プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
【東京マラソン】何とかなる【レポ2】。
ども。

始発電車に乗って新大阪に行ってから、
バスに乗り換えて伊丹空港へ。

ふふふw
とてもスムーズだw

最終到着地は違うけど、
飛行機に乗るところまでは3週間前にリハーサルしたからねw
別大に出といてよかったーw

おっさんは8割方、お友達の善意によって
充実したマラソンライフを送ることができているw
今回、往復の航空券とホテルはおっさんが手配したんだけど、
自力で手配できたことが自分でも不思議で仕方がないw
世の中の大体のことは、結局何とかなるんだぜw
それに気づいてから、おっさんはいろんなことに
深く思い悩むことをやめたw
いや、悩むんだけど、悩まないのだw
ふふふw
ふふふふふふふwww


でもって、空港に着いてカウンターで荷物を預けた後で、
出発までに時間があったし、おなかもすいていたから
朝ご飯を食べることにした。

おっさんは、レース前だからって
特にカーボイン的なことをする訳でもなく、
普段どおりか、いつもよりちょっと多めにする
ぐらいのことしかしないんだけど、
おなかすいてたし、レースの前の日だしってことで、
空港の中を一通りぐるっと回ってから、カレーを食べることにした。

カレー食っときゃ間違いないだろw


…40過ぎの体には朝からカレーは重いw
食べた直後から、胃もたれがひどいwww

気合いが入ってても、カレーがキツいなんて
おっさんはもうおかゆぐらいしか食べるものがない!
ってひっそりと涙したw


瞬く間に東京。
朝早かったし、少しぐらい機内で寝られるかな
って思ってたんだけど、
寝てるとドリンクのサービスが受けられないから、
おっさんは必死で目を開けていたw

たかだかジュース一杯に執着する自分の意地汚さに引いたw


羽田からはバスに乗ってビッグサイトへ。
何日か前に
「羽田からビッグサイトへの行き方がわからん」
ってつぶやいてみたところ、
たまさんがいろんなルートを提示してくれた中で、
いろんな人が「バスがいい」って言うから、バスにした。


…たぶん、おっさんは電車の乗り換えとか満足にできない
って思われてるんだろうなw



正解!

乗り換え以前に、羽田空港から最寄の駅に行けないはずだw
バスなら、きっぷ売り場に行って
「ビッグサイト」
って単語だけを言っとけば大丈夫だからねw

一路ビッグサイトへ。

…あっさり着いたw
別大のときと違って、飛行機の中にも
いかにもランナーって感じの人はほとんどいなかったし、
ビッグサイトまでのバスにも、何人かしかいなかった。

バスを降りてから、ビッグサイトの入口までの間も
それほど混雑してるって訳でもなく、
まさにおっさんが狙った通りの展開w
朝早く行けば、混雑する前に受付が終わるんだぜwww
東京マラソン、3万6千人だかのランナーがいるって言ったって、
朝イチから受付するような気合いの入った人は
それほど多くはないんだぜwww

とりあえず、受付さえ済ませてしまえば、
あとはエキスポをゆっくり見るもよし、
誰かと合流して観光するもよし、
とっととホテルに行ってゆっくりするもよし、
何とでもなるってもんだwww



まぁ、おっさんが着いたのが早すぎて、
まだ受付始まってませんでしたけどねw

…こんなとこであと30分以上もどうすんだよ、クソっ!w

東京マラソンの受付は11時開始な。
これマメなw
事前に郵送されてきた書類は、ちゃんと読んどこうなw
早く行けばいいってもんじゃないからな(白目w

受付が始まるまで時間があったから、
近くでフレンドシップランのスタートを待ってるっていう
proceed2600さんときんきんとに会いに行くことにした。

二人がどこにいるのか、詳しい場所は知らないけれど、
それらしきところに行ってみたら何とかなるはずだw


ちょっとにぎやかな音が出ていて、
たくさんの人が集まってそうな場所に向かって移動w
そんぐらいのふわっとした感じでも会えるw
昭和から平成に変わるぐらいの頃はそんなもんだったw


たくさんの人が集まってる場所の中でも
とりわけたくさんの人が集まってる場所に行ったら




いたw

2017フレンドシップランKISS


…なw
何とかなるんだよw


どこにいるとも言ってないのに、
ほどなく、たまさんとも合流できたw

…なw


つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】受付とEXPO【レポ3】。
ども。

2017フレンドシップランKISS

proceed2600さん、きんきんの仮装組とたまさんと
無事に合流してから、スタートまでの間、しばし談笑。

しようと思ってたんだけど、
ガイジンさんたちがひっきりなしに
「シャシンプリーズ」
っつって、一緒に写真を撮りたがって、
たまさんにスマホとかカメラを渡していたw

