FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
【大阪マラソン】ここまでが夢のパターンの奴【レポ3】。
ども。

いっちゃんと合流したら、一気にみんながやってきたw
いつまで待たせやがるんだこのすっとこどっこいどもって感じだw

あまりに一気にやって来すぎて、
面識のある人以外は誰が誰かもよくわからず、
ブログ村の人なのか、アメブロの人なのか、
それともただここに紛れ込んできてしまっただけの人なのか
まるっきり手がかりがなかったから、
ひたすら知った顔と挨拶をして安心感に包まれていたw

そんな中、誰かに紹介されてmisaoさんと
はじめましての挨拶をしたんだけど、
おっさんの中の最新のmisaoページをめくったら
『眉ペンを忘れた』ってのが出てきたから、
「眉毛大丈夫ですか?」
って聞いたんだけど、何とも微妙な顔で
「あ、はい大丈夫です」
って答えてくれたw

その後、misaoさんの存在に気がついたトガーさんが
挨拶がてらに
「眉毛大丈夫?」
って言ってるのを隣で聞いて、
これはおっさん、最悪な第一印象を残してしまったな
って猛烈に反省した(白目

いや、ほら、『ちゃんとツイッターも見てますよ』
ぐらいの挨拶のつもりだったんだぜw
それがまさか…ねw


そうこうしてるうちにトガーさんから
「あやたさん、じゃぁ荷物預けてきます」
って声をかけられて、
『何だよ、オレも一緒に連れてってくれないのかよ』
って腹の中で思いながら
「あ、私も行くからちょっと待ってください」
って言って一緒に荷物を預けに行った。

おっさん以外はみんな
1号車~4号車までの結構前のトラックで、
「じゃあこの辺で待ってます」
ってのを頼りに、おっさん一人だけズンズンと
奥のトラックを目指して歩いて行ったんだけど、
何故かトラックの列は5号車で途切れていて、
でもおっさんはそこから先を目指して
さらにズンズンと進んで行ったんだけど、
行けども行けども6号車の姿は見えなかったw

いやいやいや、1号車から順番に5号車まで来たんだから、
その先に進んでいけば普通は6号車があるでしょ?

って思ってはいたけれど、
もちろんそんなことを確認した訳ではないし、
え?もしかして引き返した方がいいんじゃない?
あれ?っていうか、これもしかして、
行けども行けどもトラックがなくて、
結局荷物を預けられないままスタートを迎えて
荷物を持ったまま最後尾から走る羽目になる
ここまでが夢のパターンの奴?
だとしたら安心だけど、ちょっと凝りすぎw
みたいなことを考えながら、どんどん心細くなっていたw

心細さが限界に達しそうになったときに、
トラックの姿が見えて、ただ荷物を預けられただけなのに
不思議な達成感に包まれて、
絶対みんなに今の話をしようって思いながら
意気揚々と「待ってます」の所に戻ったら、
もう誰も待ってなかったぜ(白目
ビビるw

…どこまでが夢やねん?w

あんなデカいいっちゃんを見落とす訳がないし、
みんな先にいっちゃったんだなってことを察して
スタートブロックを目指したw
おしっこなんてしたくないのに、おしっこちびりそうだったw

で、例年のごとくスタート前の最後のトイレってことで、
階段上のトイレに並ぼうとしたら、
列の先の方にサトさんとたまさんとを見つけて
心の底から安心したらちょっと漏れたw

トイレを済ませてみんなでスタートブロックに向かってたら
いつの間にか隣にトガーさんがいて、
一緒にスタートブロックに移動した。

スタートブロックに入るときにウサギさんを探したんだけど、
今年はいなくて残念だった。

例年通りにスタートブロックに入ったはずなのに、
今年はずいぶんと前の方でビビったw

ちょうど2列ほど前にいっちゃんたち
なるぽん会の面々が陣取っていて、その背中を見ながら
トガーさん、おっさん、サトさん、キーキさん
の並びでスタートの時を待った。

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2266-7c55792b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)