FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
夜の暗峠を走る(奈良→大阪 その2)。
ども。

しばし立ち止まって考える。
…さっき藪から飛び出してきた
黒いでっかい野獣は本当にイノシシだったのか?

暗かったから見間違えただけで、本当は野犬だったかも。

…野犬も襲ってきそうだな(白目w

いや、待てよ。
熊だったら勝てないまでも、
相手がイノシシだったらおっさんでも
勝てるチャンスはあるんじゃないか?w

あれ?おっさんが小学校の時に読んだ
『がんばれ元気』で山籠もりしてた関拳児が
倒したのはイノシシだったっけ?熊だっけ?

あれ?熊を倒したのは鷹村で、
関拳児はイノシシだっけ?
(正解はイノシシも熊もどっちも倒したw)

あれ?関拳児でもイノシシ止まりだったら、
やっぱちょっと無理かもw

あー、オレ、死んだな(白目


だからって、
ここからまた奈良側に引き返すって
こともしたくないし(できない訳じゃないw)

ここで立ち止まってたって、
いつまでそうしてたらいいのかわからないし、
家に着く時間が遅くなったらなっただけ
明日の朝がしんどいし。

行くか…行くかー(震え声


意を決して、ゆっくりと下り始めたけど、
背後が気になってしょうがないw

背後が気になると、
さっきまでは何ともなかったのに
後ろから誰かがついてきてる気がする(怖w

おっさんの足音以外の足音が後ろから
聞えてくる気がする(怖w

怖ぇぇぇぇw
心細ぇぇぇwww

46歳のおっさんになろうが
お化けが怖ぇぇぇwww

ペースを上げてこんな怖いところは
ちゃちゃっと走り抜けたいところだけど、
暑いし、とっくに足が売り切れてるし、
薄暗くって足もとがよく見えないし、
ペースを上げられる要素が一個もないwww

家が恋しい、恋しすぎるw

大阪側の急斜面を一歩ずつ確実に
ゆっくりゆっくりと下っていく。
いつの間にかペットボトルは空っぽになっていたw
チェリオの自販機が恋しいw

大阪側の暗峠には自販機はなかったから、
次の自販機は下り切ってからってことか(白目

やっぱり急いで下らなきゃ…。

ずいぶんと下ってきたから、
もうさっきのイノシシに襲われる心配はなくなったけど、
今度は給水の心配が出てきた。
早く降りなきゃ…。

そう思う気持ちとは裏腹に、
ペースはどんどんとゆっくりになって
次第に両手首から先の感覚がなくなってきて、
頭もふわーっとしてきたw

ヤバいw
これはマジでヤバいwww

ついには走ることもできなくなって、
歩いて下るんだけど、歩いて下ってるのに
呼吸がハンパなくて頭がフラフラするw

さすがにこの状態で下るのは危険じゃないか?
ってことは考えることができたから、
とりあえずお地蔵さんの前に腰かけて
休憩することにしたw

あー、オレ、死んだな(白目

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2518-9ff523e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)