FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
記憶に残る一番古い野球観戦(後編)。
ども。

トイレの場所がわかって安心したチビ助と
まずは試合前の練習を見て回ることにしたw

客席の最前列の方まで歩いて行って
グラウンドの中を見たチビ助は、
「え!お父さん!ホームから1塁ってこんなに遠いの?」
とか、
「ホームランってあんなに遠かったら絶対無理やで!」
とか言ってビビり倒しているw

そやなw
テレビで見てるだけやったら、
距離感とかわかりにくいからなw
それがわかっただけでも、
野球場にチビ助を連れて来てよかったw


で、一緒に練習を見たんだけど、
ただキャッチボールをしているだけなのに、
自分がお父さんとするときと比べて
めちゃめちゃ遠くに離れている
とか
投げるボールのスピードがめっちゃ速い
とか
打球が100メートルも向こうのスタンドまで届く
とかそういうことにビビり倒していたw


わかるw
プロの選手って自分たちが絶対にできないような
超人的なプレーをするのもすごいけど、
キャッチボールとかそういう地味なところで
圧倒的に凄いのがビビるよなw

チビ助は圧倒されて
ふわぁー、ふわぁーってずっと
うわごとみたいに言いながら練習を眺めていたw

野球場にチビ助を連れて来てよかったw


座席に戻って、今度は
「おい、チビ助。
 あそこにいる背番号○番の選手が○○選手で、
 あっちの×番が××選手やぞ」
って、チビ助でも奥さんでも知ってるような選手を
見つけて教えてあげると、
ふたりともおっさんが指さす方向を見るんだけど、
顔を見合わせて「わからんなぁ?」って感じだったから
不思議に思ってたんだけど、
帰ってから聞いたら、目が悪すぎて背番号が
見えなくて誰が誰だか区別がつかなかったんだそうだw

そんな腐れたメガネは新調しろw


試合が始まったら、
お父さんの出番だってことで張り切って
「ほら、ランナーが一塁にいるから、
 セカンドとショートがベース寄りに守備位置変えたぞ」
とか
「ここは間違いなくバントだから、
 ほら、サードがすんげー前に出てきたぞ」
とか
「もう1点もやれないから、
 外野がみんな前に守ってるやろ」
とか、テレビじゃ見えないところを解説したんだけど、
奥さんもチビ助も、投げた、打った
以上のことはどうでもよさげだったw

…じゃあテレビでいいじゃん(白目w


それでもやっぱり、生での観戦は楽しかったみたいで
「サインボールが欲しい。買ってくれ」
って、ヤフオクとかメルカリを探しまくっていたw

サインボールなんて本物かどうかあやしいし、
絶対に買わないけどなw


ワーワー言いながら、試合終了まで観戦して、
チビ助の好きなチームが勝ったし大満足。

ヒーローインタビューも終わったし帰ろう
って帰りかけたら、ヒーローの選手がスタンドに
サインボールを投げいれてくれるんだそうで、
チビ助と一緒に前の方に行くことにした。

ずいぶんと前の方に行ったチビ助を
おっさんは後ろの方で見てたんだけど、
ヒーローが投げ入れたボールは、
どう考えてもおっさんに向かって一直線に飛んできたw

ちょっと高いところだけど、
手を伸ばしたら普通にキャッチできる感じだw

今日のヒーローはチビ助が好きな選手じゃなかったけど、
本物のサインボールだし贅沢言うなw

こんなラッキーもあるんだな。
きっとチビ助も喜んでくれるだろうし、
野球場に来てよかったなwww

間違いない体勢でキャッチする瞬間、
「痛っ」
って思ったら、何故かボールを落っことして
慌てて拾おうと思ったら、後ろにいたおばさんに
ボールを奪われてしまったwww

えぇぇぇぇwww
間違いなくキャッチできたはずなのにえぇぇぇぇwww


どうやら、おっさんがキャッチする瞬間に
後ろから突っ込んできたおばさんが
おっさんの肘辺りをはたいたようで、
それでうまくキャッチできなかった模様(白目
(肘に爪で引っ掻かれたような傷ができて血がにじんでいたw)

おばさんが
「いやったーーーwww」
って叫びながら喜んでいたのと対照的に
おっさんはほとんど手中にしてたはずの
チビ助が欲しかったサインボールを奪われてしまった
ことにしょんぼりだw

チビ助だって、お父さんが取った
って思っただろうことを考えるとなおさら。

なお、チビ助はボールを手に入れられなかったことよりも
お父さんがしょんぼりしていることにしょんぼりで、
「お父さんがかわいそうで、ボク泣きそうや。
 あのおばさんのことだけは一生忘れない!」
って怒っていたw

記憶力の無駄だから忘れろよw
お父さんは一生忘れないけどなw


その場面を後ろの方で見ていた奥さんは
おっさんもチビ助も怪我をしなくてよかった
ってニコニコだったw

それぐらい人が殺到しててあぶなかったんだそうだw


それぞれがそれぞれの思いを抱えて
しょんぼりしたり、泣きそうになったり
ニコニコしたりしながら帰る
チビ助の記憶に残る初めての野球観戦だったw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

そのおばさんにパワーボムからのサソリ固めをかけたい。。

ちびすけくんも奥さんも大人ですね^^
[2019/07/26 15:09] URL | Choei #- [ 編集 ]


>Choeiさん
結局、図太い人の勝ちってことですから仕方がないですw
チビ助は今日も私の肘の傷跡を見て、
「ボクは執念深いから忘れてないぞ」
って怒ってましたw
[2019/07/27 19:32] URL | あやた #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2505-cabd68b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)