プロフィール

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
あざいお市マラソン レポートその4。
ども。
昨日の晩に急に思い立って、今日は30キロ走をしてきました。
30キロを超える距離って、数えるほどしか走ったことなくって、
距離に対する不安がどうしても拭えないもんで、
再来週の大阪30Kでも走るつもりなんだけど、
それを除くと今日が神戸前に30キロそれなりのペースで走れる
最後のチャンスなんじゃないかと思って。

ただ、ずいぶん良くなったとはいえ、
左足のアーチの故障もまだ腫れてる状態だから、
・足に少しでも痛みが出たらやめる。
・ペースは5分30秒
5分10秒より早いペース、6分より遅いペースになったらやめる。
・できるだけ給食せずに走りきる。
ハンガーノック起こさずにどこまで走れるかを見極めるため。
を自分の中での約束事としました。

早朝5時に家を出て、まだ真っ暗な中、
寒さに震えながら走り始めて・・・
30.15キロを2:45'05"で途中の給食せずに走りきれました。

今までの30キロ走はほとんどグダグダだったけど、
ちょっと良い経験値を積めたような気がします。

でも、ウルトラってこれより3倍も走るのな。
考えられん・・・

では、お市マラソンの続きです。

最初の給水を過ぎたあたりから。

お市マラソンのハーフは、前半の8キロまでが上り。
8キロで折り返して、来た道を下っていく感じのコース。
給水したあとも、快調なペースが続く。
コース図で折り返しまでは上りだ
ってことを見た記憶があったんだけど、
これって上りなんだよな?って思うほど上りを感じない。
オレの足イケてるwww

6キロ過ぎ、川の向こう側にトップのランナーが見える。
はえぇぇぇぇぇ(゚Д゚)
あれだけ速く走れたら、気持ちがいいだろうな。
なんてことを思いながら折り返しを目指す。
おっさんも十分速く走っているつもりなんです。
その証拠に、右のわき腹が痛くなってきた。
頑張ってるペースでしばらく走り続けると
右わき腹が痛くなるのは、おっさんの仕様。
ペースを落とすと痛くなくなるのは知ってるけど、
今日はペース落としてられん。
そう、完全に100分切りを目指すことになってしまっていたのである。
いつの間に。

8キロ手前で折り返す。
やっぱり上りを感じることはなかった。
オレの足イケてるwww
で、折り返したとたん、下りはしっかりと感じる。
オレの足、超イケてるwww
下りに入って、さらにスピードが増してくのを感じる。
楽しい、超楽しいwww
この先、13キロまで4分30秒をちょっと切るペースが続くけど、
無理してる感は全然なくって、しんどいとも感じなかった。

2回目の給水は念願のスポドリだったけど、
ポカリそのままは走ってる途中では濃かったのと、
やっぱりメッチャこぼれて、顔とか手にかかって、
ネトネトになってしまった。
まぁ、次の給水の水も同じようにこぼれて、
結果きれいに洗い流されるんだけど・・・

10キロあたりで、もと来た道に合流して、
上り中のランナーさんとすれ違い。
すでに歩いてる人がたくさんいて、ちょっとうらやましい。

ようやく中間点を越える。
超楽しかったのもひと段落してしまっていて、
まだ半分かぁって思うと萎えるから、
もう半分も来たぞって思って気持ちを繋ぐ。
このあたり、なぜか超暑かった。
気温も暑かったけど、体の芯からこみ上げてくるような暑さで。
何かおかしくなったんじゃないだろうかと、一瞬たじろぐ。
すぐに治まったけど、あれはなんだったんだろう?(;゚д゚)

中間点を過ぎてから
前のランナーも歩き出す人とか、
極端にペースが落ちてくる人が増え出だす。
うらやましすぎる反面、
せっかくいいペースで来たのにもったいないなぁとも思う。

12キロ、13キロと快調に過ぎる。
13キロでスタートから1時間経過。
普段は、12キロのコースを走るから、
それなりに早いペースで走ったことがあるのも12キロまで。
20キロを超えるようなときは、最初からペースは緩め。
早いペースの走りでは、未知の領域に突入。
100分切りのペースに完全に乗ったものの、
この先ゴールまでもつのかどうか自分でも半信半疑。