渡す相手はなぜかたまさんw

おっさんが見た限り、間違いなくこのkissが一番人気だったw

きんきんの甥っ子君(8歳)は、
突然ガイジンさんたちにモテモテになって、
写真を撮られまくったもんだから、
段々とポージングもいっちょ前になって
最後はキレキレだったw

50歳のおじさんですら
「楽しいwww超楽しいwww」
ってニッコニコだったんだから、
小2にはちょっと刺激が強すぎたんじゃないかな?w


スタート直前、どこからともなくmizoreさんが走って現れて、
そして挨拶をしたら、また颯爽と走って消えていったw
どこぞから走ってきて、葛西臨海公園まで走って行くんだそうだw

走るの好っきゃなー(白目w


スタートを見届けてから、たまさんと二人でEXPOへ。
おっさんはまずは受付を済ませた。

東京マラソンの受付は、
本人確認→ゼッケンと荷物袋受け取り→
(待ってる間にセキュリティリティバンド装着)→
Tシャツ受け取り→計測チップの動作確認でおしまい。

本人確認した後で装着するセキュリティバンドがないと
スタートエリアに入れないから、それがちゃんと機能していたら
代走はできないってことだ。
実際のところは、いろいろと課題がありそうだけど…。

ちゃんとするんだ
っていう姿勢とか試みとしてはいいんじゃないかな。

おっさんは早い時間に行ったからか、
受付はとてもスムーズでほとんど待たされることもなかった。
来年も開場してすぐに受付することにしようw


受付の出口のところでたまさんと合流してEXPO会場を見て回る。
…人だらけだったw

そもそも、おっさんマラソン関係の物欲は
靴以外にはほとんどない人だから、
わき目も振らず、一直線に出口を目指したw

…たまさんはそれで良かったんだろうか?
おっさんには何度も
「寄りたいところがあったら遠慮なく寄ってくださいよ」
って言ってたけど、これ、今考えたら
たまさんにも寄りたいところがあったってことじゃねーの?w



…まいっかw

一通りぐるりとEXPO会場を見て回って、
Qちゃんとか鏑木さんの写真を撮ったりして最後に、
たまさんにお願いして、ぱっきーさんのブースに
連れてってもらった。

ちょうどタイミングが良かったみたいで、
ぱっきーさんは接客中ではなかったから、
一緒に写真を撮ってもらったりなんかした。

たまさんは
「カリスマの競演だーーーwww」
って大喜びしていたw

でもって、ぱっきーさんとは別の方に
パワーブレードでふくらはぎをほぐしてもらったんだけど、
その時に「明日はどれぐらいのタイムで?」
って聞かれたから、誰もいないしおっさんは正直に
「3時間10分を狙おうと思ってます」
って答えたんだけど、いつの間にか隣でパワーブレード中だった
たまさんにしっかりと聞かれていたw

しまった!w


この後、くろいわさんから連絡をもらって無事に合流。
くろいわさんのお目当てはもちろん鏑木さんw

たまさんはくろいわさんを見て
「うわー、今日はカリスマばっかりだwww」
って大喜びだったw


くろいわさんは、ブログでは自分のことを
人見知りのコミュ障って言ってるけど、
前に新横で一回会っただけ(しかも一緒に走ってないw)の
おっさんに連絡をくれてとても嬉しかったですw

レース前の補給食まで差し入れいただいてありがとうございました。
スタート前に美味しくいただきましたw


鏑木さんの講演までちょっと時間があったから、
「ぱっきーさんのところには行かないの?
 オレもさっき行って、一緒に写真撮ってもらったよ」
って言ったんだけど、
「いや、私はいいんです。
 遠くから自撮りで、小さくツーショットなんて…」
とか言ってるw

どうやら、アメブロは写真のモザイクが薄いから
いろいろと都合が悪いんだそうだw



…え!
オレ、ぱっきーさんのスマホでおもっくそ写真撮られたしw

と思ったんだけど、
そういえば、前の日に受付に来ていたトガーさんは、
しっかりとモザイク付きになっていたことを思い出して、
おっさんは一安心したw

くろいわさん、警戒心つよいなーw



後日、ぱっきーさんのブログに、
おっさんとたまさんとぱっきーさんの写真が
ノーモザイクで載っていたw
ワロタw
(名前は覚えてもらえなかったみたいで、
 名前は載ってなかったからセーフw)


