プロフィール

あやた

Author:あやた
おっさんです。
コメントはお気軽にどぞ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

押すな押すな

ブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

wの喜劇(仮)
【東京マラソン】ゴール【レポ22】。
ども。

40キロを通過、残り2.195キロ。
ここからは全力。
ゴールまで10分で走り切るぜ!

10分に何か根拠がある訳ではないし、
2.195キロを10分で走ろうと思ったらどのぐらいの
ペースが必要なのかってのもわかってないけど、
確か別大のときが10分切れてたはずだし、
何となく10分切ってたら撃沈せずにがんばったな
って感じがするような気がしたから、10分切りを目標にした。

ま、簡単に言うと雰囲気だw

(ちなみに、さっき計算したところによると、
 2.195キロを10分で走ると433ペースだそうだ。
 小数以下が四捨五入された結果だから、
 細かい話をすると433をちょっと割らなきゃならないか、
 あるいはちょっと出ても大丈夫なのかどっちかなんだけど、
 それは知らんw
 細かいことは気にすんなw
 あと、別大のときの最後の2.195キロは9分38秒で
 423ペースだった模様)


しんどいけれど、特に痛いところはないし足は動く。
足が動くんなら、めいっぱい動かしたら速く走れるはずだw
おっさん、前に進むことだけを考えて、めいっぱい足を動かす。

ちょっとペースアップできた気がするw
っしゃー♪

すぐに呼吸がハァハァなってきたけど、
ハァハァしてるうちにゴールするはずだw
なんせ、おっさんペースアップしてんだからねw

ハァハァハァハァ。
ハァハァんぁぁぁハァハァんああああ。
変な声が出てきたけど気にしないw

キツい…けどもうすぐゴールのはずだ。

残り2キロの標識を通過。



!…絶望したw
おっさん、ちょっと飛ばし過ぎたみたいw
声が出ちゃうぐらいになるのは、
もうちょっと後に取っておくことにして、
常識的なハァハァの範囲で走るw

日比谷公園を通過して、丸の内に入る。
ここから一気に道幅は狭くなる上に、
たくさんのギャラリーが道路の両側にいるもんだから、
応援の声がすごく近くてとても気分がいいw

前のランナーにガンガン近づいて、
バンバン抜けるのと、視界両サイドのギャラリーが
どんどん後ろに流れていくのが相まって、
自分がめちゃ速く走ってるような錯覚に陥って
めちゃ苦しいんだけど、気持ちいいw

ただし、アスファルトから石畳になって、
見た目の雰囲気はすごくいいんだけど、
多少のボコボコがあるせいで、
踵の筋がグリッとかなったらとシャレにならないから、
着地にものすごく気を遣いながらのスパートw

呼吸はキツいし、足も速く動かなくなってきたけど、
サトさんが別大のレポの中で、
足が動かなくなってから、体を前に倒しながら走った
って書いてあったのを思い出して、
おっさんも体を前傾して走ってみる。

サトさん、これで合ってるか?

もうこの際、どんな不恰好でもいいw
ちょっとでも早くゴールがしたい。
ゴールして、このキツさから解放されたいんだよぉw

ちょっと大きな交差点を左折したら、
目の前にゴールゲートが見えたw

オフィシャルのタイマーに表示されていたのは、
3時間12分台の時間で、そのまま12分台でゴールできるのを確信。

あぁ、これで東京マラソンが終わるのかぁ。
楽しかったなぁ。
余裕で治ると思ってた踵の故障を今シーズンも引きずって
思ったようには走れなかったけど、
でも最後のレースでこうやって楽しく走れたから、
いいイメージで来シーズンにつなげられそうだ。
よかったなw
踵、全然治らないし、
もう自己ベストを更新するような走りはできないのかも
って思ったときもあったけど、
シーズンの最後の最後でこうやって走れてよかったなw
また来シーズンに向けてがんばろうって思えてよかったなw
がんばったら、もっと速く走れるかもって思えてよかったなw



