プロフィール

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
ヤな感じ。~丹後レポ7~
ども。

昨日、仕事が終わって家に帰ったら、
テーブルの上にチビ助の幼稚園からのお手紙が置いてあった。

何だろう?と思ってお手紙を見てみると、
チビ助が幼稚園で書いた絵が絵画展に入賞したので、
表彰式に参加してくださいって内容のお手紙だった。


おっさん思わず
「うわ、マジで?」(苦笑)

「…そやねん」奥さんも苦笑。


微妙な空気が流れる…。


いや、あのね…
絵画展に入賞するって本来なら喜ばしいことなんだけど、
実は入園直後にも同じような絵画展への応募があったんだけど。
その時に入賞した作品ってのは、
お絵かきの時間にお絵かきすることができなくって、
(ていうか、じっとしてることもできない)
先生がおもっくそ手伝いまくった順番に、
特賞→入選→佳作になったんだろうなぁってことが
容易に想像できる結果で…。

奥さんと、こんなん意味ある?
なんてことを話してたところに、
今回はうちのチビ助が選ばれちゃったwww


なんとも微妙w

確かに、入園してからの半年で、
メキメキとお絵かきの腕は上がってるとはいえ…。
入賞はチビ助の実力なのか、
それとも先生の手伝いなのかが判断できないから、
全く喜べないっていうw


こんな絵画展いらんわwww



丹後のレポも7回目。
走った距離は1キロw
このペースで行けば、全600回ぐらいいけるなwww
壮大なレポやでwww

っていうか、今日もレポじゃない部分が長い。
とっとと走りましょう。


雨の中ひとりぼっちで走るおっさん、
心細いったらありゃしないw
ペースも自分で考えなきゃならなくなったし、
もしも完走できなかった場合も、
リンさんの責任にできなくなったw(←おい)

加えて、1キロを過ぎた辺りから、
微妙な登り基調になってきたし、
まだ周りのペースも落ち着いてないから、
誰かイイ感じのペースで走ってる人を見つけて
こっそり付いていくって作戦もできそうにない。

こりゃ、ペースの判断難しいぞぉ。
ランナーとしての腕の見せ所だ。


…やーめたw

めんどくさいから、ペースとか考えるのやめw
おっさん、そんなん向いてないんじゃ(゚Д゚)ゴルァ!!

とりあえず、しんどくない感じより
ちょっとだけゆっくり目で走ろう。
そして、前半から突っ込んだリンさんが撃沈してきたところを、
前半からの温存でまだ余裕のあるおっさんが、
こっそりと差を詰めて、
「リンさんどうしたんすか?」
とか言ってやるって作戦だw

適当な感じで走ってても、
なんとなく弥栄庁舎(56キロ)までは行けそうな気がする。
根拠はないけどなw(適当)


しんどくないペースを意識しながらポレポレ走る。
…にしても平坦な区間がない。
なんだよこれは…。

おっさん、丹後は言っても碇高原が攻略できたら、
あとは大したことはないだろうと思っていて、
前日の下見も碇高原だけで、七竜峠はノーマークだったけど、
これ、ちょっとヤな感じだ。

100キロの序盤から上ったり下ったり。
楽勝ではないものの、普通に走れる上りと下り。
時折ちょっとだけキツい上りが現れて、
しんどくないペースを意識して走ってはいるけれど、
微妙に心肺と足を使わされてるようなヤな感じ。

周りを見たら、歩いてる人の姿もチラホラ確認できるけど、
おっさん、少なくとも碇高原までは走ろうって思ってたし、
何よりこんな序盤から歩きたくないやん。
でも、走って上ると微妙に息が弾む感じだし…。
…何か楽しくなーーいw

真っ暗で、雨が降ってる中を、
微妙に息を弾ませながらひとりぼっちで坂を駆け上る…。
こんなん聞いてた丹後とちがーーーーう。
全然楽しくなーーーーい。
丹後なんてひとっつも楽しくないぞーーーーっ!!!

こんな真っ暗な雨の中を、ひとりぼっちで走るために、
陸連登録の部をやめて一般の部にしたんじゃないのになw
どこでどう間違ったかな?


序盤からこんなことじゃ、先が思いやられる。
おっさん、騙された感と絶望感でいっぱいwww

それでも歩かずに、でも飛ばさずに走って坂道を上り続けると、
前方に七竜岬展望台のエイドが現れた。
キタコレ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

上り終わったーーーっwww

と思った瞬間、おっさんの周りからも
「おぉぉーーーっ」
って歓声がw

何この一体感www


まずは一匹目の中ボスをやっつけたったwww
軽い達成感に包まれながら、エイドで給水。
一分ほど立ち止まって、水やらスポドリを飲んで、
すぐさま七竜峠の下りへ突入。



そのころ、
丹後は楽しい、丹後は楽しいって言って、
おっさんのことを罠にかけた二人のおっさんたち
丹後パープル丹後ブラックは…








何の躊躇もなく、
おもっくそ歩いていたらしいwww


おいっ!
マジでかwww



目標:碇高原までは歩かない。

今日のポイント
七竜峠を舐めてると痛い目に会う。
丹後は楽しくないよwww


つづきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

この時点で既にリンさんに追い付く作戦だったんですね。
戦略家だ(^_^;)
因みに私はこの時点では繰り返し襲い来る尿意に負けて、繰り返しトイレに並んでました。
[2013/09/26 12:13] URL | 季節外れ #- [ 編集 ]

No title
>季節外れさん
レース前にリンさんがアップしていた想定ペースで行くとすると、
私の想定ペースで行ければ、碇高原付近で追いつく計算だったんですよね。
それを信じてあきらめずにがんばる作戦でした。
見えない背中をずっとずっと追いかけ続けて何十キロって感じw
[2013/09/26 22:50] URL | あやた #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/343-73a85fc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)