どうやら、ぱっきーさんの中では、
トガーさんはチンコと同列の扱いだったみたいだw

なるほどなー(白目w


つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】東京の街をウロウロ【レポ4】。
ども。

くろいわさんとお別れしたあと、
既にフレンドシップランをゴールしていた
proceed2600さんときんきんと再度合流すべく都内某所へw

都内某所へはもちろん、たまさんに連れていってもらったw


都内某所に着くとそこには、
つい1時間ほど前は真っ白な顔をして、
たくさんのガイジンさんたちから
ものすごくちやほやされていたのに、
お風呂に入って白い顔じゃなくなったら、
とたんに誰からも見向きもされなくなってしまって
しょぼくれているおじさんとおばさんがいたw

まさに祭りの後の静けさだw

ついさっきモテモテだったときには、
なんだか雲の上の人になってしまって遠く感じたんだけど、
今、この二人をものすごく近くに感じるw

おぉ、友よ!w
おぉ、心の友よ!www

みんなでちょっと遅めのお昼ごはんを食べた。
絶対に食べログには載らないんだけど、
とても素敵で、でもおっさんはもう一生行くことのない
まさに本物の上級国民が集うお店って感じのところだったw

おっさんとブログの話をしたことがない
って言い張るproceed2600さんに
「今日はブログの話をしましょう!」
って張り切って提案したんだけど、
フレンドシップランが楽しくてまた来年も走りたい
って話を終始興奮冷めやらぬ感じで聞かされ続けたw

どんだけ楽しかったねんって話だw


そんなつもりはなかったのに、
注文したスパゲッティはなぜか山盛りでお腹がいっぱいになった。
東京マラソンカーボパスタ

思いもかけないカーボローディングのあと、
ボランティアの説明会に参加のproceed2600さんと、
EXPO会場を見て回るってきんきんはビッグサイトに引き返し、
おっさんは人形町のホテルへ、たまさんはおうちに帰る
ってんで、ここでみんなとお別れってことになった。

たまさんとは、地下鉄の乗り換え駅まで一緒だったんだけど、
人形町までの行き方を、乗り換え駅での改札の出方から、
次の改札の入り方に至るまで、懇切丁寧に教えてもらったw

そらもう、わしゃ小学生かw
って感じの絶対に間違えようのない細かさで教えてくれたw


それでも、あぁ今日は楽しかったなぁ
なんてことを思い出したりしていて、
そういえば乗り換え駅遠いなぁ、人形町遠すぎwww
って気づいたときには、とっくに乗り換え駅を乗り過ごしていて、
ここからの人形町への行き方はたまさんに教わってないぞ、
どうしてくれんだよコラw
逆ギレしつつ、小学生でもできることすら
満足にできない自分に愕然としたw

懇切丁寧に教えてくれたたまさんに合わせる顔がないw
けど、次の日には普通に会ったw
なんなら、アフター会場にたどり着けなくて迎えにきてもらったw


なんとかかんとか、大冒険の末ホテルにたどり着いたおっさんは、
部屋に入るや否や、超音波で踵のケアをしたw
痛くはなかったんだけど、念には念を入れてだ。

ロボッチが事前に教えてくれたように、たくさん歩く一日だった。
つくづくランシューで来てよかったと思った。

ただし、歩いたのの大半は、
ロボッチが言ってたようなEXPO会場の広さによるものではなく、
いたるところで道に迷ってウロウロしたことが
原因だったけどねw

来年、東京マラソンの行く人はぜひともランシューでw


踵のケアが終わったあと、
ちょっと早かったけど早くゆっくりしたかったから、
晩ごはんを食べに行くことにしたw

なんかあんまりお腹が減ってないけどなぁ
って思いながらホテルを出たんだけど、
さっき昼ごはんを食べたばっかだから当たり前だったw

…わしゃ、おじいちゃんかw


ホテルを出てしまってたから、
もう引き返すのもめんどくさいし、そのまま行くことにしたw
ホテルの近くは地理的によくわからなくて、
お店を探してウロウロすることになりそうだったから、
電車に乗ってごはんを食べに行った。

