FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
死後の世界(その16)。
ども。

死後の世界の16。

銀行とか証券会社に相続の申請を
してからのことだな。

ええっと、申請をしてから
実際にお金だとか株だとかが
相続人の口座に移動されるまでは、
書類に特に問題がなかったとしても
大体2~3週間ってところ。

今日の明日でお金が使えるようになる
って訳じゃないし、
有価証券の場合は売って現金化する
タイミングやらなんやらがあって、
さらに時間が必要になるからなおさらだ。

で、それを待ってる間に
っていうか、別に待ってはいなかったんだけどw

お次は不動産の登記の変更をすることにした。

今まで、税理士さん、弁護士さんって会ってきて、
今度は司法書士さんだw

実は司法書士の先生だけは
おっさんにも心当たりがあって、
おっさんが家を建ててもらった工務店に
紹介してもらおうと思っていたのだwww

…他力じゃねーかw


で、意気揚々と工務店に出向いて
「登記の変更をしたいから、
 司法書士の先生を紹介してもらえませんか?」
って言ったところ、
「え?家売るんですか?」
ってビビられ、
いろいろ濁しながら何とか司法書士さんの
連絡先を教えてもらったら
「でも、この司法書士の先生、
 お宅の家を建てたときにも
 紹介してますよね?」
って言われて今度はおっさんがビビったw

そんなこと、おっさんが覚えてると思うなよ(白目w


で、教えてもらったところに電話をしてみたら、
司法書士の先生は、とてもゆるい…じゃなくてw
とても大らかな人で
「いつでも来てもらっていいですよ」
って言ってくれたもんだから、
遠慮せずに土曜に突撃することにしたw

とりあえず、初回は先生とお会いして
登記の変更に必要な書類をもらって、
おっさんとおばあさん(名前)とで
必要事項を記載してから、
2回目に出向いて手続きって流れだろう
と思いつつ、一応、変更する登記簿と
おっちゃんの戸籍謄本と、
おばあさんの実印だけは持って行ったら、

「ここにおばあさんの名前を書いて
 実印を押してくれたら
 あとはこちらでやっておきますよ」

って言われて、
委任状におっさんがおばあさんの名前を書いて
それで手続きが完了したw

えぇっ!
自署じゃなくていいのぉっ!
ってビビったけど、
どうせ結果は同じだし、
書類を持って帰って、
おばあさんに名前を書いてもらって
またやってくる手間を考えたら
ゆるい…いや、大らかな先生で良かったw

依頼が終わってから
「96歳のおばあさんが相続するんだったら、
 お金がかかるだけだから、
 わざわざ登記の変更なんてしないでおいて、
 次にお母さんが相続するときに
 変更しはったらいいのに」
って言われて、

えぇっ!
相続するのに名義変更しなくていいのぉっ!
ってビビったw

売れないだけで、
ただ住むだけなら特に不便はないんだそうだw

でも、おっさんはすぐに売る気マンマンだったから

「すぐに売るからいいんです」
って手続きをしたんだけど、
結果的に兄貴たちが住むことになったんだから
全てが無駄だった(白目


っていうか、
きっと登記の変更だって、
おっさんがやろうと思えば自分でできたはずなのに、
何でこっちは自分でやろうと思わなかったのか、
今思えば不思議だw

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2409-b3f63d13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)