FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
大阪マラソン2019レポ(その10)。
ども。

ええっと…。
『一緒にゴールしましょう』か。

一緒にゴールするためには、
こっから先を同じペースで走らなきゃダメで。

同じペースってことは
イツカさんのペース(速い)と
おっさんのペース(遅い)の二種類のうち
どっちのペースで走るってことだろうか?

おっさん的には今のペースで
いっぱいいっぱいだから、
イツカさんのペースに合わせるのはちょっと…。

どっちのペースかな?
おっさんのペースだったらいいな。
っていうかむしろ、おっさんのペース一択でしょ?

そう思いながらチラッと
イツカさんの様子をうかがったら

「…あっ!…あっ!」

確かについさっき、
おっさんに声をかけてくれた時には
何メートルか後ろを走ってたイツカさんが
呼吸を乱してるだけじゃなくって
ちょっと苦しそうに声まで漏らしながら
一瞬のうちにおっさんの真横に並べかけてきてたw


どっちのペースで一緒にゴールするのかは
あえて聞かなくてもわかった(白目w
圧がスゴいw

ってことは、
一緒にゴールするかどうかは
おっさんの気持ち次第ってことか。

…ことなのかー(白目w

だからって、一緒にゴールしましょう
って言ってもらってるのに、
イツカさんに先に行ってとか、
おっさんのペースに合わせてね(テヘ
なんてことを言う勇気は持ち合わせてないし、
隣のイツカさんは、呼吸音とか漏れる声とかが
こっちにまで聞こえてくるぐらいの勢いなのに
おっさんはいっぱいっぱいだって思ってながら
まだ全然そこまではいってないよな…
ってことに気がついて、
どこまで一緒に走れるかあまり自信はなかったけど
もうあと2キロだし、とりあえずイツカさんの
ペースに合わせて走ってみることにしたw

…っていうか、
ペースを合わせるんじゃなくて
こういうときは引っ張るもんなんじゃないだろうか?(白目

うーわーwww
そーかーwww
マジでかwww

イツカさんにバレないように
密かにビビり倒していたw

終盤でこんな展開になるとは
1ミリも思ってなかったわーw


さてと、でも引っ張るにしても
どのぐらいのペースでいけばいいんだろう?
もしかしたらイツカさんは自己ベストが狙えるところで
おっさんはその手助けができるのかもしれない。

そうじゃないと、
40キロを過ぎてからのこのがんばりっぷりに説明がつかない。

となると、おっさんの責任は重大だ(怯

イツカさんのちょっと前を走りながら恐る恐る
「ベストはいくつ?」
って聞いてみたw

息を切らしてとても苦しそうなイツカさんから
秒で返ってきた答えは


「わからん!」

だったw


おぉぉぉwww
そらそうだw

こんながんばって走ってんのに
いきなりそんなこと聞かれて考えられるかよw
イツカさんごめんよぉぉw

わかった、わかったぞ。
とりあえず全力ってことだなw

イツカさんにつかず離れず、
並びかけられないように前を走り続ける。
ゴールにたどり着くまでのおっさんのミッションはこれだw

…できる気がしねーw

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2646-3c50e519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)