FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
黄色いヘルメット(冬休み最後の大冒険 その2)。
ども。

昨日のつづき。

さぁ、行くぞ!
チビ助も黄色いヘルメットをかぶって準備万端w

このヘルメット、
チビ助が自転車(コマなし)に乗り始めた
ちょうど6年前の今ごろに買ったやつなんだけど、
9歳になったいまだに現役バリバリだw

『2歳だか3歳の時に買ったヘルメットが
 まだかぶれるって、うちの子大丈夫か?
 (脳みそデカなってなんじゃないか的にw)』
ってのがつい最近の家族会議の議題になったんだけど、
きっと大丈夫だw

根拠はないけど元気だしw
心配して何らか脳みそをデカくする方法があるんなら
心配する意味もあるとは思うけど、
そうじゃないんなら心配するだけ無駄ってもんだw

最近、チビ助の野郎は、
『近所の子どもたちは、自転車に乗るときに
 ヘルメットなんかかぶってなくて、
 そんなことをしてるのはボクだけだ』
ってことに気づいたみたいなんだけど、
気づいて
『何でみんなはかぶってないんだろう?』
って不思議に思ってるだけで
じゃあ自分もかぶらなくていいじゃん
ってことは1ミリも思ってなさそうだw

だって、頭を打ってアホになったり、
死んだりしたら困るからね。

なんと天才w


やっぱりね、習慣づけるっていうか、
それがあたりまえにするってことは
とても大切ですねw


チャリ
ちなみにこれが3歳の春ごろの写真。
な、ちゃんと黄色いヘルメットかぶってるやろw

抜群にチビで、姪っ子のおさがりの自転車がまた
チビであることをより一層引き立ててるなw

かわいかったのぉ…(白目


今でも十分かわいいけどなw
でも、このころのかわいさじゃなくって
もうすっかり少年やねんなぁ…。


ついでに、
同じころに鈴鹿サーキットで
電動バイクに乗ってる写真もw

チビバイク
かっけーなw

…ダメだ、いつものことだけど、
話が1ミリも前に進んでないw

むしろ、ここからさらに
思い出話に花を咲かせようとしていたw

あぶない。


チビ助、さぁ行くぞ!
寄り道はしないぞw

で、ヨーカドーへ向かうんだけど、
少しぐらい遠回りしても
なるべく安全で、チビ助が走りやすそうな道を
選んで行ったんだけど、
おっさんがひとりでチャリに乗って行くんだったら、
無意識になるべく最短距離で
かつ(長く待ちそうな)信号が少なそうな道を
選んでるような気がするんだけど、
そういう道って、歩道と車道が分かれてなかったり、
信号のない交差点とか坂道が多かったりして、
おっさんはそういう道をずいぶんと何の考えもなしに
危ないとも思わずに走ってたんだなってことを
思い知らされた。

これはいかん。

チビ助が一緒にいるときといないときとで、
おっさんの行動基準が変わってしまってるけど、
そういうのは何かよくないなって
反省させられてしまったw

チビ助が一緒にいようがいまいが、
安全で慎重にが大切だw


1ミリもヨーカドーに近づいてないままつづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント
行動基準
> チビ助が一緒にいるときといないときとで、
> おっさんの行動基準が変わってしまってる けど、
> そういうのは何かよくないな

わたしは良くないとは思わないですけどね。いつもとそういうときとでは、効率も、安全性も変わると思うからです。

それはさておき、子どもと一緒に動いていると気づかされることって、ありますよね。

わたしも子どもが小さく、手を引いて散歩していたころ、信号のある車の通る交差点で斜めにわたるときに、時計回りで回るか、反時計回りで回るかで違いがあることに生まれてはじめて気づいて驚きました。

普通はもちろんどちら回りもなくて、まず青信号の道を渡り、信号が変わったらもう一本の道を渡りますが、小さい子ども連れの時は時計回りの方が圧倒的に安心・安全なのです。左車線はそこから車が出ていくだけなので注意がしやすいのに対して、3方向のどこから車が入ってくるかわからない右車線は危険。時計回りなら渡り始めの前に立ち止まって注意し、場合によっては背中を軽く押したりして、さきに危険ゾーンをさっさとクリアできるので、途中からは左側だけを注意して安心して渡ることができます。でも反時計回りだと、後半に危険ゾーンが待ち受けていて、よちよちと、道の真ん中にいつたどり着くかすら読めない子どもと歩くことになり、こわくてこわくて。
急ぐときは抱えて渡っていましたね。

その子どもたちも今や大きく、生意気になりました。親孝行はもうおしまい。あやたさんのところはまだ十分かわいさが残っていて、うらやましいです。

[2019/01/11 19:55] URL | NB_hiro #nLnvUwLc [ 編集 ]


>NB_hiroさん
あー、なるほど。
交差点での時計回り、反時計回りは
あんまり考えたことがなかったですけど、
言われてみればそうかもしれません。

やっぱり子どもがいると
目的地に早く行くよりも
安全に目的地に着くってことが
何より大事ですから、
どうしてもまず安全にって考え方になるし、
口うるさくなってしまいますねw

[2019/01/13 20:49] URL | あやた #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2308-f2bfca62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)