FC2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
GRヤリスの油脂交換(交換編)。
ども。

オイル交換の作業を見てたら、
どうやら実際に交換の作業をするのは
さっきリアゲートのことを話したサービスの人じゃなくて
もうちょっと若手な感じの整備士さんだったw

車をリフトアップして、
廃油を集めるタンク(?)を車の下に当てがってから
何かをプリントアウトした紙を熱心に見ていたw

遠目で見ると何枚かの写真と横に説明が書かれてる感じで
たぶんオイル交換の手順が図解付きで書かれてるんだろうw

エンジンオイルはともかく
デフオイルとかトランスファーオイルなんて
交換することなんてまずないし、
(デフ、トランスファーが付いてる車がないし
 メーカーの交換サイクルに従ったら
 乗り換えるまで交換しなくても大丈夫)
ミッションオイルだって、マニュアル車がないからなぁw

それに、ここのディーラーで売れたGRヤリスなんて
下手したらおっさんのだけかもしれないw

手に持った紙を確認しながら
車の下に潜り込んでライトで照らしたりして
何かを確かめていたw



プロなのにイチイチ手順書見ないとできないのかよ
って捉えるか、
ちゃんと手順書確認しながら慎重にやってくれてて安心
って思うか微妙なところだw

手元の紙を何回も見てから
ボルトを外したらオイルがピャーって出たw

おっさんが知ってるオイルって
多少ドロッとしてたもんだけど、
今どきのオイルってサラサラでピャーって出るのなw

オイルが抜けたら、今度は新品のオイルを入れるんだけど
オイルって漏斗つきのボトルから注ぎいれるもんだ
って思ってたけど、
この整備士さんはオイル缶に石油ポンプの管を突っ込んで
直接吸い上げて入れててビビったw
(石油ポンプが何個も転がってたってことは
 少なくともここのディーラーでは
 そのやり方がスタンダードってことみたいだw
 もちろん、漏斗つきのボトルもあるにはあったw)

そして、オイル缶から吸い上げられたオイルは


そのまま勢いよくピャーって出てきて草w

ボルト閉めてへんのかい!w
(もしかすると、注ぎ口を間違えてないか確認するために
 わざとボルトを閉めないままオイルを入れてみた
 ってことなのかもって後から思ったけど
 真意はわからんw)

その作業を何回か繰り返して
リア(デフオイル?)で作業をするときには
ずいぶんと手こずったみたいで、


最終的にふたりがかりになっていたw


…そんなにか?w



見込みよりも時間はかかったけど、
無事に油脂類が全部きれいになってよかったw

なお、油脂類を交換してどうよくなったかは
よくわからない模様w

エンジンの吹けがよくなったとか、
ギアの入りがマイルドになったとか
そんなんわからんよな?w

敢えて言うならオイルがきれいだって思うと
気分がよくなったw


帰り際、店の前で誘導してくれた営業の人が
こっそりと
「あ、エンジン音をスピーカーから流す奴も
 オフにしてます」
って教えてくれたw

なぜ耳打ちしたのかは不明w


ドライバーの気分を高めるために
わざわざスピーカーからエンジン音を流してる
ってことみたいなんだけど、切ってみて初めて
オレが求めてるのはエンジン音じゃない
ってことがわかったw

排気音がデカいのは何となく気分が上がるけど、
エンジン音は不安になるわw
(壊れそうでw)

3000回転を超えたあたりで
急にエンジン音がデカくなるのがなくなって
とても落ち着いて運転できるようになったw
(不安感がないからもっと踏めるw)

これにて慣らし運転完了www

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/3214-0f437b36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)