…めちゃ迷って、結局ウロウロしたw
ワロタw

東京マラソンカーボつけ麺

神田でつけ麺を食べて帰って来たんだけど、
帰りの電車で、なんか足がチクチクするなって思って、
ホテルに帰って靴を脱いだら、左足の小指にマメができていたw

フルマラソンの前日なのに…w
足に負担がかからないようにランシューで来たのに…w
おっさん、マラソン走ってもマメなんてほとんどできないのに…w

おっさん、なんだかクタクタですぐに寝たw
ぐっすり寝たw

さぁ、起きたら東京マラソンだ。

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】トラップが多すぎる【レポ5】。
ども。

東京マラソン当日、朝5時に起床。
正確には4時59分に起床。

目覚ましは5時にセットしてたんだけど、
寝過ごした夢を見て、ハッ!!!
てなったのが4時45分で、それからは寝られる訳もなく、
だからって起きるのもなんだかなぁって思いながら
ベッドの中でうだうだしてたんだけど、
残り1分を我慢できずに起きたw

起きてまず、いつも通り体の状態を確かめる。
踵は特に痛いってことはない。
まるっきり痛みがない訳じゃないけど、いつも通りだ。
うん。悪くはない。

踵以外にも痛いところは特にはない。
金・土の二日間ランオフだったし、足に疲れもないし、
特に体がだるいってこともない。
よし、いける。

最後に起き抜けの心拍数を測る。
訳がわからないぐらいにバクバクしていたw
よ、よし、いつものレースの朝だ(白目w

絶好調さは感じないけど、気になるところがあるでもなく
よい意味で普通にレースの朝を迎えられたw
普通ならいけるw


ベッドから出て、まずは踵に超音波を当てる。
痛みを緩和するのが目的じゃなくって、
不安なくスタートの瞬間を迎えるための超音波だw
直接的な意味はなくっても、この1年1日も欠かさずやってきた
ことを今日また繰り返していると、自然と心が落ち着いてくるw

頼む、このまま痛みが出ないでくれ。
痛みが出るんなら、ゴールした後にしてくれ。


超音波が終わってから、朝ごはんにおにぎりを2個食べて、
それからトイレに行ってから、最後に着替えを済ませる。
流れるようにスムーズに、すべての準備が終わってしまって
逆に何かを忘れてるんじゃないかって不安になるぐらいだw

ホテルを出るにはちょっと早いし、
だからって何かができるほどの時間もないし、
とても手持ち無沙汰だw

レース前の準備は、あまりスムーズ過ぎないほうがいいw

6時になったのを確認して、ホテルを出発。
前日、お昼ごはんを食べながら、会場入りの時間を迷ってる
って話をしたときに、proceed2600さんが
「東京マラソンは3万6千人もランナーがいるし、
 入口も中に入ってからもいろいろと混雑するかもしれないから、
 できるだけ早く会場に行ってからゆっくりしたほうがいい」
ってアドバイスをくれたから、それに従うことにしたのだ。

意外に思うかもしれないけど、基本的におっさんは素直だw
真面目で素直なナイスガイだw


ナイスガイは、新宿のスタート地点を目指して駅に向かった。
駅に着いたら、ランナーっぽい人について行けば自動的に新宿だw

やべぇw天才だwww

…早すぎて、人形町の駅の切符売り場には
ランナーどころかおっさん以外誰もいなかったw

やべぇw詰んだw

でも、とりあえず、地下鉄に乗ればいいんでしょ。
乗った電車の中でランナーっぽい人について行けば…(略)

やべぇw天才だw
機転が利きすぎるwww

改札に向かったナイスガイは、愕然としたw
人形町には都営地下鉄と東京メトロの二つの改札がありやがるwww

どっちが正解かわからねー(白目w
やべぇw詰んだw
戦略が脆すぎるw


改札のあたりで、しばらくオロオロしていたら、
ランナーらしき人が何人か来るじゃないかw

キタコレ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!


このランナーっぽい人たちについて…(略w
やべぇw天才すぎるwww


やってきた、ランナーっぽい人たちは、
都営地下鉄と東京メトロとに分かれて改札に入って行ったよねw


…なんてことだ(白目w

迷ってる時間はないから、
ナイスガイは東京メトロの方について行った。

前日の受付で東京メトロの24時間切符をもらったのと、
東京メトロの改札に向かったランナーっぽい人たちの方が
人数が多かったのが理由だw

意外に思うかもしれないけど、
基本的におっさんは長いものに巻かれるw

でもって、ランナーっぽい人たちについて
東京メトロのホームに行ったナイスガイは、
電車が入ってくるのを待っていたんだけれど、
目の前にいるランナーっぽい人たちが、
台湾人の団体だってことに気が付いて、白目を剥いたw



スタート地点にたどり着くまでにトラップが多すぎるwww
東京怖いwww

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】人間って温かい【レポ6】。
ども。

地下鉄に乗り込んで新宿を目指すおっさん。
駅すぱあとの言うがままに乗り換えるつもりでいたのに、
駅すぱあとが言うのと違う駅で、大量のランナーが乗り換えるのを
目の当たりにすると、オレ、何か騙されてんじゃね?
って気持ちになって、心拍計が異常値w