…っていうか、見えてからゴール遠っ!w

ゴールゲートをくぐって、
一番遠くの計測マットまで駆け抜けて、
おっさんの東京マラソンは終わったw

おっさんは、マットの一番手前で走るの緩めたときに、
実はタイムの計測は一番遠くのマットでしたってのが嫌だから、
キツくても一番遠くのマットまで駆け抜けるのだwww

ガーミンで、3時間12分27秒だった。

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】ラストスパート開始【レポ21】。
ども。

無事、元気にブログ村応援隊の前を通過して
残るはあと3キロちょっと。
ここからもう一段テンションを上げていくのは
さすがにちょっと無理だけど、
おっさんの中に残ってる力を全部寄せ集めて
途中で枯れないぐらいのギリギリ攻めた感じで
ゴールまで行くイメージで走るw

理想はゴールラインの10メートル向こうで
走れなくなるぐらいのギリギリさw

10メートル手前で走れなくなっても、
10メートル向こうで歩くことすらできなくなってもダメ。

気のせいじゃなくだいぶキツいけど、
5キロTTの終盤はシャレにならないぐらいにもっとキツいし、
それと比べたら3キロぐらいいけるやろ…たぶん(白目w

まぁ、おっさんの場合、
5キロTTのペース間違って突っ込みすぎたら、
躊躇せずに余裕でやめるし、
そもそも5キロTTなんて、ここ何年かやってないけどなw

そんなことは問題じゃない!
大切なのは意気込みだぁ!!!

ここからはハァハァしながらゴールまで走る!
さぁ、心肺を使ってラストスパートだぜ!!!

おっさん、じんわりとペースを上げる。



…じんわりてw


だって怖いじゃんw
39キロ近く走ってきたのに、
こっからさらにハァハァするの怖いじゃんw
急にペースを変えて足が攣ったりしたら怖いじゃんw

慎重にそろりとペースを上げてみる。

39キロの標識を通過して、すぐに残り3キロの標識を通過。
残り3キロの標識の守り人は実はおっさんの会社の人で、
どこからか、おっさんが東京マラソンを走る
ってことを聞きつけて、何日か前に
『残り3キロのところでボランティアしてます』
ってメールを送ってきてくれたんだった。

おっさん、そのメールを見て、



えぇ…オレが見つけるのぉ?
って思いましたよねw

一応、おっさんからは
「黄色いTシャツで走ってます」
って伝えてはおいたんだけど、
黄色いどんなTシャツなのか、詳細はちょっとねぇw

こうなったらもう、オレが見つけるしかない。
本当に残り3キロって書かれた標識を守っていましたよw


通り過ぎざまに一声かけて、
それをきっかけにラストスパート開始。

よっぽどのアクシデントがない限り、
今シーズンのベストは間違いないけれど、
このままのペースでいったら、きっと3時間13分切れるかどうか
ギリギリのところ…のような気がするw

細かいことはよくわからないけど、
細かいことなんてどうでもいいw
ここまで来たら、1秒でも早くゴールするんだぜぇ!
来年の別大のスタート順を一個でも前にするんだぜぇ!

サトさん、見とけよぉ!!!


3キロ先を目標にしたらしんどいから、
ちょっと前を走ってる人の背中を目標に
「次はあのランナーを抜く」
作戦で、次々にパスしながら少しずつ距離を稼いでいく。

腕を振って、強く蹴って必死で走っても、
スタートしたときと同じぐらいのペースにしか上がらないけど、
それでもごぼう抜きだwww

めちゃキツいけど、
目標のランナーを抜くたびに、
短い距離で次々目標が切り替わるし、
どんどん短くなっていく残りの距離と、
思ったようにバンバンごぼう抜きできるのに
うっはー♪
ってなって、なんかもう訳がわからないぜw


40キロのマットを通過。
もうガーミンは見ない。

残りの2.195キロは10分以内で走り切る!


つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】今日イチでテンションがマッハ【レポ20】。
ども。

38キロ地点給水所。
マルさんとproceed2600さんがボランティアをしている場所だ。

おっさん、今回のレポではプロッシーさんのことを
わざわざ毎回proceed2600さんって正式名称で書いてるのに
そのことについては誰もツッコんでくれないw

対向車線で走ってるときは、
ここに戻ってくるまで5キロもあるのかぁ…
ないわーw
フルマラソン、マジでないわーw
って思っていたけど、
地道に一歩一歩前に進んでいれば
いつかこうやってたどり着くんだよw

おっさんはついに戻ってきたw

予定通りの35キロからの爆上げってのは無理だったけど、
何とかペースを落とさずに微上げぐらいのペースは保てているw
シーズンベストはまず間違いないし、
みんなの応援に最低限応えることはできたはずだw

オレ、まだ元気だよ~♪
撃沈してないよ~♪

ってのをアピールするために、笑顔をセットw


と、まずは給水活動中のマルさんの
「あやたさーん(キュン)」
から復路の応援がスタートw

…やべぇ、キュンとさせちまったw


次はproceed2600さんだ。
マルさんと同じく給水活動に没頭中かと思いきや、
何故か給水テーブルの前にいて、ベテランの貫録を醸していたw

おっさんの姿を認識したかと思ったら、
またしてもその辺に響き渡るデカい声で
「あやた!ファイッ!!!」
とか叫ぶんだ。

もうね、おじさんだし経年劣化で
声のボリューム調節がバカになってきてるんだろうねw
涙腺が緩んできたり、声のボリュームがバカになったり大変だねw

おじさんだもの(proceed2600をw)

でも、この腹に響く「ファイッ!!!」で、
おっさんもガーーーッと気合いが入って…

わかったから、proceed2600さんは給水がんばれw
給水係なんだし、とりあえず水を汲めって思ったw
(proceed2600さんは一体何係だったんだろう?)

きっとランナー励まし係だったんだなw
それなら適任だw


proceed2600さんを通り過ぎたら、すぐ先に青っぽい集団が見えたw
大急ぎであの集団の中に飛び込んで行きたい気持ちを
グッと堪えてまずはしっかりと給水w

ここをスキップして攣ったり、脱水したりしたら大変だからね。
おっさん、こういうところは意外と冷静w

今の感じでいけたら、40キロの給水はスキップしても大丈夫だから、
おそらく最後の給水だ。
今回はスポドリには手を出さず、水だけで乗り切ったw

走ってるときにはそれほど暑さを感じた訳じゃないけど、
レースが終わってからTシャツを脱いだら
かなりのビチョビチョっぷりで、結構な汗をかいていた模様。
でも、スポドリも塩タブも梅干しもマグネシウムも芍薬甘草湯も
そういうのは一切なしでも、脱水とか攣りの兆候すらなかったw

おっさんの場合、水をこまめにしっかり摂って、
メイタンを適度な間隔で4個ぐらい食べて、
適正なペースで走ってれば攣ったりすることはなさそうだ。

一番効果的な攣り対策って、やっぱ練習なんだよなw
来シーズンはもっと速いペースで走っても
攣らないような練習をしっかりと積まなきゃな。


給水後、満を持して青っぽい集団に向かって手を振る。
と、即座に青っぽい集団のあたりがザワっと動くw

いよーーーっしw
キタコレ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

もう十分にしんどいけれど、
それもあと4キロ、20分もかからずにゴールして終わりだってのと、
前のランナーをガンガン抜きまくってる高揚感と、
ちゃんと撃沈せずに戻ってきたよって達成感と
知ってる顔がいっぱい見えたことへの安心感とか
いろんな感情がないまぜで、今日イチでテンションがマッハwww

ハイタッチに備えて、一番沿道側にコースをとって
青っぽい集団の中に飛び込んだwww

沿道から出てる手、めっちゃ多いしw
ハイタッチの距離、なげーしw
みんなのテンションもめちゃ高いしw

楽しいw
マラソンって楽しいwww

おっさん、この瞬間のためにがんばってきた訳じゃないけど、
ここまでがんばってきたことへの最高のご褒美だw


…まだあと3キロ以上残ってるけどなw
この高揚感を味わうために、38キロ以上…練習を含めたら
1年で3000キロ近く走らなきゃならないって思ったら、
ちょっと気が遠くなるけどな(白目w

さぁ、あとはゴールするだけだ。
残念ながら3時間ヒトケタはもう無理だけど、
アップデートを食い入るように見ているはずのサトさんに
イイ感じでタスキをつなぐために、ちょっとでも早いタイムで
ゴールするために、ゴールまでがんばる!