14キロ手前で10キロのコースに合流。
10キロコースの標識は、ゴールまであと何キロだってわかるから
この辺りから、残りの距離を考え始める。
残りを何分ペースで走ればいいかを計算してみたけど、
もうなんか、そんな簡単な計算もできないほど
脳みそがやられてるwww
結論として、とにかく頑張って速く走ればいい。
それしかない。

もうちょっと続きます。

あざいお市マラソン レポートその5。
ども。
40歳ちょっと前のおっさんです。
きっと年齢的なことも何も言ってなかったはずだ。

今日は何もネタがないのでとっとといきましょう。
あざいお市の続きです。

14キロ手前、10キロのコースと合流したあたりです。
楽しかった下りも終わり、
おっさんの快進撃もそろそろ終わりに近づく。
ラップも5'40"にペースダウン。
ちょっとしんどくなってきたこともあり、おっさんちょっと考える。

今日、このまま頑張って100分切りしてしまったら、
次のハーフで自己ベスト更新しようと思ったら、
これよりさらにがんばらなあかんってことやんか。
それはあまりにもハードルが高い。
今日はもう十分がんばったし、そこそこにしといた方が
身のためじゃないか。

・・・コスい。・・・おっさんとことんコスい。
しんどくなってきてるくせに、そんなことには頭が回る。
今日、しんどいの終わりだし、次に自己ベストも狙える。
一粒で2度おいしいw天才。オレ天才www
うははははwwww

って、あぶない。
次のレースでもこんな快進撃できるとは限らんやん。
冷静。おっさん意外にも冷静。
あぶないところで死の淵から生還。
奇跡的にもう一回ペースアップして4'30"ペースに戻す。
ギリギリ踏ん張りながら田んぼコースに突入。
右からの風が強くて暑さが吹っ飛ぶ。
あぁ、こりゃいい風だね、おっさんちょっと生き返ったよ。
なんて思っていると、まさかの右折。

逝ったぁぁあぁぁぁぁあwwww

あぁもうこれね、きっと当日走った人にしかわかんない。
当日走った人には説明不要。まさに死の瞬間。
風を遮るものが何もない田んぼの真ん中で、まさかの強風アゲンストw
4'50"台に急ブレーキ。
長い。直線がやたらと長い。
おっさんだけじゃなく、まわりもみんな急ブレーキ。失速祭り。

ヘロヘロになりながら長かった田んぼを抜けて、
住宅地に入ったら風はなくなったものの、もうスピードは戻らない。
残り2キロ。何とかギリギリ4分台にとどめるのがやっと。
まわりのランナーさんは、さすが勝負どころを知っているのか、
このあたりからラストスパートでスピードが上がる。

おっさん、ごぼう抜かれ。
一人だけ別次元。
でも、走り終わったランナーさんから
熱い応援をいただいて、何とか踏みとどまる。
残り5分ペースで走れれば、何とか100分切れそうだ。
最後の力を振り絞って4'40"に戻す。
やればできるw

競技場の入り口手前、あそこで家族が待ってるはずだ。
さっきまでの必死のパッチから、涼しげな顔に作り替えるw

・・・おらん。完全におらん。
最後の力を使いきって顔まで作ったのに。
頑張って早く戻ってきたのに。。。
落胆しながら、競技場へ。

「お父さーーーん。もうちょっとだよーーー。」
とチビ助の声が聞こえる。
あぁ、やっぱりうちの子は声がデカい。
どうも、後で聞いたら、
スタート前に1時間45分って言ってたから、
まだ帰ってこないと思って、競技場で遊んでたらしい。
チビ助がトイレに行ったきり帰ってこなくて、
おっさんが戻ってくるのを見逃すとこだったって。
あぶない。ゴール予想タイムはちょっと短めに伝えましょう。

このあたりで、ようやく100分切りを確信。
もう間違いない。コケなければ大丈夫そうだ。
家族の前だったら父ちゃんは速い。
ラストスパートしてゴール!
何とか100分は切れたっぽい。

競技場の外に向かって歩きだして、
ゼッケンからタグを取り外して返却しながら気づいた。
時計止めてない(゚A゚;)
いろんな人のブログで、散々見てきて、
んなわけないやんと思ってたけど・・・
本当でした。ゴールしても時計止めるの忘れます。
どんくさいと思ってすいませんでした。
時計でもギリギリ100分切り。
あぶなかった。

