FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
エレベーターにて。
ども。

エレベータには魔物が棲んでいるのか?

昨日、仕事が終わって帰ろうと
エレベータに乗り込んだら
ちょうどおっさんの死角から
急いだ感じで駆け込んできた人がいた。

エレベータの中でひとりだったから
気を抜いていたおっさんはビクッてなったw

ひとりだからって、
油断しておならをするとこだったw
あぶないw

乗ってきたのは、隣の会社の女の人で
乗り込みざまに2階のボタンが点灯してるのを
チラッと確認してからエレベータの奥の方に陣取ったw
(仕事場のビルは2階がロビーで1階には
 エレベータは止まらない)

エレベータにはふたりっきりで
操作パネルの前にいるおっさんとは
対角線の陣形だw

何回も廊下ですれ違ったりして
顔は知ってるけどしゃべったりしたこともないし、
ふたりとも押し黙ったまま扉が閉まるのを待っていた。
(急いだ感じだからって
 『閉』ボタンを押して扉を閉めたりはしないw)

ま、『閉』ボタンを押そうが押すまいが
気持ちの問題で、すぐに扉は閉まるんだけどw

今にも扉が閉まるって瞬間に
突然対角線から
「しまった!」
って声がして、またしても油断してたおっさんは
ビクッてなったw

…心の声、漏れてますよw


対角線の人が半歩動きかけてたから
その「しまった!」が
扉が閉まったことを実況したことじゃなくて
彼女が何らかの問題に気づいたことを
意味するものだってことはわかったけど、
咄嗟に『開』ボタンを押せなくて、
彼女自身も半歩出たものの
今さら自分でボタンを押しても
間に合わないって思ったのか
半歩出たところで諦めて
そのままエレベータは下に動き出した。

本人ですら思いもかけない
本能的な言葉と行動を聞いて、目にしてしまって
そのあともふたりっきりだし気まずいな、
おならをするのとどっちの方が気まずいかな…
って考えながら、早く2階に着かないかなって
思ってたら、彼女はもう半歩踏み出してきたw

想像するに、やっぱりめっちゃしまったらしく、
一刻も早く元の階に戻りたくて、
エレベータが2階に着くまでに
途中の階で降りようとどこかの階の
ボタンを押そうとしてたんだろうw

でも、エレベータが下りて行くのが早くて
どの階のボタンを押したらいいか
迷ってるうちに2階に着いてしまったw

…気まずいw

エレベータの扉が開いて、
半歩出た勢いのまま彼女が先に降りるのかな?
って思ったら、お先にどうぞって感じだったから
おっさんが先に降りたんだけど、
彼女はエレベータから降りてこなかったw

思うに、誰も乗ってこないし
降りずに乗ったまま元の6階に戻ろう
ってとこだろう。
明らかに何かのボタン押してたしなw

で、扉は閉まってエレベータは
動いて行ったんだけど、
もちろん行き先は地下1階だw

そら、下りのエレベータだし
地下1階で待ってる人がいたら
そらそうなりますよねw

冷静に考えたら、
降りて『↑』ボタンを押して
上りのエレベータを待たないとダメだ
ってことはわかるはずなのに、
よっぽどしまったんだな。


下に向かって動き出した箱の中で
「しまった!」
って言ってる彼女が想像できて、
次に顔を合わせるのが気まずいですw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2553-14c69e39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)