FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
夜の暗峠を走る(大阪→奈良)。
ども。

で、金曜当日。
腹を決めて奥さんに
「帰ったら暗峠に走りに行くから」
って伝えたんだけど、
『帰ってきたら晩ごはんはいるのか?』
ってことをやたらと聞かれて
心配するのそこ?
ってなったわw


いよいよ仕事が終わって家に帰ってたら
やべっち(沢北刈り)から
「20時頃に暗峠の入口で待ち伏せしてようと思ったけど、
 暑いから行きませんwすいませんw」
ってメッセージが飛んできたw

思った通り来るつもりだったのかよw
っていうか、来ないのかよwww

一応、「やべっち来そうな気がしててんけどなぁ」
ってメッセージを送ってみたら、
「じゃあ行くわ」
って返事が返ってきて、
えぇ…ってなったわw

来るんかいw
いや、嬉しいんだけど、
無理矢理来させたみたいで申し訳ないやん?

でも、やたらとやる気なやべっち(沢北刈り)に甘えて
暗峠の入口で待ち合わせて合流して一緒に走り出した。

ボトルポーチに麦茶だけのおっさんに対して、
ヘッドライトを装備してリュックを背負ったやべっち(沢北刈り)
やる気の差が歴然w

ビビったおっさんは、走り出してすぐ
「頂上まではしゃべるの無理やで」
って楽しそうなやべっちに釘を刺しておいたw

来てくれたのは嬉しいけど、
それとこれとは別だからw
上りながらしゃべる余裕なんてないねん(白目


大阪側からの上り(ダイジェスト)
・やべっち(沢北刈り)はスイスイ。
 おっさんはゼイゼイw

・やべっち(沢北刈り)に全然ついて行けないから
 せっかくやべっち(沢北刈り)ヘッドライトで
 先導してくれてるのに、おっさんはずっと薄暗いままw

・朝、いつも涼しいから暗峠って涼しいもんだと
 思ってたら、夜は普通にクソ暑かったw

・明るくはないけど、真っ暗でもないから
 ライトなしでも走ることはできる。
 (キロ10ぐらいだからw)
 それでも木が生い茂ってるところは
 足もとが暗いから注意が必要。

・ただ、何十メートルか毎に
 コンクリートの継ぎ目?水はけ用の溝?があって、
 そこだけは注意しておかないと足を取られてグネるw


・国道のくせに車通りはほとんどなしw
 逆に車とかバイクも人がいるとは思ってないから
 すれ違ったり、追い抜かれたりするときは
 端っこで止まってないと危ないかも。

・ライトなしでも走れるけど、走れるってだけで、
 ライトがいらない訳じゃなくって、
 あった方が絶対にいいに決まってるw


なんとか頂上まで登って、やべっち(沢北刈り)と
「キツかったなぁ…」って話をしてから、
休憩もそこそこに「じゃあ下ろうか」って
大阪に住んでるおっさんは奈良側へ、
奈良に住んでるやべっち(沢北刈り)は大阪側へ
進み始めて、え?ってなったw

てっきり南生駒まで一緒に下って行くもんだ
って思ってたのに、やべっち(沢北刈り)は
ここで引き返すんか…。

せっかくここまで一緒に来たのに
残念だけど大阪側に下るんなら仕方がない。

「オレは南生駒まで行ってから帰るわ」
ってお礼とお別れを言って下ろうとしたら
今度はやべっち(沢北刈り)が、えっ?
ってなってて、落ち着いて話をしたら、
やべっち(沢北刈り)は、平日の夜に
暗峠を奈良側まで行ってから
戻ってくる奴はいないだろうと思って、
大阪側に下るつもりだったんだそうだw

おっさんはあくまでも土曜日の練習の振り替えだから
奈良側まで行って帰ってくるつもりだって伝えたら
それなら奈良側に下ろうって南生駒まで
一緒にくだることになったw


奈良への下り(ダイジェスト)
・大阪側より暗い。

以上w

傾斜は大阪側のがキツいけど、
圧倒的に暗い分奈良側の方が危ない。


下りだから、おっさんにも余裕があって
しゃべりながら走ったんだけど、
実はやべっち(沢北刈り)、
おっさんに断りのメッセージを送ってきたときは
家で晩酌中で2合飲んだんだそうだw

平日に暗峠を往復するより、
2合飲んでから暗峠を走る方が
意味がわからないですけど?w

酔っ払いのやべっち(沢北刈り)に、
全然ついていけませんでしたけど?w

フルマラソン3時間30何分て
絶対おかしいやろw

来シーズンのやべっち(沢北刈り)は
期待できそうだ。

東生駒の駅から電車で帰る
っていうやべっち(沢北刈り)を途中まで送って
(往復20キロにしたかったからw)
お礼とお別れを言って引き返してきた。

やべっち(沢北刈り)には、
何度も「本当にひとりで走って帰るの?」
って聞かれたけど、
暗さ加減もわかったし、
奈良側からの上りは大阪側より緩いから
何とかなるだろうw

心配するやべっち(角刈り)に
「家に着いたらラインするわ」
って言ってお別れしたw


正直、復路をなめてましたw

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2516-c30f3831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)