プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
ついに置き去りにされるの巻。~チャレ富士レポ17~
ども。

チャレ富士レポの17回目。
おっさん、赤池大橋手前で大ピンチ。(←ゴールまでずっと大ピンチw)


復路の赤池大橋は、上りに差し掛かったところから、
橋の上まで延々と上りが続いてるのが、
ずーーーとずーーーっと見えるのがビジュアル的に厳しいw

ま、例え上りの全容が見えなかったとしても、
90キロ以上走ってきたところでの、
延々続く上り坂だから、どっちみちキツいんだけどねw

おっさんの記憶が確かならば、
往路でこの橋を下ってるとき、リンさんは
「帰りにこの橋を、走って上るかどうかは、
 その時に決めましょう」
って言ってた気がする。


さぁ、決めましょう。リンさん。
今こそ、決めましょう。



「あやたさん、行きましょー(ハート」



…ですよねぇw
本栖湖以降、リンさんがどんどんイキイキしてきているのは、
おっさんの勘違いじゃないはずだw

リンさんだって、キツいのは間違いないはずんだんけど、
追い込まれれば追い込まれるほど、
脳みそから何かの汁がドバドバ出てるんだろうなw

キツい…けど、歩いて上ったところで、
上る高さも距離も同じだから、キツいのは同じだ。
何なら、走った方が時間が短い分だけ楽チンだ。

と信じて、必死で走って上る。

5メートルで、んな訳ねーじゃんって気づくw
当たり前だw

必死こいてキロ7分半。
それでもごぼう抜きw

上りの途中で、ジョギンガーさんたちを追い抜く。
まだ攣ってなかった模様w


リンさんの脳汁ドバドバは最高潮のようで、
ずっとニコニコしてて、とても楽しそうw

マジでかw


おっさん、死ぬ思いで走ってようやっと上りも終わりが見えた。
やったぜw

上りが終われば、もちろん下りだw
あそこまで行けば、ご褒美www



…下りのがキツいじゃねーかwww
うそーーーんw

オレの太ももが超絶悲鳴www
あは♪

一歩踏み込むごとに
あは♪あは♪
ってなりながら、下りも必死w

もちろんペースアップなんかできる訳もなく、
リンさんたちから、ちょっとずつ遅れ始める。
マズい。これはマズい。
とは思っても、どうすることもできないw

サトさんに、
「リンさんたちスゴイね。めっちゃ速いっすねー。」
なんつって、リンさんに聞こえたらいいな。
って願望を込めて、ちょっとデカめの声で話すw


もちろん聞こえる訳もなく、なんと、リンさんたち、
この状況からさらにペースアップwww

うーーーわーーーーwww


グングン小さくなっていく
脳汁ドバドバマン…じゃなかった、リンさんたちw

その小さくなってく背中を見ているだけで、
なす術なくヨロヨロ走るおっさん達。

ついにはリンさん達の姿は、
おっさん達からは完全に見えなくなった…。

オワタ\(^o^)/


そっかー、ここで置き去られるのかー。
まぁ、本栖湖からずっと足引っ張ってたし、
13時間半を切ろうと思ったら、
そら、この辺から本気出して走らんと間に合わんわなぁ。
スゴいなぁ、スタミナ底なしだなぁ。

なんて、とても冷静に状況を把握したw


さて、残るはサトさんとふたり。
サトさんが動揺しないように、

「リンさんたち…行っちゃいましたね…(゚ロ゚;)」


実は、おっさんも冷静じゃなかったw

…どうしようwww

つづきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

またまたぁ~ってずっと思ってましたが、

野辺山でまさしくそんな感じでのべさんに置いていかれて、あやたさんの気持ちが良く分かりましたw

先に行って下さい!って自分で言っといて先に行かれるのがこんなに寂しいとはwww
[2015/05/19 00:33] URL | リンガンガー #- [ 編集 ]


>リンさん
野辺山、完走おめでとうございます。

先に行ってほしいんですけど、
でも、ついていきたいんですよw

来年、野辺山走っても、
間違いなく置いていかれちゃうからなぁ…。
[2015/05/19 22:45] URL | あやた #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/964-332787f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)