fc2ブログ
プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
ここが勝負どころ。~名古屋ウィメンズレポ7~
ども。

名古屋ウィメンズ応援レポ7回目。

第三応援ポイント(27キロ地点)に移動したおっさんどもを
待ち受けていたのはなんと…第一レーンの閉鎖。

コースと応援場所がこんなに離れていては、
女ガーさんたちと触れ合えないではないか…。

…あ、違ったw

コースと応援場所がこんなに離れていては、
おっさん達の声援が届かないではないか…。

さらに、

女ガーさんとの触れ合いができないとなると、
おっさん達の応援にも気合いが入らないじゃないか…。

…あ、また間違ったw

女ガーさんに声援が届かないと、
何とも応援のし甲斐、され甲斐がないではないか…。

さぁ、どうする。
第一レーンに遮られていても、
そんなことは関係なしに、圧倒的な気合いで、
女ガーさんたちに声援を届けるぞ(゚Д゚)ゴルァ!!

と言い出すおっさんはひとりもいなかったw


ハイタッチできないなら、撤収!
満場一致で即座の判断w
すぐに向かい側の33キロ地点での応援に懸ける。

さすが人生経験豊富なおっさんども、状況判断が素早いwww


さぁ、気合い入れていくぜ(゚Д゚)ゴルァ!!


第三応援ポイント
…って、こっちもかーいwww

でも、33キロ地点は名古屋ウィメンズ最大の難所。
唯一の上り坂区間だから、ここでの応援は必須。
ここが上り坂ってことを女ガーのみなさんに
忘れてもらうぐらいに応援し倒すぜ(゚Д゚)ゴルァ!!
女ガーのみなさんだけじゃなく、
おっさん達もここが勝負どころだぜ(゚Д゚)ゴルァ!!

メラメラと使命感に燃えるおっさん達。

「行け(゚Д゚)ゴルァ!!」
「死ぬ気で走れ(゚Д゚)ゴルァ!!」

ここで今日初めて、死ぬ気を投入w

おっさん達の声援に応えて、
女ガーさん達も、懸命に坂を駆け上がる。

…駆け上がる?
そう、驚くことに33キロ地点、
もうとっくにしんどい所での上り坂なのに、
女ガーはみんな駆け上がるのだ。

それもわざわざ、おっさんどもの方へ駆け寄って、
「ありがとう」とか「ブログ見てます」とか
「カブ(゚Д゚)ゴルァ!!」とか言いながらw
中には感極まって、涙を流しながら走る女ガーの姿も…。


ちなみに、泉州マラソンでのおっさん達は
33キロ地点に至る前であえなく全滅していたwww
…そんなことはどうでもいい。


女ガーの涙におっさん達もさらに燃え上がるw

「行け(゚Д゚)ゴルァ!!」
「死ぬ気で走れ(゚Д゚)ゴルァ!!」

おっさん達は、ここでの応援が最後だから、
声が枯れても構わないと、気合いの応援!


「行け(゚Д゚)ゴルァ!!」
「死ぬ気で走れ(゚Д゚)ゴルァ!!」
「何でカブさんだけ…(゚Д゚)ゴルァ!!」(←ジェラシーw)
「カブ(゚Д゚)ゴルァ!!」
「カブ(゚Д゚)ゴルァ!!」


そして、サブ5辺りのランナーさんが通過したあたりで、
後ろ髪引かれつつ、おっさん達の応援終了。

最後のランナーさんまで、応援できずにすみませんでした。


歩かない女ガーさん達の姿に衝撃を受けたおっさんどもは、
応援を終えて名古屋ドームに向かう電車内でも、

「女ガーかっこいいな」
「終盤の上り坂を歩かないってすごいな」
「刺激を受けた」
「我々も見習わなければ…」
「何でカブさんだけ…(゚Д゚)ゴルァ!!」(←ずっとジェラシーw)

と口ぐちに言い合っていたw


つづきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/528-6d2d7a9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)