FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
死後の世界(その2)。
ども。

『死後の世界』のつづき。
まぁぼちぼちと書いていきますよw


今年が始まってすぐのころ、
仕事が終わって『あぁ帰ったらペース走かぁ(白目』
って思いながら電車に乗ってたらケータイが震えた。

電車の中だから出る訳にいかないし、
誰からの電話かだけを確認したら、おかんからだった。
『電車の中だから出れねーよ』
って思ってそのまま放置してたんだけど、
ケータイは次の駅に着くまでずーーーっと震え続けていたw

おかんって諦めずに出るまでずっと鳴らし続けるよなw


で、急ぎの用事かと思って、
次の駅のホームに降りたら電話切れるのなw

…腹立つわぁw


このまま電車に戻っても、
電車が動き出したらまたかかってきそうな気がして、
こっちからおかんに電話をかけてみたら

「何?どうしたん?」

って出やがりましたw

知らねーよw
オレはどうもしねーよw

なんやねん、おかん。
めんどくさいわーw

何か急ぎの用事だったんじゃないのか?
って聞いてみたら

「そうや、お前のおじさん亡くなったで」
ってことだった。


この電話が、おっちゃんの長い『死後の世界』の始まりだった。

おぉ、何かドラマみたいな始まりだw


えぇー!
こないだまで
「富士山に登りたいから鍛えてるねん」
とかで、毎日歩いてるだか、走ってるだか言って
めっちゃ健康そうやったのに?
えぇー!

とても驚いたけど、なんでも突然死だったみたいで、
おかんとオヤジはこれから警察に行くだかでバタバタするから、
これからどうしたらいいのかインターネットで調べておいてほしい
ってことだったw

どうしたらいいのかって、
えらいざっくりしすぎやろw

何でもかんでも『インターネット』
って言えばいいと思いやがって(白目

「お母さん、こんなんやったことないからわからんし」
って言ってたけど、オレだって葬式出したことないことぐらい
おかんも知ってるだろw

まぁでも、きっと急いでやらないといけないこともあるし、
今それができるのはおっさんだけだから、
家に帰ってこれからの手続きを調べてから実家に行く
ってことにした。


くぅぅ、ペース走ができない…。
くっそーw


で、家に帰って奥さんにおっちゃんが死んだらしい
ってことを伝えてから、
まず、おっちゃんが住んでた市のホームページで、
人が死んだときの手続きを調べた。


と、まずは、市役所に連絡すればいいってことがわかった。
死んだときの連絡は24時間受け付けで、
市役所が閉まってる時間には守衛のおっちゃんが受け付けてくれて
次の日、市役所が開いてから受け付けした順番に
折り返しの連絡があるんだそうだ。

で、市営の斎場ってのがあって
希望すればそれを使うことができること、
市の指定の葬儀屋さんってのがあって、
その中からどれかを選んだらいいっぽいことがわかった。

自分で探してきてってなったら、
口コミだとかで怪しくないか、ちゃんとしてるか
いろいろ調べなきゃいけないけど、
市の指定業者なら、ぼったくられたりする
ってこともないだろうから安心だw

ナイス、市w


それで、調べたことをプリントアウトしたり、
メモしたりしてから、実家に行って両親に説明したんだけど
結局は「あんたがやって」の一言で、
これから先のおっさんち一族の葬式担当が
おっさんに決まってしまったw

今それを引き受けるってことは、
この先のおばあさんとか、両親のときも
おっさんが段取りをするってことだ。
…重いなぁw


つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2208-86a7d707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)