この後、水と完走証をもらう。
最初から最後まで、すばらしく混雑がない。
本当にスムーズな運営でした。
ありがとうございました。

完走証を確認すると間違いなく100分切ってる。
キタコレ。
自然と顔がニヤける。
何回見ても1時間39分20秒って書いてある。

その後、家族と合流。
まぁまぁ速かったやろ?
なんつって、完走証を渡す。
チビ助に渡したら、ビリビリにされそうだから、
ビビって奥さんに渡したのは内緒だ。

完走証のタイムを見ても、イマイチ速さがわかってないみたい。
つまらん。。。
おっさん「オレ、がんばったんちゃう?」
奥さん「先頭の人、めっちゃ速かったで!一人だけ次元が違ったで!」
チビ助「ビューって走ってたよ」

あかん、そんなんと比べられたら・・・。
あかん。あかん。あかん。。。

着替えを済ませて、そそくさと撤収。
駐車場までのバスにはやっぱりガイドさんはいなかった。残念。

帰る途中で、近江ちゃんぽんなるものを食べた。
長崎のちゃんぽんは白いスープだけど、
近江ちゃんぽんは透明のあっさりしたスープ。
それはそれでおいしい。

昼ごはんを食べ終わったら、車の中はおやすみタイム。
一番疲れてるのは、間違いなくおっさんなんだけどな。。。
応援ありがとうございました。

家に帰って、かばんに突っ込んだTシャツ、ランパン取りだしたら、
この世のものとは思えないにおいが。。。
おっさん、どっか壊れてるんじゃないだろうか?

もう一回だけ続きます。

あざいお市マラソン レポートその6。
ども。
さて、ダラダラと続いてきた
あざいお市マラソンのレポートも今回で最後。
おつきあいありがとうございました。

って、誰か読んでるか知らんけど。。。

最後にお市マラソンの感想などをちょろっとだけ。

さんざん、いろんなところで言われているので、
今さらおっさんが改めて言うことでもないんだけど、
駐車場に入ってから、駐車場を出ていくまで、
ほとんどどこも渋滞することがなく、
ストレスを感じることはありませんでした。
スタッフの方々はいろいろなご苦労があったことかと思います。
どうもありがとうございました。

地元の人たちの応援もすごくあったかくて、
元気をいただきました。
みなさんありがとうございました。

迷うことなく来年もまた出たいと思えるすごく良い大会です。

久々に大会に出て感じたのは、
たまには大会に出て走った方が良いってこと。
やっぱり自分が日々やってきた成果を確認する場って必要だし、
それだけじゃなくって、
やっぱり大勢の人たちと一緒に走るのって純粋に楽しい。
(ひとり黙々と走ってる自分も嫌いではないんだけど)

んで、せっかく大勢で走るんだったら、
ひとりぐらいは知り合いがいた方が楽しいだろうなぁ。と。

たまたま、最近ちょくちょく拝見させてもらってた
オモシロさんたちが同じ大会に出るってことを知って、
辛抱たまらんってことで、コメントさせてもらってから、
おっさんのブログにもちょくちょくコメントをいただけるようになり、
より一層楽しくなりました。
自分の知らない大会のレポートを読むのも楽しいけど、
参加して雰囲気がわかる大会のレポートを、
同時進行で読ませていただくと、さらに楽しいっすね。

井出さんは、
真面目でまっすぐででも適度に遊びがあって、
すごくイイ感じで、走るってことと向き合ってるんだな
ってことを感じてて、
すごく良い刺激をいただいてます。
きっと今目指すべきは、井出さんのようなスタイルなんだな
と思ったりしてます。
ありがとうございます。

きっとおっさんは、誰彼なしに仲良くなったり、
たくさんのお友達を作ったりすることはできなさそうだけど、
良い刺激をもらったり、与えたりしながら、
いつかどっかの大会でだれかと一緒に走ったりしてみたいもんです。

あざいお市マラソンは、
いろいろと考えさせられることが多くって、
自分にとって良い転機になった気がします。

これからも楽しみながら、がんばって走っていきたいと思いました。

これで、あざいお市マラソンのレポートは終わりです。

あ、そうそう、
いろんなブログとかで何度も見かけて、
でもそんなことあるかい、ってずっと思ってたんだけど。
練習で走れん速さで本番では走れる。
これは本当だった。
疑ってすいませんでした。
ただ、やっぱり日ごろのトレーニングの裏づけがあってこそ
だってことは思うけど。