プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
最初の折り返しまで。~加古川マラソンレポ8~
ども。

加古川マラソンのレポ8回目。
今日はたくさん進むw
サクサク進んでやるんだから。

給水をどうするかってこと以外は順調。
特にハァハァするでもなく、足が重いでもなく、
ひたすら淡々と前に進んでいる感じ。

今までのレースのときは、ペースが落ちないように
ってことに気をつけながら走るのに、
今日はペースが上がりすぎないように気をつけながら走る。

んで、今日は今までのレースのときよりは、
微妙にゆっくりなペースなんだけど、
走ってるときの余裕度は全然違うことにビビる。

そうそう。おっさん、こんな風に走りたいから、
練習でしんどい思いをしてきたんだわ。
って都合よく解釈しておくことにしたw


これ、故障明けのレースじゃなかったら、
うっはーwww
余裕ありまくりwww
これ、もっとペース上げたら、
すんげータイムで走れたりするじゃね?www
なんつって、調子に乗って突っ込んで、
後半思いっきり撃沈するパターンの奴だったろうけど、
まぁ、絶対に最後までもつ訳がないと思ってるから、
そんな冒険をする気にもならず、何とも面白味のない展開w

4分30秒ぐらいのペースで走ってると、
ペースが落ち着いてきた後、ハーフ地点ぐらいまでは、
大体みんな一定のペースで走るから、
周りにいるランナーはずーーーっと一緒。
…ハーフ地点から先は、
いつもおっさんが離脱するからよくわからんw

んで、加古川は河川敷だってこともあって、
おっさんから見えてる景色はずっと一緒。

風景が単調で集中して黙々走るから、
気づいたら1キロ、また1キロって感じで
グングン距離が伸びていく感じ。
こういうレースも悪くない。

7キロあたりで、
シークレットな応援ゲストとハイタッチして
おっさんのテンションもちょっとアップ。

千葉から自家用ヘリで応援に駆け付けてくれた、
このお坊ちゃま…あぁ、もう、kinさんねw
kinさんには去年、撃沈してヘロヘロになっているところを
目撃されているから、今年こそは最後まで元気に走ってる姿を
見せてやるぞって心に誓う。

次に会うのは35キロ地点のはずだから、
絶対にそれまでは撃沈しない。

そっから先は…バレないから大丈夫w

おっさんの目標に、何としても35キロまでは
元気に走るが追加された。

こっから、折り返しの10キロ地点までは特に何も起こらず、
ただ真っ直ぐにペースを上げすぎないように
キープしながら走るマシーンになる。

あ、そうそう。
7.5キロの給水。

おっさん、走りながらいろいろ考えたんだけど、
結局何にも思いつかなくて、
給水のときは、微妙にペースを落として、
ちゃんと飲んでからもっかいペースを上げるって
誰でも思いつくような、そんな基本的なことをするようにしたw

給水の間、何秒かペースが落ちたって、
その先でちょっとペースを上げりゃいいだけだし、
いい感じで給水できないままで、
結局、脱水気味になって大撃沈することを考えたら、
2.5キロごとのたった数秒ぐらい、ケチったって
全然意味がないわってことにようやく気付いたw

その数秒で、3時間が切れるかどうか
ってのがかかってるなら、とても重要な問題だけど、
おっさん、そんなレベルでもないし、
給水の数秒ぐらいがそんな大問題になるぐらいなら、
もっと練習すればいいだけの話だ。
それはただ単に、練習が足りないだけだ。
って開き直ったったw

まぁ、でも実際に目標から数秒足りない
なんて結果になったとしたら、
鬼のように悔しがるんだけどねぇwww

でもまぁ、どう考えても、
メリットとデメリットを比べたら、
給水をいい加減にするデメリットとかリスクの方が多いわけで。

みたいなことを、
今回のレースでは、ことごとく冷静に判断できた。

本当に故障明けで、自己ベストで走れる訳ないし、
練習レースだって割り切ってたからなんだと思う。

つづきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/828-1c8a5f34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)