それでも何とか都営新宿線の新宿方面行の電車に乗れた時は、
ここから迷うことができたら、それはもうミラクルだw
って思ってガッツポーズしましたよw



…さすがに迷いませんでしたよw
そんな状況でもミラクルを起こせるほど、
オレはブログの神様に愛されてはいなかった…くそっw


駅の改札を出て、地下道でゲート1を目指す。
EXPOでもらった地図が、わりとふわっとした感じのだったから、
ゲート1まで無事に行けるか不安だったけど、
改札を出た瞬間から、「ゲート1はこっち」
ってプラカードでこれでもかってぐらい誘導してくれて、
おかげで迷わず最短距離でゲート1に到着した。

着くのが早すぎて、ゲート開いてませんでしたけどねw

あ、そうそう。
ゲートが開く前に到着したけど、
新宿駅からゲートまでにある地下のトイレには
どこも行列ができていたから、
トイレがギリギリの人は新宿までの途中の駅で
済ませておくのが吉かと。

開場10分ほど前にゲート前に到着したんだけど、
もうすでに入場待ちのランナーで長蛇の列になっていた。
それでも、会場時間を早めるとかの融通はなくて、
予定通りの7時に開門。

まず最初のゲートでセキュリティバンドを機械で読み取ってから、
次のゲートで手荷物を調べられるって二段階のチェック。

一見、スピードガンみたいな機械で
セキュリティバンドを読み取るんだけど、
機械が悪いのか、手際が悪いのかよくわからないけど、
読み取りに苦労してるみたいで、なかなか行列がすすまなくって、
ゲートの通過には結構時間がかかった。

逆に手荷物検査は、ビビるほどあっさりで、
鞄の中なんてほぼノーチェックで
検査済みのステッカーを貼ってくれた(白目w

…どっちかって言うと、逆じゃね?w
いろいろと心配になったけど、
何も起こらなくてよかったw

ゲートを通過したら、まずはトイレを目指す。
…新宿寒い。

開門してすぐだったから、
まだ行列ができきる前で3人待ちぐらいでトイレに行けたw

そのあとは、ずっとミールサービスのところに陣取って
給水したり、持ち込んだどら焼きを食べたりして、
誰かが来るのを待ってたけど、結局誰にも会えずじまいだった。
残念だ。

っていうか、新宿は高いビルばっかで、
目に見える範囲には日陰しかないし、
ビル風っての?風もわりとあったたから、
おっさんはずっとガタガタ震えていたw

あまりにも手がガタガタ震えるもんだから、
ミールサービスでもらった紙コップの水がこぼれて、
志村けんのコントのおばあちゃんかよって思ったw

新宿、マジ寒ぃ(白目w

本当はなるべく早く準備を済ませて、
早く整列したかったんだけど、
ただでさえこんなクソ寒いのに、
ジャージ脱いで半袖ランパンになれるかよw
って思って、整列に行くのはギリギリまで遅らせたんだけど、
結局これが裏目に出た。

脱いでから、荷物預けて整列するまでは
さすがに寒いんだけど、整列してしまったら、
人が密集してるから風よけになるし、
何よりみんなの体温があったかくて
半袖ランパンでも普通に平気だったw

なるほどなーw
人間って温かいのね。
(体温的な意味でw)
おっさん、大都会のど真ん中で人の温かさに触れて泣いたw

あ、そういえば、荷物預けのところで、
荷物袋を抱えて、さらにその倍ぐらいある
キャリーバッグ(通称:コロコロ)を引いているランナーさんが
いたんだけれど、あのキャリーバッグは結局どうしたんだろう?

見た感じ普通のランナーさんだったから、
仮装の道具っぽくはなかったし、
どう考えても袋には入らないから預かってもらえる訳もないから、
きっと荷物袋とは別にキャリーバッグも預かってもらえる
って勘違いしてたんだろうと思うけど、
今さら勘違いを指摘したところでどうなるもんでもないし、
事の顛末が知りたいけど、そのためについて行くのも何か違うしw

どうするんだろう?
って気になったまま、整列に行ったんだったw
あのランナーさんはどうなったんだろう?
コロコロ引いたまま、フルマラソンを走り切ったんだろうか?
自分の足より先に、コロコロがダメになる気がするけどw

目撃情報は…ないよなぁ?w


そんなこんなで、スタートの40分ほど前
おっさんはBブロックの中団に整列した。

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村