FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
地震のときのお礼に行った話。
ども。

週末の話をする。

まずは、先々週の週末の話だw
おっさんたちは地震のときにチビ助を連れて帰ってくれた
親切な人にお礼に行った。

そういうことってできるだけ早い方がいいに決まってるから、
地震のあった週末に行こうと思って準備をしてたんだけど、
『じゃぁ行くか』
ってなった時に、奥さんが
「ちょっと待って、ほんなら電話するから」
って言い出して出直すことになったw

アポなしで突撃するつもりやったんか…(白目

奥さんの中では、『今から行きます』がアポになる
と思っていたみたいだったけど、とにかく出直しだw
奥さんは出直すことに納得してなかったけど、
「『今から行くわ』って友達でも嫌やろ」
ってのが決め手になって、最終的には出直すことになった。

とは言いつつも、おっさん達には
『今から行くわ』どころか友達がいないw
おぉ…。


翌週、今度は失礼のないように
前もって向こうの都合のいい日と時間を確認してから
お伺いする段取りをつけた。

おっさんちの隣駅に住んでるらしいので、
ふんわりと場所は想像できるけど、
細かい場所まではわからなかったから、
地震の時にもらっていた名刺の住所を頼りに
カーナビ任せで行くことにした。

おっさんがしってる大通りから、
ガンガン生活道路に入って行かされたら、
対向車が来ても絶対にすれ違えないような細い道になって、
それでなくても気を遣うのに、運転席からは見えないところに
びっちりといけず石が置いてあるような道でゲンナリしたw

迷い込んできた車を絶対に無傷では帰さないって
強い強い意志を感じる(白目

引き返すに引き返せないし、
そろりそろりと慎重に突き進んで行ったら、
最終的に一方通行を突っ込めとか案内し出したとこで
自力でたどり着くのを諦めたw

ギリギリ車を停めておける場所まで行って、
近くまで来てるからってSOSを出して
車のところまで来てもらったw

お礼に来たはずが、
またしても救助してもらう羽目になるとは本当に申し訳ない。

しばらく待っていると、
「あー、家まで来るの無理だったでしょw」
って言いながら、チビ助を助けてくれた親切な人が現れたw

わかっとったんかーいw


おっさんと、奥さんと、チビ助の3人で
「この度はチビ助がお世話になって助かりました」
ってお礼を言って帰ろうとしたんだけど、
「せっかくだから、家まで来てお茶だけでも」
とか言って譲ってくれない。

それでも
「お礼に来たのに、これ以上お世話になるのは…」
って帰ろうとしたら、
「実はこれから庭で流しそうめんしようと思って
 準備してたんですよね」
とか突拍子もないことを言い出したw

そんな、流しそうめんとかいうパワーワードが出てきたら、
チビ助が食いつかない訳がないやんw

つーか、オレも見たいわw

ってなって、見るだけってことでお邪魔させてもらったw


てっきり、電動の流しそうめんマシンみたいのが
設置してあるんだと思っていたら、
長さ5メートルぐらいの青竹を半分に割ったのが、
階段上になった台座に設置してある奴でワロタw

流しそうめんにかける情熱がすごいw

「せっかくだから食べて行ってください」
って言葉に心が揺らいだけど、
何とか踏みとどまって、チビ助だけお世話になったw


人生で一度っきりの流しそうめんのチャンスだったかも…。

そうめん好きで有名なチビ助は、
親切な人んちのお兄ちゃんたちを差し置いて
最前列に陣取って、流れてくるそうめんを後ろに漏らさず
すくい取っては口の中いっぱいにして食べていたw

お礼に来たくせに漫喫しすぎやろw

しこたま食べて、おなかが一杯になったところで、
「ボクもうおなか一杯になったし帰ろ」
ってチビ助の号令でおっさんたちは撤収したw


チビ助が流しそうめんに夢中になっている間に
地震の日のことをいろいろ話したところ、
チビ助の学校にまで無事の連絡をしてくれていた
ってことが判明した。

本当に何から何までお世話になりっぱなしで
申し訳なさすぎる。

いろいろ大変な世の中だけど、
まだいい人はいるw


そしてチビ助の野郎は、
「次、流しそうめんいつ行こうかなぁ…」
って次の機会を楽しみにしているw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2120-4c898dfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)