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】こっからがマラソンだ【レポ19】。
ども。

36キロ手前、品川で最後の折り返し。
さぁ、あとはゴールまで行くだけだw

ま、スタートしてからずっとゴールまで行くだけなんだけどなw

折り返しを回るのに乗じて、
ここまでずっとデッドヒートしてきた外国人女ガーを抜き去ったw
折り返しでインコースに位置取りして、最短距離をクルッと回った
おっさんの頭脳プレーの勝利だwww

よし!
このまま勢いに乗って



…アゲンストでしたよね(白目w

いやいやいやいやw
えぇぇーーーっw
マジでかw

折り返した今ここでアゲンストってことは、
すなわちこっからゴールまでずーーーっとアゲンストだ
ってことを意味するわけでw

…あかん(白目w

あーあ、こっから巻き返す予定だったのになぁw
アゲンストがなかったら、ここからペースアップして
超絶ネガティブで目標達成するはずだったのになぁぁぁぁぁwww

おっさんの夢はここで潰えた(うそw


まぁなんだ、ここまで来たら追い風だろうが向かい風だろうが
どっちにしろキツいんだし、何でも一緒だw
細かいことは考えずに、一歩一歩前に進むだけだw

こっからゴールまでをきっちり走れるかどうかで、
今日の満足度とか達成感とか、次のレースへのモチベーションとか
マラソンを走る自信とかいろんなものに影響してくるわけで、
こっからがマラソンだぜぇw

こっからをちゃんと走るために、
オレは今までしんどい練習をしてきたんだぜぇ(…してないw


幸いにも今走ってきた道を戻るんだから、
今来た時と同じように応援をしてもらえるはずで、
少なくとも応援ポイント周辺だけはちゃんと走れる気がするw

おっさんのペースはそれほどは上がってないのに、
このあたりまで来たらもう抜きまくりで、
でも、そんな中でも稀にいいペースで
前をを走ってるランナーがいて、
『次はあの人を抜く』
って決めて、じりじりと何百メートルかかけて追い抜いて、
また別のいいペースのランナーを見つけては、
『今度はあの人だ』
って感じで、ターゲットを決めて追って抜く
ってことを繰り返しながら、何百メートルかずつ
がんばって前に進んでゴールまでの距離を縮めていったw


何人かを抜いたところで、
うーぱぱさん、san-anさんの応援ポイントを通過。

道路の向こう側からでも、またきっちり応援してくれたw

っし、次は38キロの給水所でマルさんとproceed2600さんだ。


…微妙に長いw

少しずつ減っていくゴールまでの距離をモチベーションに
強く腕を振るってことを意識してがんばってペースアップ。
実際のタイム的にはほとんどペースアップしてないけど、
タイムじゃないんだ、気持ちなんだw

応援隊の前だけ涼しい顔で走れたら、
そこ以外の区間はキツそうなの丸出しでもなんでもいいw

顔を歪めながらぶっさいくに走ってたら
不意に沿道から
「あやたさん、がんばれ」
って声援が飛んできた。

え?来るときには、こんなとこで応援なんてなかったけど?
ちょっと意味がわからずに、声援の方を見たら
そこにはなんと、ひこさんがいたw

でも、肉Tじゃなかったw
おっさん、肉Tじゃないひこさんを見るの初めてかもしれないw

っていうか、ついこないだ
最近ひこさん何してんだろ?
的な話を誰かとしたばっかりで、
こんなところで元気な姿を見られるなんて思ってなかったから、
また涙が出てきそうになってヤバかったw

