FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
【チャレ富士】どっちか前に行け【レポ4】。
ども。

おっさんがエントリーした71キロの部は、
118キロとか100キロの部とは違って
夜が明けてからのスタートで
それほど寒くもなかったし、
走る距離もそれほど長い訳じゃないし
ってことで軽装で走ることにしたw

擦れ予防用のファイントラックを
ぐわぁTの中に着たぐらいで、
あとはちょっと寒い時のフルマラソンと同じ感じ。

ファイントラック
ぐわぁT
アームカバー
ポケットいっぱいランパン
ゲイター

ランパンのポケットにジェルを5個
あとは何かあったとき用のお金を少々
持ったぐらいで、リュックは背負わず
ウィンドブレーカーも手袋もなしって感じだ。

ドロップバッグの場所も、27.5キロだかで
比較的近い場所だったから何もいらないかな?
と思ったけど、
暑かったときにアームカバーを外したかったのと
それまでに食べたジェルの補充のために
ジェルを3つだけ入れて預けた。

まぁ何だろう?
71キロだからフルマラソンのちょっと延長
ぐらいの感覚でいたのだw

実際走ったら、ちょっと延長
ってな感じじゃ全然なかったけどなw
でもだからってリュックを背負ったり
ドロップバッグの中身を充実させたところで
走るのが楽になったか?って言うと
そんなことは1ミリもなかったはずだから
軽装で正解だったんだと思うw


で、スタート。
スタート5分前に整列したおっさんたちは
もちろんほぼ最後尾からのスタートで、
スタートしたら陸上競技場を1周してから
外に出て行くんだけど、
スタートゲートをくぐる前にトップの選手に
周回遅れにされたw

スタートロスは約2分。
ゲートをくぐったところで、
狭いコースの中をランナーがびっちりだから
抜いていける感じでもないし、
最後尾を前の人たちが進むのに合わせて
ゆっくりと進んでいく感じで、
それは陸上競技場から外に出ても同じで
最初の1キロがキロ8分半、次の1キロがキロ7
って感じだったw

本当は、レース前に
「キロ6ペースで走る」
って言ってたサトさんについて行こうかな
って思ってたんだけど、
サトさんはいつまで経っても
おっさんについて来てる感じだしw

昨日が昨日だったし、
特に狙ってるタイムがあった訳でもなかったから
今日はこんな感じでのんびりと行くんだな
って感じに気持ちが落ち着いたw

レースが終わったあとに
寝ないで大阪まで運転して帰れるぐらいの
体力を残しておかないとダメだから
このぐらいのペースが適当な感じってことだな。
って納得w

したところで、
後ろのリンさんから
「抜いて行かないんですか?」
って声がかかったw

おっさんたちの前を塞いでたランナーさんたちも
ばらけてきた絶妙なタイミングで、
言葉はマイルドだけれど、これは行けってことだな
引っ張って行けってことなんだなって解釈して
おそらくリンさんが希望してるであろう
キロ5までペースを上げて前を抜いて行くことにしたw

下りだったから楽にペースは上がったけど、
程よい頃合いでサトさんに前に出てもらって
そこからはサトさんについて行こう
って作戦を立てていたのに、
それが見透かされてたのか
サトさんはおっさんの真横には来るものの
一歩たりとも前には出てくれなかったw

おっさんを先頭に
後ろにサトさんとリンさんって陣形で、
おっさんは時折サトさん、リンさんが
ちゃんとついて来てるかを横目で確認しながら
どっちか前に行け、どっちでもいいから前に行け
って念じて最初の5キロを通過したw

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2416-40ac049b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)