プロフィール

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
自分でも謎。~チャレ富士レポ22~
ども。

チャレ富士レポの22回目。
復路のブログ村エイドで大ピンチ。(←妄想w)


リンさんたちと合流して、
ブログ村エイドに別れを告げて、河口湖を目指す。

おっさん、みんなの前だから張り切って先頭で出発w
ゴールで待っててねー♪

おっさん、一歩目を踏み出すまで、
ここが結構な下り坂の途中だったってことを完全に忘れてたw

二歩目まではやせ我慢したけど、
エイドでしっかりと休んで、さらにカチコチになった
太ももはやせ我慢で何とかなる代物ではなかったw

痛ぇ、超絶痛ぇwww
三歩目であえなく悶絶w

リンさんに先頭を走ってもらって、
おっさんはそれについていく、安定の落ちこぼれ隊列にw

おっさん、何故、先頭で行こうとしたのか、
自分でも謎w
こっからは、大人しくしていようと心に誓うw


でも、残すは河口湖だけだ。
行くぜw
行くぜーーーーw
行くぜぇぇええーーーーwww



行けねーーーーーーーwww
もうね、リンさんたちにまったくついていけないw
おっさんだって必死こいて走ってるのにだ。
笑顔でしゃべりながら走ってる、リンさんとの差が開く一方 orz
だってさ、リンさん、もうちょっとでゴールだからって、
ペースアップするんだぜw(推定キロ6)

何この絶望感w

あまりの絶望加減に、ついに


「リンさん、ちょっとペースについていけないから、
 先に行っててください…」
って申し出てしまった。

正直なところ、もうゴールまでずっと歩いて行きたかったし、
走るにしても、おっさんはキロ7が限界だった。

もちろん、おっさんの中では、
サトさんはこっちチームだw

したらリンさん、なんと

「ここまで来たら、みんなで一緒にゴールするんですよ。
 どのぐらいのペースなら走れるんですか?
 合わせますから言ってください」

とか言うんだぜ。

泣いた。おっさん泣いた。


…この人、オレを歩かせないつもりだ(←違)


もう、1ミリたりとも走りたくなかったおっさんは、
リンさんにキッパリ言ってやったね。


「キロ6分40秒で…」

何でや…オレ。
何でここで見栄を張るのだ…?
好きに言っていいって言ってくれてるのに…orz

自分でも謎w


自分で言ったからにゃ、もう走るしかない。
河口湖のほとりを6分40秒ペースで必死に走る。

もちろん河口湖の記憶はないw

気付いたら、tenkoさんとえむさんが待つ
応援ポイントに到着して、
「サトさんを無事に連れてきましたよ」
なんて、大嘘をついていたw

連れてきてもらったのは、おっさんの方だw
まぁ、記憶がないから悪気はないw

ギリギリのところで、力をもらって、
ゴールを目指して最後のひと踏ん張り。

さぁ、こっからまたがんばるぜ!
ってところで、河口湖を脱出。

ってことは、ステラシアターまで続く、
ダラダラした上り坂の始まりだ(白目)

こっから、がんばれる訳ねーw

リンさんに
「どうしますか?」
って聞かれて、答える間もなく、
流れるように歩き出すw


こんなとこ、走って上れる訳ないよねー。
仕方ないよねー。

ねー。

ねー。


くっそ。
早歩きで100メートルぐらい上ったところで、
おっさん、何を思ったのか走り出す。

キロ7でしか走れないけど、
なぜか歩いちゃダメな気がして、全力で走る。
こっから走ったところで、
ゴールタイムなんてそれほど変わらないのに。
自分でも謎w


キロ7でもごぼう抜きw
そしてリンさんは、とても嬉しそうだった。

何とか歩かずに、ほうとう不動の謎の建物まで戻ってきて、
「この建物まで来たら、もうゴールしたって感じですよねー。
 激坂は歩いて上るから、もうしんどいところはないもんねー。」
なんて軽口を叩いたけど、
ほうとう不動からステラシアターまでが、死ぬほどツラかったw

ほとんど平坦な、1キロもない道のりなのにw
リンさんたちに、超絶に置いていかれたwww

やっとのことで、ステラシアターに到着だ。

つづきます。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://ayata42195.blog.fc2.com/tb.php/971-d43eb004
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)