FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
スランプ(後編)。
ども。

せっかくお父さんの知らないところで
野球部に入るって夢を育んでたのに
お父さんの手で摘み取ってしまったとなったら
何とも寝覚めが悪いじゃないかw

っていうか、
読書クラブは何度聞いても草w
放課後にみんなで集まって静かに本を読んでる
画を想像したらとてもシュールだw
みんなで集まる意味あるのかよw

おいコラ、チビ助とっとと打てw

お父さんだって
何とか打たせてやろうと思って
下からふわっとした球を投げたりもしたんだけど
それすらも打てないもんだから
余計に落ち込んでしまったぞw

…これはいかん。


お父さんはチビ助がやりたいように
やりやすいようになるのが一番だと思って
バッティングフォームなんかに
口出しをしたことはなかったんだけど

今がその時だ!



今がその時だってことは
確信に近くわかったんだけど、
じゃあどうフォームを変えたら打てるのか
ってのはさっぱりわからなかったw

だってさ、
毎日野球やってるプロ野球の選手だって
ひとりひとり打撃のフォームが違うし、
同じ選手だって毎年フォームが変わるし、
それでも満足する形にならなくて
思うような結果がでないからって
毎日試行錯誤してるんだぜw

おっさんがぱっと見ただけで何かに気が付いて
それをアドバイスしただけで
こんな素人丸出しのチビ助が見違えるように
打てるようになったらビビるわw

そんな自信も確信もないアドバイスをして
「お父さんのせいで打てなくなった」
とか言われたらもっと寝覚めが悪いぞw

やっぱもう読書クラブでいいんじゃないか?w


でも、この際だ、
前々から気になってたけど
チビ助が「これが打ちやすいねん」
って言うからそのままにさえておいたことに
ちょっとだけ口を出してみた。

「お前さ、そうやって右手と左手に隙間をあけて
 バットを握って構えるのやめてみ」

そう、何がどうなったのかわからないけど、
チビ助は昔中日にいた彦野みたいに
右手を左手のグリップに隙間をあけてバットを振るのだw

いや、打ちにくいだろそれw

って思うんだけど、
本人は打ちやすいって言うし、
実際にそれで打ってたから
好きにさせていたんだけど、
やっぱそれちょっとくっつけて握ってみw

それでもやっぱり打てなきゃ
またやりやすいやり方に戻せばいいし
とりあえず一回だけやって打ってみ?

まぁお父さんだって
それぐらいのことで急に打てるようになる
なんてことは思ってないけど
何にもアドバイスできない使えないお父さんだ
って思われるのも沽券にかかわるからなw


バットの握りを変えたチビ助は
次の一球目からバンバンに打ち出して草w

何でも言ってみるもんだw


スランプを脱したチビ助は
「お父さん、やっぱボク野球部にするわ」
って超ゴキゲンだったw

何だよ、みんなで集まって静かに本を読んでる画
お父さん写真に撮りたかったのにw


お父さんとの二人三脚の練習で
スランプを脱したチビ助は
次の日から早速放課後に居残って
野球をしてから帰ってきたw

「両手くっつけて打ったらヒット打てたで!」
わかりやすく嬉しそうに教えてくれたw

ちなみに打順は6番だったんだそうだw



…めちゃくちゃ打撃不振だったんじゃねーかw

スランプ脱出できてよかったw

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/2968-f39ea7f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)