を検索してみたら、
どうやら詐欺グループの番号ではないっぽかったけど、
電車の中だし、知らない番号だし、
電車降りてまで出ることもないんじゃね?
って判断で放置しておいたんだけど、
3駅ぐらいずっと携帯が震え続けていてワロタw

こえーよw
おっさんとしゃべりたいって熱意の表れか知らんけど、
怖くて逆に出れねーよw

しばらくしたら、諦めて切ってくれたけど、
間髪を入れずにもう一回かかってきて、
携帯じゃなくおっさんの方が震えたw

気づいてなかったんじゃないからw
気づきすぎてたから出なかったんだからw

満員電車の中でヴーッ、ヴーッって震えている携帯を
ずっと手に持ち続けているのも、
「うるせーな」
って思われたり、
「電車降りてとっとと出ろよ」
って思われたりしそうで嫌だなぁって思って、
鞄の中にしまったんだけど、
そうしたら鞄の中で水筒と干渉して、
一段とヴーッヴ―ッが増幅して、
朝っぱらから一体何の嫌がらせだよw
って思いましたよねw


ヴーッヴーッ攻撃もようやく落ち着いたと思ったら、
今度はLINEのメッセージが飛んできて、
何ごとかと思ったら奥さんからで、
もしやさっきの電話は奥さんからだったか
って思って慌ててメッセージを見てみたら
『チビ助がボクのゼルダちゃんとやってくれてるか
 お父さんに電話してたしかめるって言ってますよ』
って要件だったw

チビ助かよw
お父さんに用事があるんじゃなくて、
結局はゼルダかよw

やっぱりお父さんの扱いが低いw

っていうか、
おじいちゃんちに泊まりに行って、
朝起きてすぐにお父さんの携帯の番号を調べて
固定電話からわざわざ電話をかけてくるって
どれだけゼルダに夢中なんだよって話だぜw

おっさんたちが課金してる習い事にも
それぐらいの情熱を傾けてはいただけませんかね?(白目w

親の心子知らずだぜ。


んなことよりも、
大の大人が、平日の朝っぱら仕事に行く前に
ゼルダをやってる暇なんかあると思うなよw
しかも自分のじゃなくて、チビ助のじゃねーかw
バカにすんな(゚Д゚)ゴルァ!!


ま、やったんだけどねーw
チビ助が喜ぶと思ったら、ついねw

奥さんは完全に呆れていましたけどね。
「この親にしてこの子ありだわ」
って吐き捨てていましたよw


…その通りw

おっさんが電話に出なかったもんだから、
チビ助はもう一回奥さんに電話をかけて、
「お父さん、全然電話にでーへんわ。
 使えへんわぁ」
って言ってたそうですw

親の心子知らずにもほどがあるw
っていうか、どう考えてもお父さんの扱いが低すぎるw

その日の夜、
チビ助が寝る前に電話がありまして
「明日の朝もまた電話するから、
 絶対出てよ、よろしく~♪」
ってとても軽いノリで言うだけ言って、
おっさんの返事も聞かずに一方的に切りましたよね(白目w


いや、だから電車の中では出れないんだってば…w

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/1654-5347d0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)