で、この話をアフターでいろんな人にしたんだけど、
誰一人としてひこさんの姿を目撃した人がいなくて、
もしかしたら、おっさんが幻覚を見たんじゃないか
って思い始めているw


えーーーっ、ひこさん、いたよねぇ?w

キツいけど、ギリギリだけどまだまだ走れる。
オレ、マラソンをしてるぜぇw
って感じでいよいよ38キロ給水所に差し掛かる。

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

【東京マラソン】こういう意地の張り合い、嫌いじゃない【レポ18】。
ども。

33キロ手前から始まった、
青っぽい集団ことブログ村大応援団からDEGさんそして
ベテランボランティアに扮したproceed2600さんと続く
たった数百メートルの間での怒涛の応援ラッシュw

応援される身としては、濃すぎてお腹いっぱいw
いやいやいやw
マラソンって42.195キロもあるのに、ここだけ濃すぎだろw

疲労が色濃くなってきたところで、
気合を入れ直して最後のひと踏ん張りにつなげて
最後まで粘り切るって計算されつくした応援だw

でも、おっさんが知ってる限り、
このproceed2600さんでこの応援の波状攻撃もおしまい。
次に応援してもらえるのは、戻って来たときの38.5キロだ。

よし、ここらでひと休みw
(逆効果じゃんwww)


ってところで、proceed2600さんのすぐ脇にいた
本物のボランティアさんらしき女性から
「あやたさーーーん、がんばってー!」
って黄色い声援w

やべw
オレ、一般女性にまで顔が割れてるw

「はいーwがんばりまーすwww」
さっき、proceed2600さんの声援に雄たけびで応えて
残りの元気を使い切ってしまったから、
声には出せないけど心の中で精いっぱい応えるw
(しまった、声援に応える場所を間違ったw
 こっちだったw)



つーか、こえーw
ネット社会こえーw
これは嬉しがってる場合じゃないw
マラソンで疲れたとかなんとか言ってる場合じゃない、
わりと深刻な状況なんじゃないか?
ぐらいのことを考えかけたら


…声援の主は、マルさんだったw

よかったーw
マルさんでよかったーwww
マルさん、好きwww

おっさん、息を吹き返したw


よし、今度こそ次の応援は戻って来た5キロ先だ。
そこまでは撃沈する訳にはいかない。

おっさん、足に力を込めてがんばって走る。
もう微妙にしかペースが上がらないけど、
ちょっとでも早く戻って来れるようにがんばる。


あー、でもキツい。
さっきからずっと、同じようなペースで走ってる外国人女ガーと
抜いたり抜かれたりを繰り返してるのが余計にキツいw

オレ、がんばってんだからすんなりと抜かせてくれよw
全体的には抜きまくりなんだけど、
この外国人の女ガーだけ全然抜けない。
どころか、ちょっと気を抜いたら逆に置いて行かれそうになる。

今ここでこの女ガーに置いて行かれたら、
そのままズルズルいってしまいそうで、
おっさんだって必死で食らいつく。

だーーーっ、キツいw
でも、こういう意地の張り合い、嫌いじゃないw

最後のメイタン(金)を摂って、
カフェインの炸裂で女ガーを置き去りだぜぇwww

ってなことを考えながら走っていると
「…た、…ばれ!」
デカい声がする。


何だ?と思って、声のする方を確認したら、
うーぱぱさんとsan-anさんの姿が!

さっきの声は、
「あやた、がんばれ!」
だったんだ。


うーぱぱさん、普段はおっさんのことなんて
気にもかけてない風なのに、
節目節目でおっさんの前に現れて、
めっちゃ応援してくれるんだ。
久しぶりに見たsan-anさんも元気そうだ。

やべ、また込み上げてきて泣きそうになるw
…外国人女ガーに、置いてかれるじゃねーかwww

思いもかけなかったうーぱぱさん、san-anさんの応援を
力に変えて、女ガーを追いかける。
もうすぐ最後の折り返し。

つづく。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村