FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
死後の世界(その15)。
ども。

もうそろそろ佳境に入った気がする
死後の世界の15だw

なんだかんだで、
税理士さんには頼まずに
自分で相続税の申告書を作って
持って行くことに決めたおっさん。

申告の期限は被相続人が死んでから
10ヶ月だから、まだ時間に余裕があるとは言え、
こういうのって早めに準備しといた方が
いいに決まってるw

のはわかってるんだけど、
めんどくさそうだし、
ややこしそうだし、
まだ知識が足りないし、
こういうのって、やる気になったときに
一気にやり切るもんだし

昆布だし、かつおだし(白目w

でも、今はまだその時じゃないな
って思って、その時が来るまで
しばらく熟成させておくことにしたw

そんな日は自然に来ることなんてない
ってことは今まで嫌ってほど
経験してきてるんだけどな(白目w


申告書はひとまず横に置いておいて
金融機関とか証券会社への
相続の手続きを先に済ませることにした。

おっちゃんが死んだって連絡はして、
口座は凍結されたし、
残高証明書の発行はしてもらったけど、
それだけじゃおっちゃんのお金とか
証券なんかが誰にも触れなくなっただけなのだw

相続手続きの書類を提出して、
後々揉めたとしても、
自分とこの責任にはならなさそうだ
ってことを金融機関が認めてくれないと
お金は動かしてくれないんだぜw

預けるときは簡単なくせに、
引き出すのはものすごく大変なんだ(白目

おっさんたちは、
まぁ簡単に考えてたし、
実際そんなに大変ではなかったんだけど、
実は相続税の申告よりも、
こっちの方が大変でややこしいんだろうな
ってことを後から思ったw

おっさんちの場合は、
どうなろうとも相続人はひとりだけだから、
その相続人ひとり分の印鑑を押して
遺産の全部を移動してください
ってやればいいだけだったけど、
相続人が複数人いる場合には、
全員分の署名と捺印が必要で、
みんながバラバラのところに住んでたら、
イチイチ全員のところを回るか、
全員が集まって書類を作らなきゃならないし、
じゃあそれぞれの分け前はどうなるんだよ?
って話し合いが必要だから、
そんなことが一筋縄でいくとは思えないw

でも、どこの家も
最終的には何とかどうにか収まってる訳で
すげーなとしか言いようがないw


で、おっさんちはもめごともなく、
粛々と書類を書いて提出していくんだけど、
必要な書類、例えば被相続人(おっちゃん)の戸籍だって
生まれたときから死ぬまでが必要なとこと、
18歳(結婚できる年齢)からのものが必要なとことがあって、
しかもおっちゃんの本籍地は田舎のままだったから
何回も電話して取り寄せて、お金を振り込みに行って
ってなことを繰り返さなくちゃならなかったし、
申請書だって、
相続人の名前だけを自署すればいいとこと、
記載するすべての部分を
相続人が自署しなきゃダメなところとがあって、
96歳のおばあさんにどこをどう書かなきゃダメだ
ってのを理解させるのは難しいから、
基本的には名前以外は全部おっさんが書いて出したんだけど、
筆跡が違うって突っ返されて、
96歳のおばあさんに説明しながら、
下書きを見せて書いてもらったりと
それはそれでめんどくさくて、
オレは絶対こんな融通の利かない銀行には
お金を預けたりしねーぞ
って思ったりもしたけれど、
そもそもおっさんは、
そんなにたくさんの銀行に分けて
預けなきゃならないほどのお金は持っていなかったw

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2401-89d15000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)