FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
地震が起きた日の話(その1)。
ども。

やっぱり昨日のことは、書いておこうと思うのだ。


昨日は月に何度かある始発で仕事場に行く日で、
朝イチからの仕事がひと段落したところでグラッときた。

『あー、揺れてるなぁ』
って思った次の瞬間に、
ガガガガッ!!!
ってめっちゃ縦に揺れて、これはヤバい奴だって気が付いて
生まれて初めて机の下に避難したw

後々ビビりって言われても、無傷でいることの方が大切だw


で、きっと揺れてる時間はそんなに長くはなかったはずだけど、
机の下で揺れが収まるのを待ってる間、
『あーあ、もしかしたら死んだかも』
ってわりと真剣に思ったw

そのぐらい尋常じゃなく揺れたし、
何より揺れてるときのドカドカいう音が
とてつもなくヤバい雰囲気を醸し出してたし、
ただでさえヤバげに揺れてるのに、おっさんがいるビルって
めっちゃ古いから、その揺れに耐えられる信頼感ないしw
そんなヤバい状況なのに、できることっていったら
机の下に隠れることだけって何ともなんねぇなぁ…(白目
って絶望したw

いや、大袈裟でなく絶望的なのだ。
今ビルの6階だから、いくらヤバくたって
すぐにビルの外に逃げることもできやしなくって
ただただ揺れが収まるのを待つしかないし、
ビルがポキッてなる前に揺れが収まらなきゃ終わるんだぜ(絶望

『もしかしたら死んだな』
って考えながら、本当に今死んだとしたら
『もしかしたら死んだな』って思いながら死ぬのかぁ
何かあっけないなぁって思ったw

えらいことになったなぁ…
って思っている間に揺れが収まって、
それからスマホの緊急地震速報がピロピロ鳴ったw

おせーよw

っていうか、ホッとしてからのその音にビクッてなったわw


とりあえず大丈夫そうかな?
って机の下から顔をひょいって出したら、
おっさん以外で早番で仕事に来てた二人の顔も
机の下からひょいって出てきたw

「とりあえず、ビルの外に出ましょうか」
って言って、三人で部屋から出たんだけど、
何でかおっさんは、手に飲みかけのピルクルを持ってて
自分でも意味がわからなかったw

もう怖いし、そのまま帰るつもりだったのかな?w

部屋を出てから、
あぁ、避難路を確保するためにドアを開けておくの忘れてたよ…
ってことを思い出して、やっぱ咄嗟には何もできないなぁ
って痛感した。

部屋を出たところで、
向かいの部屋から女の人がちょうど出てきて、
おっさんにしては珍しく、知らない人に自然に
「大丈夫ですか?」
って話しかけることができて、その上
「一緒に下まで行きましょう。みんなで動いた方が安心でしょ?」
ってことまで言えたことに驚いたw

非常時って何か変なパワーが出るねw
だからって、1階まで降りてる間にそれ以上の話題が
何も出てこないところがおっさんの限界w

廊下に置いてある消火器が全部倒れていたのと、
防火扉が全部しまってたのと、
階段の所々で壁が崩れて、白い塊が落ちてたのが
とても印象に残っている。

上のフロアからも避難して降りてくる人が何人かいて、
でも逆に出社のために階段を上ってくる人もそれなりにいて、
何とも言えない気持ちになったw

大丈夫かなぁ?とは思っても、
おっさんたちとは何の関係もない会社の人だから、
何にも言えないんだよねぇ…。


おっさんたちは慌てずに、でも急いで中庭に避難した。
中庭に降り立ったときのホッとした感ったら…w

中庭で、別のフロアにいるお客さんと会って、
お客さんのフロアでは、天井のパネルが落下してきて
だいぶ危なかったってこととか、
すぐそこの御堂筋線の駅では、
揺れのせいでホームでこけた人が何人もいたこととか、
電車が止まって全員車内から出されたってこととか、
津波の心配はなさそうだってニュースで言ってるらしいこととか、
そういう身の回りの状況を知った。

そういえば津波か。
揺れてビルが崩れたりするのが怖くって
ビルから出ることばっかり考えてたけど、
津波が来るんなら揺れてても高いところにいなきゃだし、
どうするのが正解なのか、とても判断が難しいなって思った。


ひとまず自分の安全が確保できたところで、
スマホを確認したら、奥さんからのメッセージが届いていた。


つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2100-4298a26e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)