FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
語り部。
ども。

「あの日は揺れる前にゴゴゴって音で飛び起きて
 これはヤバいって思ってタンスを押さえてたら
 めっちゃ上下に揺れ始めたんですよね。
 あれはビビった。
 何がビビったって、その間ずっと足もとで
 兄貴は寝っぱなしだし、何時間かして起きてきても
 地震があったことを知らなかったんですよね」

今朝、隣の席の女の人と話をした。
ビビることがいっぱいあった。

これはただ事じゃないぞ
って思ってリビングに降りて行って
テレビをつけて両親と一緒にNHKを見たら
結構揺れたけどあまり大きな被害はなさそげ
なことを言ってたから、安心して二度寝した。

次に起きてテレビをつけたら
さっき大丈夫げなことを言ってたはずなのに、
阪神高速は倒れてるし、
長田は火の海だし、
三ノ宮はぐちゃぐちゃだし、
言ってたことと映像が全然違って
頭がついてこなくてビビった。

それでも、おっさんちの方は
ほとんど被害がなくて
いつもどおりの生活を送ってたから、
なんだかテレビの向こうの出来事のような
遠いところでの出来事のような
そんな感じになりつつあったんだけど、
ある日阪神電車に乗って西に向かったら
梅田からひと駅向こうに行っただけで
東側とまったく違う真っ青な景色になって
(ブルーシートで一杯だった)
さらに西に行くと二階が一階になってる家とか
横並びで一緒に全部倒れた長屋なんかが
視界に飛び込んできて
たったひと駅でこんなに景色が変わるのか
ってのにまた頭が追いつかなくてビビった。

全国から人が集まってくるっていう
わりと有名なテント村に
ボランティアに行ったときは、
炊き出し用の食糧を肴に
毎晩酒盛りが行われていてビビった。


とにかくビビることがいっぱいあったんですよ。
って隣の女の人と話をした。

あれからずいぶんと時間も経って
あの時の記憶は薄らいで来てるし、
もうビビることもないのかな
って話をしたら、
あの時からもう24年が経ったみたいで、
おっさんの目の前に座っている
去年入社の新人さんはあの日には
まだ生まれてなかったそうでビビった。

「そういう世代の人たちにも
 あの日の話を語り継いであげてくださいね。
 ほら、僕たちも戦争の話とか
 聞いたじゃないですか?」
って隣の女の人に言ったところ、

「私はおばあちゃんか!」
ってめっちゃプンプンしてたのが
一番ビビったw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2316-ab194e4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)